ルノーラグナ2.2ガソリンへの注水

みなさんこんばんは!

数晩熟考した後、行こう、私は冒険に乗り出します。
順を追ってここに投稿するので、ステップごとに私の冒険を追うことができます。 写真を入れてみますが、長いスピーチよりも意味があります。

そこで、最初の2つのステップに合格しました。これは、原子炉に最適な場所を見つけ、パントン化された空気取り入れ口を見つけるか接続することで構成されていました。

私の意見では、リアクターにとって最も簡単なのは、触媒コンバーターの代わりに置くことです。 欠点は、排気管から約1mのところにありますが、利点は、車が橋の上にあるときにアクセスするのが非常に簡単であり、とりわけ3分解するボルト…。 とにかく、スペースがほとんどないため、原子炉を前に置くのは難しいと思いました。

だから私は混乱して、ほとんど同じ触媒を見つけることができました。触媒から出てくるチューブがあり、サイレンサーに1mさらにプラグインしますが、それは長すぎます簡単にカット!

また読みます: エンジンの水ドーピングに関するクリストフ・マーツへのインタビュー

したがって、触媒を断頭し、ハニカムを移すことができ、反応器を配置するために必要なスペースをすべて確保できます。 温度に関して言えば、排気管から少し離れていても、機能するためには触媒が高温を必要とするので、まだかなり高くなるはずだと思います。 それで十分でない場合は、隔離します…

吸気口の空気取り入れ口については、簡単だと思います。 実際、マニホールドには2つの空気取り入れ口があります。 XNUMXつ目は、その開口部が蝶によって変更され、それ自体がアクセルペダルによって駆動されます。

そして、2番目の、はるかに小さいのは、アイドリング用です。 アイドルの空気の流れを調整するために、この空気取り入れ口を管理するコンピューターによって制御されるサーボモーターがあります。
これは、アイドル時に最初の吸気口が完全に閉じられることを意味します。

また読みます: 熱機関の性能を測定する

コレクターをフィルターに接続するホースはアクセスしやすく、内径は約10mmなので、空気取り入れ口をアイドリング用の入力にします。 したがって、私はベンチュリを作成する必要はありません。なぜなら、それはすでに強く吸っているからです。

私も少し夢を見ることができ、パントンシステムもスローモーションで動作することを自覚できます!! スマイル

次に、3番目のステップはリアクター自体です。 私は2つのDIY店を作りました、私は直径20mm、厚さ1.25mmの鋼管を見つけました。 したがって、内径は17.5mmです。
他方、私は原子炉のロッドを作るものを見つけられませんでした。 直径15mmのスチールバーはありませんでした。 ロッドと原子炉の間に1.25mmのスペースができるので、これが必要な直径だと思います。

だから、最初にロッドを作るために何かを見つけなければならないので、私はまだチューブを買っていません。
いずれにせよ、ステンレス鋼での作業はまだ明らかではないので、私は鋼にとどまると思います。

また読みます: ヴィトリーシュルオルヌ、プレスレビューのタウンホールでGillierのパントンアセンブリ

継続するには…..

次のとおり ルノーラグナガソリン2.0Lの注水

すべての注水システムにアクセスするには、ここをクリックしてください

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *