Pantone on Mercedes Vito 220 Cdi

ターボの直後に横反応器を取り付けました。 反応器の寸法は、内径22mm、棒径20mm、長さ約220mmです。

水は直径0.6mmのエアブラシアトマイザーで噴霧されます。 噴霧にはターボ圧力が使用されます。

水の消費量は1kmあたり約100リットルです。

原子炉をくぼみに置くために、ターボの前の空気取り入れ口にベンチュリがあります。 ベンチュリの中央にスロットルを配置し、エンジン回転数に関係なく吸引します。
スロットルは、改造されたターボリリーフバルブを介してターボ前の排気圧力によって制御されます。 それは(より柔軟にするために)バネで「逆さま」に風袋引きされます。

反応器の周りの排気は痛々しいほど180°Cに達し、もう少し上り坂になります。 反応器はアルミニウム繊維で絶縁されています。

全体はうまく機能しますが、消費量に実質的な改善はありません。 組み立てを機能させるアイデアはありますか?

また読みます:  FR2のドープトラクターのビデオ

ここに「モンスター」の写真がいくつかあります

私のvitoでは現在すべてが3.5mのホースで解体されています(長すぎます)、私は新しい希望を持っています!彼らがターボ圧力でホースに送るルノー25td(クォンタム)に気づきました、彼らは圧力下でもリアクターの上流を刺すか、スチームポットで供給しますか?

寝てない!ゴルフカブリオ(パントン)に追いついた

私はフラットで200°コレクターを測定しました、明らかに私たちは皆同意します、それは十分に熱くありません。 ディーゼルのリアクター温度を教えてもらえますか?
別のヒーターに取り付けられたリアクターに焦点を当てます。 数ヶ月前にスクラップヤードから回収しましたので、モデルとして部品として使用します。
みんなにアイデアを与えるために写真を送っています。 (私はコンラッド1000ユーロからマルチメーター15°までの温度測定を注文しました)。

また読みます:  ヴィトリーシュルオルヌ、プレスレビューのタウンホールでGillierのパントンアセンブリ

次のとおり Vito 220CDIへの水注入の設置

すべてのPantone水注入アセンブリにアクセスするには、ここをクリックしてください

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *