京都議定書:完全かつ完全なテキスト

これが京都議定書の全文です。

キーワード:京都プロトコル、テキスト、フル、排出レベル、CO2

気候変動に関する国連フレームワーク条約の京都議定書

この議定書の締約国は、

国連気候変動フレームワーク条約(以下「条約」という)の締約国であり、

条約第2条に定められた条約の最終目的を達成することを切望し、

条約の規定を想起し、

条約第3条に導かれ、

決定1 / CP.1の最初のセッションで、条約締約国会議で採択されたベルリンの委任に従って行動し、

次のように同意しました。

第一条

この議定書の目的のために、条約の第XNUMX条に定められた定義が適用されるものとします。 加えて :

1.「締約国会議」とは、条約の締約国会議を意味します。

2.「条約」とは、9年1992月XNUMX日にニューヨークで採択された国連気候変動枠組み条約を意味します。

3.「気候変動に関する政府間パネル」とは、1988年に世界気象機構と国連環境プログラムによって共同で設立された気候変動に関する政府間パネルを意味します。 。

4.「モントリオール議定書」とは、1987年16月1987日にモントリオールで採択され、その後適応および修正された、オゾン層を枯渇させる物質に関するXNUMX年のモントリオール議定書を意味します。

5.「出席している当事者および投票している」とは、賛成または反対の投票を行った出席している当事者を意味します。

6.「当事者」とは、文脈で別段の指示がない限り、このプロトコルの当事者を意味します。

7.「附属書Iで言及されている当事者」とは、その附属書に加えられる可能性のある変更を考慮に入れて、条約の附属書Iに記載されている当事者、またはに従って通知を行った当事者を意味します。条約第2条第4項(g)。

記事2

1.附属書Iに含まれる各締約国は、持続可能な開発を促進するために、第3条に規定された制限および削減に関して定量化されたコミットメントを履行する。

a)国の状況に応じて、たとえば次のような政策や措置を適用および/またはさらに開発します。

(i)国民経済の関連部門におけるエネルギー効率の向上。

(ii)関連する国際環境協定の下での公約を考慮に入れて、モントリオール議定書によって規制されていない温室効果ガスのシンクとリザーバーの保護と強化。 森林管理、植林および再植林の持続可能な方法の促進。

iii)気候変動への配慮を考慮した持続可能な形態の農業の促進。

(iv)再生可能エネルギー源、二酸化炭素隔離技術、および環境的に健全で革新的な技術の研究、促進、開発、および使用の増加。

v)温室効果ガスを排出するすべての部門において、条約の目的に反する市場の欠陥、税制上の優遇措置、税および義務の免除および補助金の段階的な削減または段階的な撤廃温室と市場機器の適用;

(vi)モントリオール議定書で規制されていない温室効果ガスの排出を制限または削減する政策と措置を促進するために、関連セクターの適切な改革を奨励する。

(vii)輸送部門におけるモントリオール議定書で規制されていない温室効果ガス排出を制限または削減する措置の採用。

viii)廃棄物管理部門、ならびにエネルギーの生産、輸送、および流通における回収および使用によるメタン排出の制限および/または削減。

(b)他の対象当事者と協力して、第2条第4項のサブパラグラフ(e)のサブパラグラフ(i)に従って、本条に基づいて採用された方針および措置の個々のおよび全体的な有効性を高める。コンベンション。 この目的のために、これらの締約国は、特に比較可能性、透明性および効率を改善する手段を開発することにより、その経験の成果を共有し、そのような政策および措置に関する情報を交換するための取り決めを行うものとする。 この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、最初の会合時またはその後すぐに、すべての関連情報を考慮に入れて、そのような協力を促進する手段を検討するものとする。

2.附属書Iに含まれる締約国は、モントリオール議定書で規制されていない、航空および海上輸送で使用されるバンカー燃料からの温室効果ガスの排出を制限または削減しようとしています。それぞれ国際民間航空機構と国際海事機構。

3.附属書Iに含まれる締約国は、悪影響、特に気候変動の悪影響、国際貿易への影響を最小限に抑えるように、本条に規定された方針および措置を適用するよう努めるものとする。他の締約国、特に発展途上国の締約国、より具体的には条約第8条の第9項および第4項で指定されている締約国に対する社会的、環境的および経済的影響。この。 この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、このパラグラフの規定の実施を容易にするために、必要に応じて他の措置を講じることができる。

4.さまざまな国の状況と潜在的な影響を考慮して、上記のパラグラフ1(a)で言及されている方針と措置のいくつかを調整することが有用であると判断した場合、締約国会議は会議として機能します。この議定書の締約国は、これらの政策と措置の調整を組織するための適切なモダリティを研究するものとします。

記事3

1.附属書Iに含まれる締約国は、個別にまたは共同で、附属書Aに記載された温室効果ガスの二酸化炭素当量で表されるそれらの総人為的排出量が以下の量を超えないことを保証するものとする。これらのガスの総排出量を少なくとも削減することを目的として、付録Bに記載されている排出量の制限と削減に関する定量化されたコミットメントに基づいて、この記事の規定に従って計算され、それらに割り当てられます。 5年から1990年のコミットメント期間中の2008年レベルを2012%上回ります。

2.附属書Iに含まれる各締約国は、2005年に、この議定書に基づく公約の履行において進展を遂げたものとします。

3.土地利用の変化と林業に直接関連し、植林、再植林、およびに限定された人間の活動に起因する、発生源による温室効果ガス排出量と吸収源による吸収の正味の変動1990年以降の森林伐採は、各コミットメント期間中の炭素貯蔵量の検証可能な変動に対応する変動であり、この記事に基づくコミットメントを満たすために、付属書Iに含まれる締約国によって使用されます。 これらの活動に関連する発生源による温室効果ガス排出量および吸収源による除去は、透明かつ検証可能な方法で報告され、第7条および第8条に従ってレビューされるものとする。

4.この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の最初の会合の前に、附属書Iに含まれる各締約国は、その検討のために、科学技術的助言のための補助機関に、 1990年の炭素貯蔵量のレベルと、その後の数年間の炭素貯蔵量の変化を推定する。 最初のセッションで、またはその後できるだけ早く、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議は、排出量の変化に関連する追加の人為的活動を決定する際に適用されるモダリティ、規則、およびガイドラインを決定するものとします。農地および土地利用の変化と林業のカテゴリーにおける温室効果ガスの発生源と吸収源は、附属書Iに含まれる締約国に割り当てられた金額に追加されるべきである。これらの量から差し引かれ、この点でどのように進めるか、不確実性、透明で検証可能なデータを伝達する必要性、気候変動に関する政府間パネルの方法論的作業、 ''第5条および会議の決定に従った科学的および技術的助言のための補助機関締約国のこれ。 この決定は、1990番目のコミットメント期間および次の期間に有効です。 締約国は、これらの活動がXNUMX年以降に行われている限り、最初のコミットメント期間中にこれらの追加の人為的活動に適用することができます。

5.附属書Iに含まれ、市場経済に移行中であり、基準年または期間が決定9 / CP.2に従って設定され、締約国会議で採択された締約国12番目のセッションでは、年または参照期間に基づいて、この記事に基づくコミットメントを満たします。 附属書Iに含まれ、市場経済に移行中であり、条約第1990条に基づく最初の連絡がまだ確立されていないその他の当事者も、会議として機能する当事者の会議に通知することができます。この議定書の締約国は、この条項に基づく約束を果たすために、XNUMX年以外のXNUMX年または過去の参照期間を保持する意図を持っています。 この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、この通知の受諾を決定するものとする。

6.条約の第6条第4項に照らして、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議は、市場経済の柔軟性に移行している附属書Iに含まれる締約国に付与します。この記事で言及されているもの以外のコミットメントのパフォーマンス。

7. 2008年から2012年までの定量化された排出制限および削減コミットメントの最初の期間中、附属書Iに含まれる各締約国に割り当てられた金額は、附属書Bは、二酸化炭素換算で表された、1990年に附属書Aに示された温室効果ガスの人為的排出量の合計、または以下に従って確立された年または参照期間中上記のパラグラフ5に1990を掛けたもの。 1990年に土地利用の変化と林業が温室効果ガス排出の正味の発生源であった附属書Iに含まれる締約国は、その年または期間に対応する排出に含まれる。参照、それらに起因する量を計算するために、二酸化炭素当量で表された、発生源によって集計された人為的排出量から、XNUMX年にシンクによって吸収された量を差し引いたもの。土地の使用。

8.附属書Iで言及されている当事者は、ハイドロフルオロカーボン、パーフルオロカーボン、およびヘキサフルオリド硫黄について上記のパラグラフ1995で言及されている計算の目的で、基準年として7年を選択できます。

9.附属書Iに含まれる締約国については、以下の期間の公約は、第7条の第21項に従って採択された本議定書の附属書Bの修正に定められている。締約国会議この議定書の締約国の会議としての役割を果たすことは、上記のパラグラフ1で言及された最初のコミットメント期間の終了の少なくともXNUMX年前にこれらのコミットメントのレビューを開始します。

10.第6条または第17条の規定に従って当事者が他の当事者から取得する排出削減単位、または割り当てられた金額の一部は、削減を実施する当事者の割り当てられた金額に追加されるものとする。 '取得。

11.第6条または第17条の規定に従って当事者が他の当事者に譲渡する排出削減単位、または割り当てられた金額の一部は、譲渡する当事者の割り当てられた金額から差し引かれるものとする。

12.第12条の規定に従って当事者が他の当事者から取得する認定排出削減単位は、取得する当事者に割り当てられた金額に追加されるものとする。

13.コミットメント期間中に附属書Iで言及された当事者の排出量が、本条に基づいて割り当てられた金額よりも少ない場合、差額は、その当事者の要請に応じて、後続のコミットメント期間に割り当てられた数量に追加されます。

14.附属書Iに含まれる各締約国は、特に発展途上国の締約国に対する社会的、環境的および経済的悪影響を最小限に抑えるために、上記の第1項で言及されたコミットメントを履行するよう努めるものとする。条約第8条第9項および第4項に指定されているもの。 これらのパラグラフの実施に関する締約国会議の関連する決定と一致して、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、最初の会合で、変更の影響を最小限に抑えるために必要な措置を検討するものとする。気候および/またはこれらの段落で言及されている締約国に対する対応措置の影響。 考慮すべき問題の中には、金融、保険、技術移転の確立があります。

記事4

1.第3条に基づく約束を共同で履行することに同意した、附属書Iに含まれるすべての締約国は、それらの総人為的排出量の累積合計が附属書Aに示されている温室効果ガスの二酸化炭素当量で表されているものは、附属書Bに記載されている排出制限と削減コミットメントの定量化に基づいて計算された、割り当てられた量を超えない協定の各締約国に帰属する排出量のそれぞれのレベルがそこに示されている。

また読みます:  融解氷

2.そのような合意の当事者は、この議定書の承認、受諾、承認、または加入の文書の寄託の日に、その条件を事務局に通知するものとします。 事務局は次に、条約の締約国と署名者に協定の条件を通知します。

3.そのような合意は、第7条の第3項で指定されたコミットメント期間中有効であり続けるものとします。

4.地域経済統合組織の枠組みの中で、また地域経済統合組織と協議して共同で行動する締約国がそうする場合、この議定書の採択後に発生するその組織の構成の変更は影響を及ぼさないものとする。この文書で締結されたコミットメントについて。 組織の構成の変更は、この変更後に採用される第3条に規定されているコミットメントの目的でのみ考慮されます。

5.そのような協定の締約国が、予想される排出削減の累積合計を満たさない場合、各締約国は、協定に定められた独自の排出量のレベルに責任を負います。

6.共同で行動する締約国が、それ自体がこの議定書の締約国である地域経済統合組織の枠組みの中で、それと協議してそうする場合、その地域経済統合組織の各加盟国は、個人および第24条に従って行動する地域経済統合組織と共同で、以下の削減の合計累積レベルが発生した場合に、本条に基づいて通知された排出量のレベルに責任を負います。 '排出量に到達できません。

記事5

1.附属書Iに含まれる各締約国は、最初のコミットメント期間の開始の2年前までに、発生源による人為的排出およびモントリオール議定書によって規制されていないすべての温室効果ガスのシンク。 この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、その最初のセッションで、そのような国内システムの指針となる枠組みを決定するものとします。これには、以下の第XNUMX項で指定される方法論が含まれます。

2.モントリオール議定書で規制されていないすべての温室効果ガスの発生源による人為的排出と吸収源による吸収を推定するための方法論は、政府間パネルによって承認されたものです。気候変動と第3回会合での締約国会議によって承認されました。 これらの方法論が使用されない場合、最初のセッションでこの議定書の締約国の会議として機能する締約国会議によって採用された方法論に従って適切な調整が行われるものとする。 とりわけ、気候変動に関する政府間パネルの作業および科学技術的助言のための補助機関によって提供された助言に基づいて、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議は、検討するものとする。定期的に、また必要に応じて、締約国会議の関連する決定を十分に考慮して、これらの方法論と調整を改訂します。 方法論または調整の改訂は、このレビュー後のコミットメント期間について、第XNUMX条に規定されているコミットメントの遵守を確認するためにのみ役立ちます。

3.附属書Aに示されている、発生源による人為的排出および温室効果ガスの吸収源による取り込みに相当する二酸化炭素を計算するために使用される地球温暖化の可能性は、承認されたものです。気候変動に関する政府間パネルによって、第3回会合で締約国会議によって承認されました。 とりわけ、気候変動に関する政府間パネルの作業および科学技術的助言のための補助機関によって提供された助言に基づいて、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議は、検討するものとする。定期的に、そして必要に応じて、これらの温室効果ガスのそれぞれに対応する地球温暖化の可能性を、締約国会議の関連する決定を十分に考慮して修正します。 地球温暖化の可能性の改訂は、このレビュー後のコミットメント期間について、第XNUMX条に規定されているコミットメントにのみ適用されます。

記事6

1.第3条に基づく公約を履行するために、附属書Iで言及されている当事者は、同じステータスを持つ他の当事者に譲渡するか、プロジェクトから生じる排出削減ユニットを取得することができます。以下の条件を満たせば、経済のあらゆる分野において、発生源による人為的排出の削減、または温室効果ガスの吸収源による人為的除去の強化を目的としています。

a)そのようなプロジェクトは、関係する当事者の合意があります。

(b)そのようなプロジェクトは、他の方法で得られる可能性のあるものに加えて、発生源による排出量の削減、またはシンクによる除去の強化を可能にします。

(c)関係者は、第5条および第7条に基づく義務を遵守しない場合、排出削減単位を取得できません。

d)排出削減ユニットの取得は、第3条に規定された約束を果たすために国レベルで講じられた措置を補完するものである。

2.この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議は、最初のセッションで、またはその最初のセッション後できるだけ早く、特に以下に関して、この記事の実施のためのガイドラインをさらに作成することができます。監査とレポート。

3.附属書Iで言及されている当事者は、その責任の下で、本条に基づく排出削減ユニットの生産、移転、または取得につながる措置に法定者が参加することを許可することができる。 。

4.第8条の関連規定に従って、本条に記載の要件の適用に関する質問が提起された場合、質問が提起された後も、排出削減ユニットの売却および取得を継続することができる。コンプライアンスの問題が解決されるまで、いずれの当事者もこれらのユニットを使用して第3条のコミットメントを履行することはできないことを理解した上で。

記事7

1.附属書Iに含まれる各締約国は、関連する決定に従って確立された、モントリオール議定書によって規制されていない温室ガスの発生源による人為的排出および吸収源による吸収の年次目録に含めるものとする。締約国会議の第3条の規定を確実に遵守するために必要であり、以下の第4項に従って決定される追加情報。

2.附属書Iに含まれる各締約国は、条約第12条に従って作成された国内通信に、その公約を履行していることを証明するために必要な追加情報を含めるものとする。この議定書に基づき、以下の第4項に従って決定されます。

3.附属書Iに含まれる各当事者は、毎年、上記の第1項に基づいて要求される情報を提出するものとします。これは、条約に基づいて設立する必要のある最初の目録から始まります。この議定書の発効後のコミットメント期間。 各締約国は、この議定書の発効後および条約に基づいて提出する必要のある最初の国内通信の一部として、上記の第2項に基づいて要求される情報を提供するものとします。以下のパラグラフ4に規定されているガイドラインの採用。 この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、提示のために締約国会議によって決定される可能性のあるスケジュールを考慮して、本条に基づいて要求される情報がその後伝達される周期を決定するものとする。全国通信。

4.この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、最初の会合で採択し、その後、国内通信の準備に関するガイドラインを考慮に入れて、本条に基づいて要求される情報の準備に関するガイドラインを定期的に検討するものとする。締約国会議で採択された附属書Iに含まれる締約国。 さらに、最初のコミットメント期間の開始前に、この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、割り当てられた金額を会計処理するための手順を決定するものとします。

記事8

1.附属書Iに含まれる各締約国が第7条に基づいて伝達する情報は、締約国会議の関連する決定に従い、この目的のために採用されたガイドラインに従って、専門家で構成されるチームによって調査されるものとする。この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議による以下の第4項に基づく。 附属書Iに含まれる各締約国によって第1条の第7項に基づいて報告された情報は、排出インベントリーと割り当てられた金額および対応する会計の年次編集の一部と見なされるものとする。 さらに、附属書Iに含まれる各締約国によって第2条第7項に基づいて提供された情報は、通信の検討の一部と見なされるものとします。

2.審査チームは、事務局によって調整され、条約の締約国によって指定された専門家の中から選ばれた専門家で構成され、必要に応じて、政府間組織によって、この目的のために与えられた指示に従って、締約国会議。

3.レビュープロセスにより、締約国によるこの議定書の実施のすべての側面に関する完全かつ詳細な技術的評価が可能になります。 レビューチームは、この議定書の締約国会議として機能する締約国会議の報告書を作成し、締約国の公約の遵守を評価し、これらの公約を履行する際に遭遇した問題を示し、それらのパフォーマンスに影響を与える要因。 事務局は、この報告書を条約のすべての締約国に回覧します。 さらに、事務局は、さらなる検討のために、この議定書の締約国会議として機能する締約国会議に提出するために、この報告書に記載される可能性のある実施問題のリストを編集するものとする。

4.この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、最初の会合で採択し、その後、専門家チームによるこの議定書の実施のレビューに関するガイドラインを考慮に入れて定期的にレビューするものとする。締約国会議の関連する決定。

5.この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、実施のための補助機関および科学技術的助言のための補助機関の支援を得て、必要に応じて以下を検討するものとする。

(a)第7条に基づいて締約国から提出された情報、および本条に従って専門家によって実施されたそのような情報のレビューに関する報告。

(b)上記の段落3に従って事務局によってリストされた実装の問題、および締約国によって提起された問題。

6.上記第5項に記載の情報を検討した結果、本議定書の締約国会議となる締約国会議は、いかなる場合においても、本議定書の実施に必要な決定を行うものとする。

記事9

1.この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、気候変動とその影響に関する最も信頼できる科学的データと評価、および関連する技術的、社会的、経済的データに照らして、定期的に当該議定書を検討するものとする。 これらのレビューは、条約で規定されている関連するレビュー、特に条約の第2条第4項(d)および第2条第7項(a)で要求されるレビューと調整されるものとします。コンベンション。 これらのレビューに基づいて、この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、適切な措置を講じるものとする。

2。 最初のレビューは、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の2回目のセッションで行われます。 新しい試験は、後で定期的に、時間厳守で実施されます。

記事10

すべての締約国は、附属書に含まれていない締約国に新たなコミットメントを提供することなく、共通であるが差別化された責任と、国および地域の開発優先順位の特異性、目的および状況を考慮に入れます。私は、条約の第1条第4項にすでに定められているものを再確認し、持続可能な開発を達成するために、条約第3条:

a)必要に応じて、可能な限り費用効果の高い全国的および適切な地域のプログラムを開発して、排出係数、活動データの質を向上させるおよび/またはローカルモデルおよび各当事者の経済状況を反映し、温室効果ガスの発生源による人為的排出および吸収源による吸収の国内目録を確立および定期的に更新することを目的とするモントリオール議定書によって規制されておらず、締約国会議によって決定され、同じ会議によって採用された国内通信の準備のためのガイドラインに準拠しなければならない同等の方法論を使用している。

また読みます:  戻るコペンハーゲン会議に

(b)気候変動を緩和するための措置、およびそのような変化への適切な適応を促進するための措置を含む、国家および適切な場合は地域のプログラムを開発、実施、公開および定期的に更新する。

i)これらのプログラムは、特にエネルギー、輸送、産業部門、ならびに農業、林業、廃棄物管理に関連している必要があります。 さらに、空間計画を改善するための適応技術と方法は、気候変動へのより良い適応を可能にするでしょう。

(ii)附属書Iに含まれる締約国は、第7条に従い、国内プログラムを含む、本議定書に基づいて講じられた措置に関する情報を伝達するものとする。 他の締約国は、必要に応じて、気候変動とその悪影響に対処するのに役立つと彼らの意見である措置を含むプログラムに関する情報を国内通信に含めるよう努めなければならない。温室効果ガス排出量の増加を削減し、シンクによる吸収を増加させるための措置、能力構築措置および適応措置を含む。

(c)気候変動の観点から、環境に配慮した技術、ノウハウ、実践、関連性のプロセスの開発、適用、普及のための効果的なモダリティを促進するために協力し、促進、促進するためのあらゆる可能な措置を講じる必要に応じて、これらのリソースへのアクセスまたは転送に資金を提供します。これには、環境に優しい技術の転送を効果的に保証することを目的としたポリシーやプログラムの開発などを通じて、特に開発途上国の利益のために行われます。公的領域または公的部門に属するシステム、および環境的に健全な技術へのアクセスとその移転を促進および強化するための民間部門を可能にする環境の確立。

d)技術的および科学的研究に協力し、体系的な観測システムの活用と開発、およびデータアーカイブの構成を奨励して、気候システム、気候変動の悪影響、およびさまざまな対応戦略の経済的および社会的影響、および内因性の能力の確立と強化、および研究と体系的な観察に関する国際的および政府間の取り組み、プログラム、ネットワークへの参加手段の確立と強化を考慮に入れて追求する条約第5条;

e)協力を通じて支援し、国際レベルで、必要に応じて既存の機関を活用し、国の能力の強化を含む教育および訓練プログラムの開発と実施を奨励する。 、特に人的および制度的レベルで、特に開発途上国のために、この分野の専門家を訓練し、国家レベルで気候変動の国民の認識を促進する責任のある人員の交換または出向およびこれらの変更に関する情報へのアクセス。 条約の第6条を考慮に入れて、条約の下で関連機関を通じて実施されるそのような活動のための適切なモダリティを開発する必要があります。

(f)締約国会議の関連する決定に従って、本条に基づいて着手されたプログラムおよび活動に関する情報を国別報告書に含める。

(g)本条に規定されている、条約第8条第4項の義務を履行する際には十分な考慮を払う。

記事11

1.第10条を適用する際、締約国は、条約第4条の第5、7、8、9および4項の規定を考慮に入れるものとする。

2.条約第1条第4項の適用の枠組みの中で、第3条および第4条の第11項の規定に従い、条約の財政的メカニズムの運用を確保する責任を負うXNUMXつまたは複数の事業体、先進国の締約国、および条約の付属書IIに記載されているその他の先進国の締約国:

(a)条約の第1条第4項(a)にすでに定められている約束の履行を進めるために開発途上国が負担する合意された全費用を賄うために、新たな追加の財源を提供するこの議定書の第10条(a)で言及されている。

(b)また、技術移転の目的を含め、開発途上国の締約国に、すでに第1項に定められた約束の履行を進めるために発生する合意された追加費用のすべてをカバーするために必要な財源を提供する条約の第4条であり、この議定書の第10条で言及されており、開発国の締約国は、同条に従って、条約の第11条で言及されているXNUMXつまたは複数の国際団体と合意しているものとする。

これらのコミットメントの履行は、適切で予測可能な資金の流れの必要性、および先進国の締約国間での適切な負担分担の重要性を考慮に入れています。 この議定書の採択前に承認されたものを含む、締約国会議の関連する決定に含まれる条約の財政的メカニズムの運用に責任を負うXNUMXつまたは複数の事業体に対するガイダンス、この段落の規定に必要な変更を加えて適用するものとします。

3.条約の附属書IIに記載されている先進国の締約国およびその他の先進国の締約国も、この議定書の第10条の実施のための財源を提供することができ、発展途上国の締約国は入手することができる。二国間、地域的または多国間。

記事12

1.「クリーンな」開発のメカニズムが確立されます。

2.「クリーンな」開発メカニズムの目的は、非附属書I締約国が持続可能な開発を達成するのを支援し、条約の最終目的に貢献することです。附属書Iに含まれる締約国が、第3条に基づく排出量を制限および削減するという定量化されたコミットメントを満たすのを支援する。

3.「クリーンな」開発メカニズムの下で:

(a)附属書Iに記載されていない締約国は、プロジェクトの枠組みの中で実施される活動の恩恵を受け、その結果、認証された排出削減がもたらされます。

(b)附属書Iに含まれる締約国は、これらの活動を通じて得られた認定排出削減量を使用して、第3条に基づく定量化された排出量制限および削減コミットメントの一部を満たすことができます。この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議によって決定されます。

4.「クリーンな」開発メカニズムは、この議定書の締約国会議として機能する締約国会議の権限の下にあり、そのガイドラインに従うものとします。 それは「クリーンな」開発メカニズムの執行委員会によって監督されています。

5.各活動に起因する排出削減量は、以下の基準に基づいて、本議定書の締約国会議として機能する締約国会議によって指定された運営組織によって証明されるものとする。

(a)関係各当事者によって承認された自発的参加。

(b)気候変動の緩和に関連する、実際の、測定可能で持続可能な利益。

c)認定された活動がない場合に発生する排出量の削減に加えて、排出量の削減。

6.「クリーンな」開発メカニズムは、必要に応じて、認定された活動への資金提供を整理するのに役立ちます。

7.この議定書の締約国の会議として機能する締約国の会議は、最初のセッションで、活動の独立した監査と検証を通じて透明性、効率性、説明責任を確保するためのモダリティと手順を開発するものとします。

8.この議定書の締約国の会合として機能する締約国の会議は、認証された活動からの資金の一部が管理費をカバーし、適応のコストを賄うための気候変動。

9.「クリーンな」開発のメカニズム、特に上記のパラグラフ3のサブパラグラフ(a)に記載されている活動、および公的機関と民間機関の両方の認定排出削減ユニットの取得に参加できます。 ; 参加は、メカニズムの執行委員会によって与えられる可能性のある指令の対象となります。

10. 2000年から最初のコミットメント期間の開始までの間に達成された認定排出削減量は、その期間のコミットメントを満たすために使用できます。

記事13

1.条約の最高機関として、締約国会議は、この議定書の締約国の会議として機能するものとします。

2.この議定書の締約国ではない条約の締約国は、オブザーバーとして、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議の任意の会合の議事に参加することができる。 締約国会議がこの議定書の締約国の会合として機能する場合、その議定書に基づいて下される決定は、この文書の締約国によってのみ行われるものとする。

3.締約国会議が本議定書の締約国会議として機能する場合、その時点で本議定書の締約国ではない条約の締約国を代表する締約国会議局のメンバーは、この議定書の締約国およびその中から選出された新しいメンバー。

4。 この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、この議定書の実施を定期的に見直し、その権限の制限内で、その効果的な実施を促進するために必要な決定を下すものとする。 このプロトコルによって付与された機能を実行し、次のことを行います。

a)本議定書の規定に従って伝達されたすべての情報に基づいて、締約国によるその実施、本議定書の適用において講じられた措置の全体的な効果を評価する。特に、環境的、経済的、社会的影響とそれらの累積的影響、および条約の目的に向けてなされた進展。

(b)条約の第2条第4項(d)および第2条第7項に規定されているレビューを十分に考慮して、本議定書に基づく締約国の義務を定期的にレビューするものとする。条約の目的、その適用および科学的および技術的知識の開発で得られた経験を考慮に入れて、この点に関して、それはこれの実施に関する定期的な報告を調査し、採用します。プロトコル;

c)締約国の状況、責任、手段の多様性、および締約国の多様性を考慮に入れて、気候変動とその影響に対処するために締約国が採用した措置に関する情報交換を奨励および促進する。この議定書に基づくそれぞれのコミットメント。

d)XNUMXつ以上の締約国の要請に応じて、締約国の状況、責任、手段の多様性を考慮に入れて、気候変動とその影響に対処するために採用した措置の調整を促進します。また、この議定書に基づくそれぞれのコミットメント。

e)条約の目的および本議定書の規定に従い、締約国会議の関連する決定を十分に考慮して、同等の方法論の開発および定期的な改良を奨励および指示し、この議定書の締約国会議として機能する締約国会議によって決定される、当該議定書を効果的に実施する。

(f)この議定書の実施に必要な事項について勧告する。

(g)第2条の第11項に従って、追加の財源を動員するよう努める。

(h)この議定書の実施に必要と考えられる補助機関を設立する。

(i)必要に応じて、国際機関、管轄の政府間および非政府機関のサービスと支援、およびそれらが提供する情報を求め、使用するものとします。

j)この議定書の実施に必要となる可能性のある他の機能を実行し、締約国会議の決定から生じるタスクを検討します。

5.締約国会議の手続規則および条約に基づいて適用される財政手続は、本議定書の締約国会議として機能する締約国会議が合意により別段の決定をしない限り、必要な変更を加えて本議定書に適用されるものとする。

6.事務局は、本議定書の発効後に予定されている締約国会議の第XNUMX回会合の際に、本議定書の締約国会議として機能する締約国会議の第XNUMX回会合を招集するものとする。 この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議のその後の通常の会合は、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議が行わない場合を除き、毎年開催され、締約国会議の通常の会合と一致するものとする。そうでなければ決定します。

7.本議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、必要と認めるとき、または当事者が書面で要請した場合、そのような要請が第三者によって支持されている場合に限り、臨時会合を開催するものとする。事務局による締約国への連絡からXNUMXヶ月以内の締約国未満。

8.国連、その専門機関、国際原子力庁、およびこれらの組織のいずれかの州のメンバー、またはこれらの組織のいずれかでオブザーバーのステータスを持っていないは条約の締約国ではなく、オブザーバーとしてこの議定書の締約国の会議として機能する締約国会議の会合に出席することができます。 この議定書の対象となる分野で有能であり、会議の会合でオブザーバーとして代表されることを望んでいることを事務局に通知した、国内または国際、政府または非政府の任意の団体または団体この議定書の締約国の会合として機能する締約国は、締約国の少なくとも5分のXNUMXがそれに異議を唱えない限り、その立場で認められることがあります。 オブザーバーの入場と参加は、上記の第XNUMX項で言及されている手順の規則に準拠します。

また読みます:  温暖化カレンダー

記事14

1.条約第8条に従って設立された事務局は、この議定書の事務局を提供するものとする。

2.事務局の機能に関する条約第2条第8項、およびその機能のために行われた取り決めに関する同条第3項は、必要な変更を加えて本議定書に適用されるものとする。 事務局はまた、本議定書に基づいて委任された機能を実行するものとする。

記事15

1.科学技術助言の補助機関および条約第9条および第10条によって設立された条約の実施の補助機関は、それぞれ科学技術助言の補助機関およびこのプロトコルを実装するための補助機関。 これらXNUMXつの機関の機能に関する条約の規定は、必要な変更を加えてこの議定書に適用されるものとする。 科学技術的助言のための補助機関およびこの議定書の実施のための補助機関の会合は、科学技術的助言のための補助機関および実施のための補助機関の会合と一致するものとする。コンベンション。

2.この議定書の締約国ではない条約の締約国は、補助機関の任意の会合の作業にオブザーバーとして参加することができます。 補助機関が本議定書の補助機関として機能する場合、本議定書に基づく決定は、本文書の締約国である条約締約国のみが行うものとする。

3.条約第9条および第10条によって設立された補助機関が、この議定書の対象となる地域でその機能を行使する場合、その時点ではそうではない、条約の締約国を代表する局のメンバーこの議定書の当事者は、議定書の締約国およびその中から選出された新しいメンバーに取って代わられることはありません。

記事16

この議定書の締約国会議として機能する締約国会議は、条約第13条で言及されている多国間協議プロセスのこの議定書への適用をできるだけ早く検討し、必要に応じてそれを修正するものとする。条約締約国会議によって下される可能性のある関連する決定。 この議定書に適用される可能性のある多国間協議プロセスは、第18条に従って確立された手順およびメカニズムを害することなく機能するものとします。

記事17

締約国会議は、とりわけ、排出量取引における検証、報告、および説明責任に関して適用される原則、モダリティ、規則、およびガイドラインを定義します。 附属書Bに含まれる締約国は、第3条に基づく約束を果たす目的で、排出量取引に参加することができます。そのような取引は、約束を果たすために国レベルで講じられる措置に追加されます。この記事で規定されている排出制限と削減の数値。

記事18

最初のセッションで、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議は、特に結果の指標リストを作成することにより、この議定書の規定に違反した事例を特定および検討するための適切かつ効果的な手順とメカニズムを承認するものとします。違反の原因、種類、程度、および症例の頻度を考慮に入れます。 この条項に基づく手順およびメカニズムが拘束力のある結果をもたらす場合、それらはこの議定書の修正によって採用されるものとします。

記事19

紛争の解決に関する条約第14条の規定は、必要な変更を加えてこの議定書に適用されます。

記事20

1。 すべての締約国は、この議定書の改正を提案することができます。

2.この議定書の修正は、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議の通常の会合で採択されるものとする。 この議定書の修正案のテキストは、修正案の採択が提案された会議の少なくともXNUMXか月前に、事務局によって締約国に伝達されるものとします。 事務局はまた、条約の締約国および本文書の署名者、そして情報のために寄託者に提案された修正のテキストを伝達するものとする。

3.締約国は、この議定書の修正案について合意に達するためにあらゆる努力を払うものとします。 この方向へのすべての努力が失敗し、合意に達しない場合、修正は、出席し投票している締約国のXNUMX分のXNUMXの多数決によって最後の手段として採用されます。 採択された修正案は、事務局から預託機関に通知され、預託機関はそれをすべての締約国に送信して承認します。

4.修正の受諾書は、預託機関に寄託されるものとします。 上記の第3項に従って採択された修正は、受託証書の寄託者による受領日からXNUMX日後にXNUMX分のXNUMXの時間でそれを受理した締約国に関して発効するものとする。この議定書の締約国は少ない。

5.修正は、他の当事者に関して、当該修正の受諾書の寄託者にその当事者が寄託した日からXNUMX日後に発効するものとする。

記事21

1.この議定書の付属書は、その不可欠な部分を形成するものとし、特に明記されていない限り、この議定書への言及は、同時にその付属書への言及を構成します。 この議定書の発効後に附属書が採択された場合、それらは、科学的、技術的、手続き的、または管理的性質のリスト、フォーム、およびその他の記述文書に限定されます。

2。 締約国は、この議定書の附属書またはこの議定書の附属書の改正を提案することができます。

3.この議定書の付属書およびこの議定書の付属書の修正は、この議定書の締約国の会議として機能する締約国会議の通常の会合で採択されるものとする。 附属書または附属書の修正案のテキストは、附属書または修正案の採択が提案される会議の少なくともXNUMXか月前に、事務局によって締約国に通知されるものとする。 事務局はまた、提案された附属書または附属書の修正のテキストを、条約の締約国、本文書の署名者、および情報のために寄託者に伝達するものとする。

4.締約国は、提案された附属書または附属書の修正について合意に達するためにあらゆる努力を払うものとします。 この方向へのすべての努力が失敗し、合意に達しない場合、附属書または附属書の修正は、出席し投票する締約国のXNUMX分のXNUMXの過半数の投票による最後の手段として採用されるものとする。 附属書または採択された附属書の修正は、事務局から預託機関に伝達され、預託機関はそれをすべての締約国に送信して承認します。

5.上記の第3項および第4項に従って採択された、附属書AまたはB以外の附属書または附属書の修正は、この議定書のすべての締約国に関してXNUMXか月間発効するものとする。寄託者が採択を通知した日以降。ただし、その間に、問題の付属書または修正を受け入れないことを書面で寄託者に通知した締約国は除きます。 不受理の通知を取り下げる締約国については、附属書または附属書の修正は、寄託者による通知の受領日からXNUMX日後に発効するものとする。この撤退。

6.附属書または附属書の修正の採択がこの議定書の修正を必要とする場合、そのような附属書またはそのような附属書の修正は、議定書自体の修正が発効するまで発効しないものとする。力。

7.本議定書の附属書AおよびBの改正は、関係当事者の書面による同意がある場合にのみ、附属書Bの改正が採択されることを条件として、第20条に定められた手順に従って採択および発効するものとする。 。

記事22

1.各当事者は、以下の第2項の規定に従い、XNUMX票を有するものとします。

2.地域経済統合組織は、その能力の分野において、投票権を行使するために、本議定書の締約国である加盟国の数に等しい投票数を有するものとする。 これらの組織は、加盟国のいずれかがその権利を行使する場合、投票する権利を行使してはならず、その逆も同様です。

記事23

国連事務局長はこの議定書の寄託者です。

記事24

1.この議定書は署名のために開かれ、条約の締約国である国および地域の経済統合組織による承認、承認または承認を条件とする。 16年1998月15日から1999年XNUMX月XNUMX日までニューヨークの国連本部で署名のために開かれ、署名のために開かれなくなった翌日に加入のために開かれます。 承認、承認、承認、または加入の手段は、預託機関に寄託されます。

2.加盟国が締約国でなくても本議定書の締約国となる地域経済統合組織は、本議定書に基づくすべての義務に拘束されるものとします。 そのような組織のXNUMXつ以上の加盟国がこの議定書の締約国である場合、その組織とその加盟国は、この議定書に基づく義務の履行に対するそれぞれの責任に同意するものとします。 このような場合、組織とその加盟国は、この議定書から生じる権利を同時に行使する権利を有しません。

3.地域の経済統合組織は、承認、承認、承認、または加入の手段において、この議定書に準拠する事項に関する能力の程度を示さなければならない。 さらに、これらの組織は預託機関に通知し、預託機関は締約国にその能力の範囲における重大な変更を通知するものとします。

記事25

1.この議定書は、条約の少なくとも55の締約国による承認、受諾、承認、または加入の文書の寄託日から1990日目に発効するものとします。 55年の総二酸化炭素排出量がこの附属書に含まれるすべての締約国の二酸化炭素排出量の総量の少なくともXNUMX%を占める附属書Iに含まれる締約国。

2.本条の目的上、「附属書Iに含まれる締約国からの1990年の二酸化炭素排出量の総量」は、附属書Iに含まれる締約国が採択した日に通知した量である。この議定書またはそれ以前の、条約第12条に基づいて提出された最初の国内通信。

3.上記の第1項に規定された発効の条件が満たされた後、この議定書を承認、受諾、承認、または加入する各当事者または地域経済統合組織に関して。 、この議定書は、その州または組織による承認、受諾、承認または加入の手段の寄託日からXNUMX日後に発効するものとする。

4.この記事の目的上、地域の経済統合組織によって寄託された文書は、その組織の加盟国によって寄託されたものに追加されるものではありません。

記事26

この議定書を予約することはできません。

記事27

1.当事者のためのこの議定書の発効日からXNUMX年の満了時に、その当事者はいつでも、書面による通知によってそれを非難することができます。預託機関。

2.このような非難は、預託機関がその通知を受け取った日からXNUMX年の期間が満了したとき、または当該通知で指定された後の日付に発効するものとします。

3。 条約を非難する締約国も、この議定書を非難するとみなされるものとする。

記事28

アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語のテキストが等しく本物であるこの議定書の原本は、国連事務総長に寄託されるものとします。

12月の11日、京都で197を終えました。

その証として、署名者は、正式に承認されて、示された日にこの議定書に署名しました。

付録A

温室効果ガス

二酸化炭素(CO2)
メタン(CH4)
亜酸化窒素(N2O)
ハイドロフルオロカーボン(HFC)
過フッ素化炭化水素(PFC)
六フッ化硫黄(SF6)

セクター/ソースのカテゴリー

エネルギー

燃料の燃焼

エネルギー部門
製造業および建設業
輸送
その他の分野
他の

燃料に起因する一時的な排出

固体燃料
石油と天然ガス
他の

産業プロセス

ミネラル製品
化学工業
金属生産
その他の生産
ハロゲン化炭化水素と六フッ化硫黄の生産
ハロゲン化炭化水素と六フッ化硫黄の消費
他の

溶剤やその他の製品の使用

農業

腸内発酵
肥料管理

農地
サバンナの処方された燃焼
農業廃棄物の現場焼却
他の

廃棄物

固形廃棄物の処分
排水処理
廃棄物の焼却
他の

付録B

部品割当制限のコミットメント
または排出量の削減
(その年または参照期間の排出量のパーセンテージとして)
ドイツ92
108オーストラリア
オーストリア92
ベルギー92
ブルガリア* 92
カナダ94
欧州共同体92
クロアチア* 95
デンマーク92
スペイン92
エストニア* 92
アメリカ合衆国93
ロシア連邦* 100
フィンランド92
フランス92
ギリシャ92
ハンガリー* 94
アイルランド92
アイスランド110
イタリア92
日本94
ラトビア* 92
リヒテンシュタイン92
リトアニア* 92
ルクセンブルク92
モナコ92
ノルウェー101
ニュージーランド100
オランダ92
ポーランド* 94
ポルトガル92
チェコ共和国* 92
ルーマニア* 92
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国92
スロバキア* 92
スロベニア* 92
スウェーデン92
スイス92
ウクライナ* 100

________________________

*市場経済に移行している国。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *