CBCT-歯科医のための究極の診断ツール

CBCTまたはコーンビームコンピュータートモグラフィーは、歯科医向けの3次元医療イメージングにおける新しいベンチマークテクノロジーです。 この装置は、X線の円錐ビーム(コーンビーム)を拡散します。このタイプのビームは、撮影された部分の360D画像を取得することを可能にします。 CBCTは、X線撮影されるボリュームの周りで180回転(フル3°またはセミフルXNUMX°)を実行します。 画像の高解像度により、より正確な診断が可能になります。 したがって、CBCTは、ラジオグラフィーで最高のXNUMXD解像度のXNUMXつを提供するX線ビームを介した医療イメージングツールとして提示されます。 CBCTには、従来の診断ツールに加えて、処理能力の向上、用途の広い技術、既存のイメージングシステムへの統合の容易さなど、多くの利点があります。 説明。

コーンビームによる治療能力の向上

フルカットと3Dレンダリングのおかげで、デンタルコーンビームは単一のデバイスでより正確な診断を行う可能性を提供します。

上顎顔面手術におけるより正確な診断のための高解像度

CBCTは、より多くの病状を診断するために2Dまたは3DX線を撮影する能力によって区別されます。 実際、CBCTのX線ビームは、XNUMXターンでX線撮影されるボリュームを包含しています。 送信機はX線パルスを送信し、受信機に送り返して分析し、3Dまたは2Dで高解像度の画像を生成します。 CBCTの画像解像度は優れており、70〜160ピクセルの範囲をカバーできます。 この高解像度の画像とさらに3D(2Dでも優れている)により、より高度でより正確な診断が可能になります。 まさにこの3D画像が デンタルコーンビーム は、石灰化した組織(骨や歯など)を探索するために、今日の歯科医にとって不可欠なツールです。 視界が制限されているため、 高解像度スナップショットの視覚的支援は大きな進歩です。 確かに、歯科用コーンビームは、リスクを伴う歯上顎手術中のガイダンスも容易にします。

また読みます:  ガイアナと金採掘者:ジャングルの法則、記事

X線:低用量ですが、より効果的です

コニカルビームの他の利点は、より低いX線線量でより高品質の画像を生成することです。 X線の線量を減らすと、X線が身体に及ぼす潜在的に有害な影響が減少することに注意してください。 確かに、過去50年間に実施された研究は、X線への繰り返しの曝露が、細胞レベルでの病状の出現への道を開くことを確認しています:突然変異、癌など。 X線放射の減少 したがって、 ラジオグラフィーと顎顔面分析のための有益なブレークスルー。 CBCTの場合、この低X線線量への移行は、そのパフォーマンスに影響を与えません。 ほとんどの場合、放射範囲は3〜25mGyです。 このX線線量は通常のレベルからの変化です。 この少ない照射にもかかわらず、単回転CBCTは、患者の診断に必要なセクションと画像を提供します。 したがって、見る角度を変えるために患者を繰り返しのショットにさらすことは不必要です。

上記の品質、画像の高解像度、X線線量レベルにより、 CBCTは、歯肉学において正確な診断を確立したり、ガイド付き手術を行ったりするための不可欠なツールになります。 確かに、神経に触れたり、間違った場所を突き刺したりする可能性があるため、一部の操作には重大なリスクが伴います。 これを回避するには、介入には精密なツールが必要です。 このツールのおかげで、歯科医は、例えばインプラントの手術中にガイドを受けることができます。 したがって、監視ソフトウェアを備えたCBCTを使用すると、エラーの可能性を回避し、特にインプラント学において操作を適切に検討することができます。 実際、インプラント学では、インプラントの軸を尊重することで、美観だけでなく、移植されるプロテーゼの耐久性も保証されます。

また読みます:  世界の肉の種類の消費

CBCT:補完的なデバイス

CBCTは、歯科医の機能に非常に役立つ汎用性を提供します。

インプラント学におけるコーンビームの使用

CBCTは、 術前診断、非常に正確に評価することにより、インプラントを配置するかどうかを決定するために 利用可能な骨量、骨密度および品質、目的の場所に配置し、最適に視覚化します。 また、免れる解剖学的構造(神経、副鼻腔)の近接性を調べることにより、手術を確実にすることができます。

さらに、3Dモデリングのおかげで、CBCTはシミュレーションによる仮想視覚化を可能にします 将来のインプラントの場所 適切な形状とサイズを選択することによって。

私たちが開発したのはCBCTにもあります ガイド付きインプラント手術 上記の通り。

コーンビームのおかげで正確な診断を確立する

CBCTは、特に光学的印象採取などの他の医療機器からの情報をリンクすることを可能にします。 そのオペレーティングソフトウェアとその多くの機能のおかげで、 CBCTは迅速かつ正確な診断を可能にします。 CBCTは、他のデバイスからの他の関連情報を統合できます。 このデータのグループ化のおかげで、X線撮影された体の状態の完全な評価を得ることができます。 したがって、この情報リンケージにより、CBCTはデータを収集し、全体像を示す一貫したレポートを作成できます。 したがって、発行されます より正確な診断を確立するための完全で信頼できる情報.

石膏モデルをスキャンする

このツールは、石膏またはシリコーンモデルをスキャンすることもできます。 これにより、アルギン酸塩で伝統的な印象を与え、X線のおかげでそれをXNUMX次元ビューに変換することが可能になります。 CBCTは 高解像度の画像だけでなく、3Dでも 患者が追加の放射線量を受けることなく、X線を印象に重ねることができます。 施術者は印象をとるプロトコルをスタッフが十分に習得できるため、これはより実用的です。

また読みます:  汚染ウブラインの死者の大惨事

日常業務への容易な統合

CBCTが提供する技術的な利点に加えて、CBCTには、設置と運用を容易にするために必要な資産もあります。

  • コーンビームは、自律的に動作することを可能にするソフトウェアとともに提供されます。 他のインターフェースを使用する必要はありません。 管理するソフトウェア CBCTを使用すると、セッション中に画像を3Dで直接表示できます。 情報の結合、さまざまなカットは、CBCTによって即座に処理されます。
  • 最新世代のCBCTは、占有するスペースが少なくて済みます。 実用分野では、 CBCTはスペースセーバーです 練習室や分析室用です。すでに複数のデバイスがある場合は、より実用的です。

価格は今非常に手頃な価格です。 コーンビームを取得するには、その使用条件と前提条件を満たしている必要があります。 ただし、これらの前提条件はCBCTに対してより柔軟になっています。 場合によっては、特に放射線防護に関して、依然として訓練を受ける必要があります。

もっと知りたい? ザ・ forum イノベーション

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *