エネルギー目的のための植物の使用

ドイツでは、エネルギー目的でのバイオマスの使用が大幅に増加しています。

2005年には、約1,2万ヘクタールのエネルギー作物がバイオ燃料またはバイオガスの生産に使用されました。 したがって、再生可能原材料庁(FNR)によると、使用される農地の10%は、すでに「農業からエネルギーへ」というラベルに分類されます。 過去3年間に、いくつかの高エネルギー収量作物がFNRでエネルギー使用についてテストされました。 トゥリンギア国の農業事務所は、6つの栽培地域からなる8年間のプロジェクトを調整しており、それぞれがXNUMXつの異なるエネルギープラントをテストできるようになっています。

したがって、キビや北米産の作物などの古代の作物は、バイオガス生産のためにトウモロコシを追い抜くチャンスがあります。 作物を最適化することも重要であるため、マスタードなどの改良された中間作物を使用します。

このプロジェクトにより、FNRは、バイオエネルギーを生産するための可能な限り幅広い原材料を入手し、農業の生物多様性を高めることを望んでいます。 中期的には、バイオガスやバイオ燃料の生産だけでなく、将来性のある合成バイオ燃料BtL(Biomass-to-Liquid)の生産にも活用されます。

FNRとドイツ農業協会(DLG)は、 forum 20年22月2006日からXNUMX日までヘッセのインフォメーションセンター「Energyforagriculture」で。出展者は作物、収穫、エネルギープラントの保全に関するノベルティを発表します。

また読みます:  コールドアキュムレーターによりエネルギーを節約

バイオマス液化の詳細

詳細については、連絡先:
FNR-電話:+49 3843 6930 0-電子メール:info@fnr.de-サイト
http://www.fnr.de
http://www.bio-energie.de
出典:Wissenschaft-Wirtschaft-Politik、2006年XNUMX月
編集者:Valerie Bichler、valerie.bichler @ diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *