国連:UDHRのエネルギー自治権を取得する


この記事を友達とシェア:

このテキストはエネルギー自治へのアクセスの概念をに追加することを提案します人権宣言の記事25。 これは、エネルギーへのアクセスがもはや(ほとんど)ほとんど多国籍企業に依存しないようにするためです。 このテキストは、政治的、制度的、そして非政府の意思決定者に向けられるべきです。

COP 25を今よりもずっと建設的にするために必要な力の多くを持っているのは、あなた、市民、NGOのリーダー、協会、財団とメディアの個性です。その人権 - 過去70年 - は若々しい外観を取り、21ièmeSiècleに適応しています。

国連ジュネーブ

の記事3に25emeポイントを追加するだけで十分です。 世界人権宣言

記事25:

1。 すべての人は、食料、衣服、住居、医療および必要な社会サービスを含む、家族の健康、幸福および幸福に十分な生活水準の生活を送る権利を有します。 彼女は、失業、病気、障害、未亡人、老齢、またはその他の場合には彼女の管理できない状況の結果としての自給手段の喪失の場合には治安を守る権利を有する。

2。 母性と幼年期は特別な援助と援助を受ける権利があります。 すべての子供たちは、婚姻内であってもなくても、同じ社会的保護を受けます。

3。 この生活水準、健康水準、および幸福を保証するために、すべての人は、生産費や税金を支払うことなく、自分自身および自分の職業上の活動に必要なエネルギーを生産および消費する権利を有します。消費 それが生産されたエネルギーを取り引きしない限り、それはそれゆえあらゆる形態の貿易のために施行される立法に入るでしょう。

24 COPは、多くの州がエネルギーの独占権をあらゆる形態のエネルギーに留めることを望んでいるだけでなく、格言に基づいているため、これ以上の真の進歩ではありません。



「エネルギーは力だ! "

しかしそれに加えて、今までのところエネルギーは豊富で高価ではなかったと信じています。 より希少かつ高価.

今日は私には思えます:

目的とするすべての解決策を実行することが絶対に不可欠であると確信している十分な科学的組織、機関、NGO、協会があります。 地球温暖化との闘い そして持って来ることができる クリーンで安いエネルギー 世界のすべての地域で、森林伐採や砂漠化を避けることができます。
ラモンGutteriez氏はこの加盟の批准を得るために彼の機能のすべての重みを置くでしょう。そして、誰もがこの生存のためにこの戦いに「貢献することができる」(協会Colibris of Pierre Rabhiによる)。人類。

世界の多くの市民や企業(大幅な節約によってもやる気にされている)、そしてもちろん都市はエネルギー自治へのこの権利を大いに支持するだろう

もちろん、これはすぐにすべての高電圧送電網、ある国から別の国への投機的な売上、不当な税金、企業や集団に課された拘束力などの終わりになるでしょう。 さらに、すべての小さな職人、TPE、SMEが彼らの人生をはるかに良く稼いで、そこに「流出」の有名な理論が本当に効果をもたらすので、それは基盤による強化です。それぞれ。

自家発電機を買う余裕がある人と電気しか買えない人が常に2つあります。 この原則では、彼らの生産/流通会社を作り、そして彼らが彼らの公共サービスを機能させるであろう利益でそれは町と村です。
だから、それは再配置です。 より多くの現金を持っている人は生産者/消費者になるが成長し論理的にもっと多くの税金を払うだろう。大企業は、町や村の公共サービスに恩恵をもたらします。

とりわけ、人口ベースの充実は、過激派の動き(政治的および宗教的)への遵守、経済的および気候的な移住、人口統計への遵守(人口がより豊かになること)を妨げることになります出生率が低いほど)

しかし、人権宣言へのこの追加がなされなければ、それは、それ自身で、あるいは汚染している発電ロビーの影響下で、どの国にとってもはるかに容易になるでしょう。 、 自治を人々に提供する独自の解決策がその領域に定着するのを防ぐため 企業や町や村。

私たちは、一方では、個人の集団によって署名された請願書を手にし、それを寄託し、国連人権委員会がそれを担当するまでその成長を活気づけるためののれんを探しています。そして、それは大規模な国際的な大衆の支持の支持で投票しました。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *