プラズマ汚染

プラズマ汚染除去:それは将来の解決策になるでしょうか? (The Researchに触発され、2月1999)

キーワード:処理、排気ガス、汚染、プラズマ、触媒。

ディーゼルエンジンからのガス状排出物は、ヨーロッパ規格によってますます厳しく制限されている。 コンプライアンスを達成するために、新しい技術が開発されています。

トラックの場合、加水分解された尿素に由来するアンモニアが還元剤として作用する触媒など、非常に効率的な触媒があります。 ただし、通常は200°Cを超える高温で動作する必要があります。 ただし、これらの温度は、出発時または都市部の旅行中に乗用車の排気ガスによって到達されません。


シーメンスによって開発されたこの触媒は、プラズマが生成される電極で構成されています。 長さ約20cm、直径6cmです。 (シーメンスの写真、II / 98)。

エネルギー的に非常に高価になるガスの追加加熱に頼らない限り、溶液は別の精製ルートを通過します。 これを行うために、シーメンスグループは、ドイツの研究省と協力して、 プラズマ相触媒プロセスを開発しました。

また読みます:  電動自転車に切り替えたいですか?


ディーゼルエンジンの220°Cでの排気ガス中の窒素酸化物の誘電およびプラズマ放電による還元

原理は、排気ガスをプラズマと接触させることです。プラズマの高エネルギー電子は、一方では炭素化合物の二酸化炭素と水への酸化を開始し、他方では窒素酸化物の窒素への還元。 プラズマは、ガス内で短時間の放電(数ナノ秒)を引き起こすことによってのみ得られます。 しかし、水分と酸素の含有量が高くなると、このプロセスの効率は大幅に低下します。 窒素酸化物の還元は非常に不利になります。


使用する技術に応じたNOxの削減。

この問題を解決するために、研究者はこのシステムを上記のタイプの従来の触媒と直列に配置しました。 彼らは、この協会のおかげで、200°C以下の温度で動作することを観察しました。 たとえば、 酸化物排出量の削減は60%と推定されています 温度が100°Cしかない場合。 これらの条件下では、加水分解される尿素の量もはるかに少なくなります。 最初のテストは、アーランゲン大学で実施されます。 プロトタイプの開発、および放電を確実にするための高性能電源の開発に必要な時間は、XNUMX年またはXNUMX年と見積もられています。 このテクノロジーの詳細については、 シーメンスのウェブサイトをご覧ください

また読みます:  Cérined'Eolys:粒子フィルターなしのディーゼルへの影響

まだ進行中の研究

この記事の日付である1999にもかかわらず、CNRSを含む調査はまだ進行中です。ここに要約文書があります。 プラズマによるガス状排出物の除染(CNRSおよびGREMI)

フランスのメーカーであるルノーとPSAは最近、次の権利を有する特許を共同出願しました。 非熱プラズマ反応器およびこの反応器を構成する自動車排気ライン

概要文書:

-シーメンスによるオリジナル記事(ドイツ語)
プラズマによるガス状流出物の汚染除去(GREMI、オルレアン大学およびCNRSによる)
PSA-Renault特許(メンバー専用ダウンロード)
GREMI Webサイトにアクセス

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *