ヨーロッパ:CO2の排出国と電気kWhとすることにより

フランスとヨーロッパの主要近隣諸国の間で、それぞれ電気kWhあたりの二酸化炭素排出量CO2は何ですか?

詳細はこちらをご覧ください。 forum CO2と地球温暖化

これらの数字は次の本から取られています: エンジニアリング熱力学:エネルギー-環境 Francis Meunier著およびDunod著出版されて

熱力学エンジニア
この本を見つけるためにクリック
289ページ、8.2配列。

各国の電気kWh当たりのCO2排出量の全国平均値 IEA)

    • スウェーデン:0,04 kg CO2 / kWh el。

 

  • フランス:0,09 kg CO2 / kWh el。

 

 

    • オーストリア:0,20 kg CO2 / kWh el。

 

    • フィンランド:0,24 kg CO2 / kWh el。

 

    • ベルギー:0,29 kg CO2 / kWh el。

 

    • スペイン:0,48 kg CO2 / kWh el。

 

    • イタリア:0,59 kg CO2 / kWh el。

 

    • ドイツ:0,60 kg CO2 / kWh el。

 

    • オランダ:0,64 kg CO2 / kWh el。

 

    • ギリシャ:0,64 kg CO2 / kWh el。

 

    • イギリス:0,64 kg CO2 / kWh el。
また読みます:  チェルノブイリ:20年で百万人の死者?

 

    • ポルトガル:0,64 kg CO2 / kWh el。

 

    • アイルランド:0,70 kg CO2 / kWh el。

 

    • デンマーク:0,84 kg CO2 / kWh el。

 

    • ルクセンブルク:1,08 kg CO2 / kWh el。

15のヨーロッパの平均:0,46 kg CO2 / kWhel。

いくつかの分析

    • この分類は2003年にさかのぼりますが、たとえばモナコのようにこの国が非常に小さい場合を除いて、たとえば風力発電所の建設が国の排出量に与える影響はごくわずかであるため、これらの値はほとんど変化していません。 。 2年から1990年までのドイツについては、以下の2005つの図を参照してください。
また読みます:  アフリカの核廃棄物

 

    • 一般的なアイデアは一生懸命に死にます:CO2に関して、ドイツはそれが伝える「生態学的」なイメージと比較してそれほどきれいではありません

 

    • 持続可能な開発の例としてしばしば提示される風力発電の王であるデンマークは、電力を生産するために最も多くのCO2を排出する国のひとつであり、「風がない」という欠点があります(したがって、小さな石油またはガスプラントは非常に汚染されています)。開始されます)

 

    • CO2率は明らかに、電力を生成するエネルギー源の性質に直接関連しているため、水力発電と原子力発電がCO2の観点から最もクリーンである場合(さらに、それは唯一無二です)原子力産業の生態学的議論)、石炭は最も汚いです。 そして、特にイギリスとドイツ、フランスとのこのランキングの2つの主要な工業国には、まだ多数の石炭火力発電所があります。 詳細については、下の図を参照してください。
また読みます:  「C'est pas Sorcier」によるEDF原子力発電所の運転

 

ドイツの電力生産の源と性質
ドイツの電力生産の性質と源

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *