風力:風のエネルギー

風力エネルギーとその課題。

風力発電所

風力発電大国

1)風力とは何ですか?

それは「流行の」再生可能エネルギーですが、必ずしも最も効率的であるとは限りません。

風力タービンのブレードは、風の機械的エネルギーを取り込みます。 直接使用するか、電気エネルギーに変換するかを選択できます。

1.1)機械的エネルギー

地下水面から水を汲み上げるために、たとえばポンプで直接使用されます。 これらは「西洋」の風力タービンです。

1.2)電気エネルギー

私たちは風力発電機について話している、風力タービンについて話すことは私たちもする言葉の乱用です!

機械的エネルギーは、発電機によって電気エネルギーに変換されてから、変圧器に送られ、電気ネットワークの標準に達します。

生成された電力は、全体的に、部分的に、またはまったく供給されない場合があります。 後者のXNUMXつのケースでは、バックアップソースとして風力を選択したサイト、または風力タービンやその他の再生可能エネルギーソースに完全に依存するグリッドに接続されていないサイトに電力が送られます。

電気は連続フローで使用できますが、バッテリーに保存することもできます。 継続的なフローはより収益性が高く、とりわけ技術的に手頃な価格です。 バッテリーは高値であり、特定の風力を超える想像を絶するソリューションです。

この再生可能エネルギー源の主な欠点は、柔軟性がないことです。それが必要とされるときに風が吹くしない場合があります。 EDFの購入は、その後、唯一の可能な解決策です。

保存方法は、(ドキュメントを参照してください他の電池があります。 エネルギーを蓄える方法は?)しかし、彼らはまだ実現することは困難です。

小規模なサイトでは、風力タービンが停止するとバッテリーが引き継ぎますが、その効率は非常に制限されます。 バッテリーの大量使用に伴う環境問題については説明しません。

風力発電曲線
小型風力タービンのパワーカーブ特性

2)の問題

2.1)どのような利点が?

2つの大きな利点:それはクリーンで再生可能なエネルギーです。 動作中は、放出(温室効果や酸性雨)や廃棄物(有毒または放射性)は発生しません。 風力タービンの製造と設置に費やされるエネルギーについては、約XNUMXか月の運転後に「追いつく」ことになります。 他のいくつかの情報源は、風力タービンがその建設からのCOXNUMXコストを決して相殺しないと主張しています。

風力タービンの寿命の間、土地は、たとえば農業のために常に使用可能です。 その後、設備をすばやく解体して、施設を元の状態のままにすることができます。

小さな設備は、孤立した場所を電化して、小さなコミュニティ(村、産業のグループなど)に一定の独立性を与えることを可能にします

また読みます:  ダウンロード:シェフラーソーラークッカー、詳細な生産計画

2.2)と短所?

不利な点ではなく、制約について話すのが適切です。 それらは大型の風力タービンに関連しています。

2.2.1)エネルギーとパワー

主な欠点は、この再生可能エネルギーの柔軟性の欠如です(ほとんどの再生可能エネルギーの場合と同様)。 風が強いときだけエネルギーは必要ありません! 大規模なサプライヤー(EDFまたはその他)がエネルギーを販売しているという事実により、この大きな欠点を経済的に(ただし生態学的ではなく)補うことができます。 風力タービンは、年間の1/5の時間で公称出力で動作することが一般的に認められています。 そう 実際の平均電力に対する5設備容量で割っする必要がありますしたがって、設備によって供給されるエネルギー。

ヨーロッパの風力発電モデルであるデンマークは、電気kWhの2つであり、COXNUMXを最も多く排出します。これは、風がない場合、リレーは非常に「汚染」している中小規模の発電機によって使用されるためです。 。

風がないことに加えて、風力タービンの出力は空気の質量が小さいために制限されます。m²あたりの回収可能な出力は高くありません。 したがって、たとえば20 MWの大出力と見なされる風力発電所は、原子炉の出力の1分の50にすぎないため、 プラントのパワーの1% 原子炉と2。 詳細: 風力発電と原子力発電の比較.

この電力不足は、たとえば原子力発電と比較した風力発電の大きな欠点です。 しかし、それは再生可能であり、将来の世代のために生態学的な請求書を残さないという計り知れない利点があります。 しかし、最良の場合、2010年のフランスの風力発電は、せいぜい私たちのエネルギー消費の増加を補うでしょう。

2.2.2)初期費用

私たちの意見では、研究、製造、設置のコストは高すぎます。 その結果、ほとんどの風力発電所は、風力タービンが寿命を迎える数年前まで、すべての費用を合わせても利益を上げません。 発表された風力タービンの15年の寿命にわたる20年の投資収益率について話している。 これらの事実は、残念ながら再生可能エネルギープロジェクトで体系的に観察されています(ファイルを参照してください:「なぜそれは立ち往生しているのですか?」)そしてこれは使用されている技術に関係なく...

2.2.3)巨人

電気風力発電には、否定できない事実があります。それは、より多くの設置された単一の電力を備えた、これまで以上に大きな風力発電所を作りたいという事実です。

このようにして、高さ5 m、ローター直径100mの60メガワットの風力タービンが誕生しました。 これらのプロジェクトが顕著な技術的課題(設計、材料の耐性など)である場合、経済的効率の問題を自問することができます。 これらのプロジェクトは、個人や中小企業が経済的にアクセスできないことは明らかです。 この分野のほとんどの企業は、投資手段を使ってクライアントに再販するための経済的実現可能性調査を行うことに満足しています。 さらに、この地域で土地の投機に躊躇しない人もいます。これは、何年にもわたってプロジェクトを妨げる可能性があります。

また読みます:  再生可能エネルギーの定義と分類

したがって、風力発電は、すでにエネルギーを独占している大企業のために確保されているようですが、解決策は、中電力プロジェクトのすべての、または参加団体(デンマークのように)がアクセスできるマイクロ風力発電です。

しかし、さらに悪いことがある:私たちはブアン公園のモンタージュを見てください。

数年前、州からの圧力を受けて、EDFは風力発電をkWhあたり最大7,5セントという非常に手頃な価格で購入することを約束しました。 この高額での買収は、大企業が資金を提供する公的助成金(ADEMEなど)のおかげで可能になります。
これらの助成金がなければ、風力発電(大電力)は現在フランスでは利益を上げていません。

EDFの財務パッケージはシンプルです。ブアン風力発電所はADEMEと地域からの補助金のおかげで、約20 MWが設置されており、その70%はSIIFによって運営されています。 'EDF。

したがって、EDFは、過充電されているが多額の助成を受けている電力を購入します。 明らかに、一般大衆は、請求額を増やすことによってこの持続可能な開発に大部分を支払うのは彼らであるとは知らずに、持続可能な開発の古典的な言説を受け取ります(原子力発電を思い出してください)。

消費者が完全な透明性で支払い、風力発電の実際の価格を知っているシステムは、現在のように金銭的な無駄がなくても、はるかに持続可能です。

私たちは、補助金をカットした場合の風力タービンはすぐに消えるだろうと賭けています! そのeconologicalのロジックはどこですか?
このスピーチは、核kWhの価格がすべての競争に逆らうフランスにのみ有効であることに注意してください!

2.2.4)視覚的影響

多くの団体や個人は、自宅近くに風力タービンを設置することに反対しています。 議論は単純で一定ですが、正当化されることはめったにありません。「醜い、騒がしい! 私たちを放っておいてください! "。

最大の反風協会(ventdecolère)のXNUMXつがEdFの退職者によって開催されていることに注意してください、それは確かに偶然ではありません!

しかし、この連想の動き(多くの場合生態学的)は、誰も反対することを言ったことがないときにどこから来るのでしょうか:1)高電圧線ははるかに醜く、さらに電磁汚染ははるかに有害です2)冷却塔が何マイルも離れたところに見える大規模な工場や原子力発電所の視覚的影響…など。 質問する価値があります!

2.2.5)野生生物

ブレードの端での回転速度が一部の鳥を驚かせる可能性があるのは事実です(Bouinウィンドファームの例を参照)。 移動回廊では風車を避ける必要があります。 比較すると、風力タービンで飽和状態にあるデンマークでは、道路交通、窓(自宅)、電力線が殺され、年間200倍の鳥が殺されています。 (20対000)

2.2.6)ノイズ

ブレードの風の音が聞こえ、何よりも永続的です。 風に吹かれるゴンドラの動きははるかに騒々しいですが、それは例外的なままです。500mで、騒音はわずか25-30dBAであり、これはオフィス環境の騒音です。 風力タービンと最も近い住居との間にこの距離を残すことが賢明です。

また読みます:  バイオガスの収益性

特に風力発電のための
個人用の小型風力発電

3)費用

反対派の最も重要な議論は、風のコストkWhは、従来の発電所によって供給されるコストよりも高いということです。彼らは、生産コストから除外されている生態学的コストを計算に考慮していません。生産者(または再販業者)の責任。 一方、フランスに関しては、我が国は再生可能エネルギーの遅れを積み重ねており、歴代の政府が投資を奨励するために高額の買戻し政策をEDFに課している。 EDFがエンドユーザー、個人、または企業の請求書にすぐに渡す価格の上昇。 この現象は、「高すぎる」風力発電の評判に貢献しています。 これは大規模な風力発電所に当てはまりますが、小規模な個々の施設でも同様の問題が発生します。 施設は非常に高い価格で販売されているため、孤立したサイトを除いて現在の状況では利益を上げることができません(ただし、この場合はわずかな開発です)

しかし、そのような高い関税を正当化するものは何もありません...独自の電力を生産する顧客がそれを逃れることを望まないEDFの収束する利益を除いて、それが集中販売から得た税金を保護したい国から電気および製品を過充電するメーカーから。

結論

風力タービンは最もクリーンなエネルギー源の30つであり、正確でインテリジェントな管理の対象となる場合、風力タービンがもたらす不便さは簡単に回避できます。 コストの問題は主に人為的なものであり、風の原理自体よりも政治的および財政的な選択の結果です。 一例として、第二次世界大戦直前のルールでは、風力発電が産業施設の2%を供給していたことを思い出します。

風力タービンは理想的な解決策ではないかもしれませんが(しかし、そうではありません)、その可逆性により、持続可能な開発の擁護者になっています。 一般に、より良い解決策を構成するのは、いくつかの再生可能エネルギー技術の関連です。 したがって、一般に、風が吹いていないときに太陽が輝くため、太陽と風は補完的です。

専門家による過充電の問題は、小さな風力タービンを自分で組み立てることで補うことができますが、これは優れたDIY愛好家のために予約されています。 このための参照サイト: ミニエオリア

太陽光や風力
特に太陽、風力エネルギー協会

続きを読みます

Forum 風力、風力タービン、再生可能エネルギー
または風に逆らっ? 討論!
核に対する風力発電:不平等な戦い
電気のコストと価格
Forum 技術的かつ経済的

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *