ボーナス-マルス:フラッグシップメジャーは遠くを照らしません。

昨年6月に26を発表しました。Climat2004計画の「ボーナス-プラス」の基準は、最も汚染度の高い車に課税し、フランス人に貪欲でない車の購入を促すことでした。 「私たちの都市から大きなquatquatsを打ち負かしましょう! すべてのメディアの集会の叫びでした。

京都議定書を信じた素朴な人々を注文するためにロビーが電話するのに時間はかからなかった。 彼らは、これが仮面舞踏会、冗談であることを理解していませんでした。 マイナーな対策を見つけることは実際にはありますが、完全な視野に入れるのは非常に高価です。
しかし、このエラーは修復されました。議会に提出される計画は、その種の小さな宝石です。 90ミリオンユーロ(1年目)の請求により、次のことが可能になります。
-かなりの「エネルギーラベル」(すでに家電製品にあるものなど)を車両、家、エアコンに貼ること。
-制限速度の順守を促進するため(ただし、高速道路で計画どおりに120 km / hに低下させないため)。
-新しいドライバーにソフトドライビングのトレーニングを提供する(フォールアウトを想像できます....)。
-航空輸送の影響に関する調査を開始する(パンを食べて占有する)。
-経済的な機器を選択した人が利用できる税額控除を増やすため(コストを削減し、効率を高める代わりに、コミュニティを管理することになります)。

また読みます: 太陽光発電、新しいフィードインタリフと条件2010

結論:予想されることでした。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *