ボーナス-マルス:主力措置はあまり光を当てません。

26月2004日に発表された、XNUMX年気候計画の「ボーナスマルス」措置は、最も汚染の多い車に課税し、フランス人に燃料効率の低い車の購入を促すことになっていました。 「私たちの都市から大きなXNUMXつをボタンで留めましょう!」 すべてのメディアの集会の叫びでした。

ロビーが京都議定書を信じる素朴な人々を注文するために電話をかけるのにそれほど時間はかかりませんでした。 彼らはこれが仮面舞踏会、狂乱であることを理解していませんでした。 それは実際にはマイナーな手段を見つけることの問題ですが、それは印象づけるのに非常に費用がかかります。
しかし、このエラーは修正されました。議会に提示される計画は、その種の小さな宝石です。 (最初の90年間で)XNUMX千万ユーロを請求すると、次のようになります。
-車両、家庭、エアコンに(家庭用電化製品にすでに見られるタイプの)かなりの「エネルギーラベル」を貼る。
-速度制限への準拠を促進するため(ただし、計画どおりに高速道路で速度制限を120 km / hに下げないでください)。
-新しいドライバーに穏やかな運転のトレーニングを提供する(私たちはその影響を想像することができます…。)。
-航空輸送の影響に関する研究を開始する(パンを食べて占有する)。
-倹約機器を選択する人々が享受する税額控除を増やすこと(これは、コストを下げてパフォーマンスを向上させるのではなく、コミュニティによって支払われることになります)。

また読みます:  あなたの研究と報告書をインターネットで公開しましょう。

結論:予想される。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *