セルロース系エタノールを使用する最初の車両群

カナダ政府は、同社の車両群が、Iogen社によって製造されたセルロース系エタノールを定期的に給油する世界初の車両であることを発表しました。
現在、Natural Resources Canada、Agriculture and Agri-Food Canada、およびその他のカナダ政府部門は、年間約100.000リットルのセルロース系エタノールを使用しています。 カナダ政府は、13のE-85ブレンド給油所(85%エタノールと15%ガソリン)と、最大900%のエタノールのブレンドで走行できる約85台の車両を運用しています。 。 カナダでは、運輸部門が温室効果ガスの総排出量の25%を生産していることを知って、政府は模範を示したいと考えています。

セルロース系エタノールは、農業廃棄物または木材廃棄物から作られた輸送用燃料です。 Iogenは、2004年25月にセルロース系エタノールの商業生産を開始しました。その技術は、130年以上の研究開発と、Iogenとそのパートナーによる21億XNUMX万ドルの投資の結果です。 XNUMX万ドルを超える資金を提供しているカナダ政府。
さらに、セルロース系エタノールの生産は、農村地域の経済成長を刺激し、カナダの農民に新しい市場を開き、カナダでの再生可能エネルギーの使用を増やすのに役立ちます。 80年代以降に製造されたすべてのガソリン車は、最大10%のエタノールを含むガソリンで走行でき、現在、1.000を超えるサービスステーションがこの混合物をカナダで販売しています。

また読みます:  サイトの新しい、よりカラフルなキャンバス

コンタクト:
http://www.carburants.gc.ca
http://www.iogen.ca.
情報源:
http://www.nrcan-rncan.gc.ca/media/newsreleases/2004/200474_f.htm
エディタ:エロディピノ、オタワ、 sciefran@ambafrance-ca.org

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *