サステナビリティ・ウィーク

持続可能な開発の週

市民、コミュニティ、企業が地球と気候を保護するために習慣を変えることを奨励するXNUMXつの方法。

1992年にリオで開催された地球サミットから生まれたこの概念は、一般の人々によく知られているようです。それは、経済成長、社会の進歩、環境の保全を組み合わせることです。

「2002年には、フランス人の9%だけがこの概念を知っていました。今日、50%が単語を知っていると言い、40%が定義を与えることができます。 この用語は確かに現在の用法になっています」と、エコロジー大臣のネリー・オリンは言いました。 「テーマは意味をなし始めています」と、持続可能な開発のための省庁間代表であるクリスチャン・ブロダグは認めます。 後者は、XNUMX年連続で開催された今週のイベントによって引き起こされた「行動の変化について疑わしい」ことを認めています。

この場合、約1400のイニシアチブ、つまり昨年のXNUMX倍の数が選択されました。
このように、展示会、営業日、一連の会議やセミナー、そして現場での行動が見られます。洗車でのサイクリングや節水、2000年未満の村での「持続可能な開発」のラベル付けの促進です。住民。 これらすべては、ラジオやテレビのスポットのキャンペーン、および毎日の「市民活動」に関するポスターやパンフレットの配布によってサポートされます。そのうちの4つは、ババールの色で8〜XNUMX歳を対象としています。

また読みます:  持続可能な開発の仕事

MEDEF(雇用者)は、企業向けのXNUMXのグッドプラクティスのガイドを立ち上げることでこの分野を占めています。 ますます多くの人々が持続可能な開発について話し合っています。

環境省は、すでに自動車や家電製品に適用されている「エネルギーラベル」を他の製品に拡張する可能性を検討しています。 目的:二酸化炭素(CO2)値を報告します。 たとえば、季節外れに世界中から輸入されたイチゴのトレイに温室効果ガスの排出量をカウントして表示します。 それまでは、「消費者が責任を負う」と環境大臣は述べた。

持続可能な開発の分野の企業のコンサルタント機関であるEthicityは、4500月に83人の代表者にインタビューすることにより、この問題に関するフランスの意見の心の状態について調査を実施しました。 20人にXNUMX人は「惑星の状態に懸念を感じている」とEthicityは説明します。 XNUMX%が、購入を通じて自分たちの行動力に気づいたと答えています。 そして、XNUMX%以上が、単に消費量を減らす必要があると考えています。」 これらの懸念に何も対応しない場合は、「最大の消費者が減少を選択するリスクを冒している」と当局に警告します。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *