燃焼と水質汚染とパフォーマンス


この記事を友達とシェア:



燃焼と水について...

レミGuillet(03 / 03 / 2012)により、

燃料及び他の燃料の価格は、神秘的な効果多かれ少なかれ「ドーピング中で特定の信念に関連するような議論を(ウィキペディアを参照)繰り返しの回復を誘導し、「炎」を終えていません水」(またはエンジンや多かれ少なかれの他のバーナーでの実施に起因する他の効果 "燃料そのものになって、自由"エネルギー変換を「水は苦しむだろう "不透明なシステム!)バック私たちは「私たちの論文から "燃焼と水」の情報について考える3つの必須情報に私たちをもたらします 燃焼とウェット性能 アンリ・ポアンカレ - - 」(ナンシー2002の大学で1で発表論文と電子メールアドレスでのフルテキストで直接アクセスできるようにします。

1-燃焼が発生している区域(水熱機械:内燃機関または外燃機関、ボイラーなど)に到着し、この水が燃焼空気によって蒸気状または液体状になること。別に噴射された燃料)は、燃焼の「質」を向上させる可能性が高い(そのように識別された燃料!)。 この「付加的な」水は、液体燃料(重質炭化水素)の液滴の霧化に加え、燃焼中に発生する複数の「中間」化学反応に介入することができるため、より多くの(これが化学的に可能な場合)、その完全性、より少ない粒子および他の未燃分を拒絶する。 加えて、そしていずれの場合も、追加の水の存在は、特にストイキオメトリーの場合には、燃焼が完璧に近づくので、この「熱安定器」の追加の水は、したがって常に窒素酸化物の生成を助長しない。 (既に述べた論文の参考文献を参照)。

従って、熱機械の燃焼室内の水の存在は、燃焼の物理化学的な動力学を修正し、水の供給が制御されるならば、この水の添加のみで十分であり、特に、いくつかのガスタービンの場合、エンジンの機械的性能が向上し、さらには「名目上の」出力が得られます...そして、より大きな「生態学的裁量」!

私たちの視点から見ると、水を加えることによって「スパイク」される特定のエンジンで何が起こるかを「理解する」ために呼び出すことは何もありません。 したがって、モーターが「燃えている」状態から始まり、必然的に非効率的であることから、添加された水は燃焼を改善し、それに付随して前記エンジンの「消費」を低減する可能性がある。 明らかに、関係する機械が最初に性能が低下しているほど、追加の水の導入に関連した利益はより大きくなる可能性がある。 (古いディーゼルエンジン、2ストロークエンジンでよく見られる例を参照)

一方で、素晴らしい仕事の順序で素晴らしいエンジンから期待するものはありません。 導入される水の量は常に制御されなければならず、特定の閾値を超えないようにしなければならない。そうでなければ、所望の効果から離れることができ、特にCOの形成により他の汚染が現れる可能性がある。大量の水が窒息したり、火を「消火する」ことを忘れてしまいます。

今や、燃焼の観点から当初の典型的な燃焼機械を想像してみると、水が熱力学的技術者に(回復、再生、組み合わせなどの)サイクルを想定することができ、機械的効率伝統的なモーターと比較して、「オープン」サイクルでは、これらのサイクルを大きく示す論文を参照してください。

さらに、燃焼に戻って、別のことは覚えておくことです。 これは、燃焼に起因する水​​の相変化の利用である。 従って、その凝縮(実際には特別な復熱装置で実施される場合)は、燃焼エネルギーの「最終的な」回復の源になる。 私たちは、「低温」暖房システム(大型ラジエーター、温度が60°Cをかなり下回る床下暖房を備えたスペース暖房システムの場合)のための熱発生器の凝縮について説明しています。 しかし、それはまた高温のヒーターの場合に前記凝縮発生器の適用分野を広げることを可能にするサイクル「水蒸気ポンプ」を生じさせるので、60℃以上である集合ヒーターまたは他の三次熱設備...)。 これらの後者の水蒸気ポンプ(または熱交換器および拒絶前の燃焼生成物および燃焼空気)は、その特定の生態学的美徳が保証された(特に低NOxのもの...)「湿式燃焼」の形態に実際に至っている。 私たちは再び頻繁に引用された論文、または「燃焼水蒸気ポンプの湿度図」または最近の記事**(英語で書かれた)をレミーの著者ギレットは、記事の記事の記事のharmattanで "水蒸気サイクルのサイクルは、湿った燃焼の利点を強調している"

4 年 (14-10-2015を追加しました) レシプロエンジンの場合には、不活性成分を、水の「アンチノック」の(以前知られている)(液相の蒸発に注入すると、圧縮端温度を低下させることが先験的に呼び出すことができその混合物)を、このような機械的装置の効率または電力出力の低下との間の物質の(バランスを改善、サイクルの圧縮比を増加させるために、この追加の水噴射を利用するthermodynamicistをもたらすことができますエネルギーは、シリンダと、サイクルの機械効率の利得)に導入されました。 (https://www.amenza.ma/wet-way-combustion.html 2001はエルゼビアに登場し、「湿式燃焼方法」と題する要約にリコールを参照してください)...


詳細:
R.Guilletによってフォーラムで説明された「湿式燃焼」
概要をダウンロード: 燃焼とウェット性能

Facebookのコメント

「燃焼および水汚染や効率性」について1コメント

  1. "記事の著者、RémiGuillet

    1 - 熱力学の第一法則は、「システム」の外部とやり取り和作業+熱のみを初期状態と最終状態に依存していることを教えてくれる。 そして、燃料の発熱量は、完全燃焼を受けたこと(反応してリサイクルするか否か!)「パスモニタリング」には依存しません。

    2 - 内燃機関の目的である作業の単なる製造(面では、これらの温度に作用する決定されたパラメータ「機械的な」エンジンサイクル(特に圧縮率、です最後に圧縮および緩和の終了)は、前記圧縮比の増加を許可する追加の水の。したがって、潜在的価値...)。

    (コメントは26 5月2016を書いた)»

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *