燃焼と水質汚染とパフォーマンス

燃焼と水について...

レミGuillet(03 / 03 / 2012)により、

燃料と他の燃料の価格は「フランベ」を終えておらず、「ドーピング」の多かれ少なかれ不思議な効果への信念に関連するものとして、繰り返し行われている議論(Wikipediaを参照)の再開を引き起こしています。 「水」(または、エネルギー計画で水が「自由」に変換され、それ自体が燃料になる、多かれ少なかれ「不透明」なデバイスのエンジンまたは他のバーナーへの設置に起因する他の効果!) 「燃焼と水」について不可欠であると考える3つの情報、私たちの論文からの情報「 湿式燃焼とその性能 »(2002年にナンシー大学1で発表された論文--HenriPoincaré-そして電子アドレスを使用してフルバージョンで直接アクセスできます。

1-燃焼が進行している領域に到着する水(熱機械:内部または外部の燃焼エンジン、ボイラーなど-およびこの水が蒸気または液体の形で、燃焼空気によって、によってもたらされるかどうか別々に注入された燃料-)燃焼の「品質」を改善する可能性があります(そのように識別された燃料の!)。 液体燃料(重質炭化水素)の液滴の噴霧化、および燃焼中に発生する複数の「中間」化学反応に介入できるため、この「追加」水により、場合によっては「困難な」燃焼に近づくことができます。より多く(これが化学的に可能である場合)、それらの完全性、したがってより少ない粒子および他の未燃材料を拒絶します。 さらに、すべての場合において、追加の水の存在はNOxの形成を減らします。これは、特に化学量論の場合、燃焼が完全に近づくと、この「熱バラスト」の追加の水が比較的「冷たい」ためです。したがって、窒素酸化物の形成を常に助長しません。 (すでに述べた論文に示されている参考文献を参照)。

また読みます:  メッサーシュミット航空機のダイムラーベンツエンジンへの注水

2-したがって、熱機械の燃焼チャンバー内の水の存在は、燃焼の物理化学的ダイナミクスを変更し、水の供給が制御されている場合、この水の追加だけで十分です、改善された燃焼を介して、上記の熱機械によって記録されたより良い性能を正当化するために:エンジンのより良い機械的効率、または特に特定のガスタービンのより多くの「公称」出力...そしてより大きな「生態学的裁量」!

私たちの観点からは、水の追加によって「ドープ」された特定のエンジンで何が起こっているのかを「理解」するために呼び出すものは他にありません。 したがって、エンジンが燃料を不十分に「燃焼」し、したがって必然的に非効率になることから始めて、追加された水は燃焼を改善する可能性があり、したがって、付随して、前記エンジンの「消費」を減らす。 明らかに、関係するマシンのパフォーマンスが最初に低下しているほど、追加の水の導入に関連するメリットが大きくなる可能性があります。 (古いディーゼルエンジン、XNUMXストロークエンジンなどからよく取られる例を参照してください。)

逆に、正常に動作しているエンジンに壮観なものを期待することは何もありません。 導入される水の量は常に制御され、特定のしきい値を超えないようにする必要があることに注意してください。そうしないと、目的の効果から逸脱する可能性があり、特にCOの形成により、他の汚染が発生する可能性があります...(なし大量の水が火を窒息または「消火」することを忘れてください!)。

また読みます:  水エンジン:水噴射エンジンに関する事実と結果

3-さて、燃焼の観点から最初は模範的な熱機械を想像すると、水は熱力学者が機械的効率を大幅に向上させることができるサイクル(回復、再生、結合など)を考慮することを可能にすることができるままですシステムの(従来のモーターと比較して、「オープン」サイクルで。これらのサイクルを主に提示する論文を参照してください)。

さらに、燃焼に戻ること、覚えておくべきもう一つのこと。 それは、燃焼に起因する水​​の相変化の利用についてです。 したがって、その凝縮(実際にアドホックレキュペレーターで実行される場合)は、燃焼エネルギーの「最終的な」回収の源になります。 「低温」暖房設備(床下暖房付き、温度が60°Cをはるかに下回る住宅用暖房設備の場合など)用の凝縮熱発生器について話します。 しかし、サイクル*「水蒸気ポンプ」を呼び起こすこともできます。これにより、60°Cを超える高温で加熱する場合、つまり、次の場合に、上記の凝縮発生器の適用範囲を広げることができます。三次セクターなどでの集合加熱またはその他の熱設備)。 これらの最新の水蒸気ポンプ(または熱交換器と、排出および燃焼空気の前の燃焼生成物の質量)は、特定の生態学的美徳(特に低NOxなど)が保証された「湿式燃焼」の形態に事実上つながります。 よく引用される論文や「燃焼の湿度図から水蒸気ポンプまで」という作品、またはレミの著者ファイルに掲載されている最近の記事**(英語で書かれている)を再度参照することができます。 Guillet chez l'harmattanは、「水蒸気ポンプサイクルが湿式燃焼の利点を強調している」などの記事の寄稿の下にあります。

4 年 (14-10-2015を追加) 往復エンジンの場合、水の(以前はよく知られている)「反爆発」力を思い出すことができます。これは、(蒸発中に液相に注入された場合、圧縮温度の終わりを下げる)先験的な不活性要素です。混合物の)、次に、熱力学者がこの追加の水注入を利用してサイクルの圧縮比を増加させ、したがって機械の機械的効率、またはその出力(出力の減少の間のバランスの問題)を改善するように導くことができますシリンダーに導入されるエネルギーとサイクルの機械的効率の向上)。 (2001年にElsevierによって公開されたタイトル「ウェットウェイ燃焼」https://www.amenza.ma/wet-way-combustion.htmlの要約のリマインダーを参照)…

また読みます:  水熱分解仮説

詳細:
R.Guilletが説明した「湿式燃焼」 forums
概要をダウンロードします。 湿式燃焼とその性能

「燃焼と水、汚染と効率」に関する1つのコメント

  1. «記事の著者、RémiGuilletからの追加の説明

    1-熱力学の最初の原則は、「システム」の外部と交換される仕事と熱の合計は、初期状態と最終状態にのみ依存することを教えています。 したがって、完全に燃焼した燃料の熱量は、「たどった経路」(リサイクルがあるかどうか、中間反応があるかどうか)に依存しません。

    2-唯一の作業生産(ヒートエンジンの目的である)に関して、決定的であるのはエンジンサイクルの「機械的」パラメータです(特に圧縮率、温度に作用するのは圧縮の終わりと膨張の終わり)したがって、上記の圧縮比の増加を可能にする追加の水の潜在的な関心…)。

    (26年2016月XNUMX日にレビュー済み)»

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *