地球温暖化:交差しないための閾値

地球の平均温度は、産業革命前(つまり、2年)よりも1750°Cを超えて上昇してはなりません。地球温暖化に関する国際的なシンクタンクを推奨しています。 この点を超えると、地球温暖化によって引き起こされた被害は壊滅的なものになります、とXNUMXつの主要なシンクタンクによって作成されたレポートは説明します:公共政策研究所(イギリス)、アメリカ進歩センター(アメリカ)とオーストラリア研究所。

ICCT(International Climate Change Taskforce)は、地球の気温が2°C上昇するだけでなく、農業の損失、水不足のリスク、生態系への不可逆的な被害が大幅に増加すると推定しています。これは、国連気候研究グループであるUNFCCCからのデータを利用しています。 この段階で、南極大陸西部とグリーンランドの氷床は溶ける危険があり、森林はもはや炭素の吸収源ではなく、CO2の供給源になります。

2°Cの上昇を超えないことは、地球のリーダーの新しい目的でなければなりません、ICCTをお勧めします。
具体的には、大気中のCO2濃度を400ppmに維持することになります。 すでに379ppmに達していることを知っているので、臨界しきい値はそれほど遠くありません。

また読みます:  Automotive 2005-2020:明日はどんな車ですか?

共同リーダーのスティーブン・バイヤーズ元英国大臣によると、ICCTレポートは、「気候変動が長期的に地球が直面する最も重要な問題であることを認識しなければならない」政府に宛てられています。グループの。 英国がG8と欧州連合を主導するため、このテキストは明日正式に公開されます。 トニーブレアは、気候を彼の優先事項のXNUMXつにしています。

レポートの10の推奨事項には次のものもあります。
-地球温暖化との戦いに専念する、開発途上国を含む拡大されたG8を作成します。
-再生可能エネルギーから生成される電力のシェアを25%に増やします。
-地球のすべての国を含む2012年以降のグローバルアクションプランを確立します。

セシル・デュマ(24/01/05)

http://sciences.nouvelobs.com/

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *