再生可能エネルギー:真か偽か?

「再生可能なエネルギー:真か偽か? 「」

11月16 2005から8H45から18H00
セネシャルホール
(17、トゥールーズのレムサ通り)


毎年、COPRAEによって議論と考察の日が開催されます

(環境協会の地域常設理事会)

その日のプログラムは次のとおりです。

8h45: 
参加者の歓迎
COPRAE社長Birol

9h00: 
本日の開幕
ミディ・ピレネー地域評議会

9h15: 
フランスのエネルギー政策とエネルギー管理
M.ピンス、再生可能資源開発研究所

9h55: 
風:なぜ、どこで、どのように、何が影響するのか?
M. Neau、ABIESデザインオフィス

10h50:
植物油の燃料
M.ランバート、フランス植物油協会
11h30:
国民との議論
12h15:
朝の終わり

14h15:
エネルギーと生息地
アースセンターコルザニ氏

14h55:
マイクロ油圧
M.ブランケット、ANPER TOS協会

15h50:
輸送:太陽エネルギーと燃料経済
Koechlien氏とOlislagers氏、PhébusAriège協会の会長兼ディレクター
M.メグレット、ポールサバティエ大学准教授、TIMUPS-INSA学長
16h50:
国民との議論
17h15:
介入の概要
18h00:
シンポジウムの閉会

入場料は15ユーロで、協会、学生、求職者には10ユーロの割引料金が適用されます。
登録には、会議の議事録が含まれます。

登録または追加情報を得るには:
COPRAEプロジェクトマネージャーのNelly FERROUにお問い合わせください
05 34 31 97 38またはメールで
coprae@club-internet.fr

また読みます:  黄色いベストの第XNUMX幕、運動の起源、未来、そして終わり?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *