政府はバイオ燃料に15コミットメントを取ります

政府と農業、石油、自動車の世界の利害関係者は、フランスでのバイオ燃料の開発を支援し、15年の時点で5,75%の燃料への組み込みという最近の目標を達成することを目的とした2008の措置を採用しました。(…)

一方、参加者は、純粋な植物油には、エンジンの技術的および環境的制約と、これらの油から共同生産されたケーキの動物飼料の使用に存在する可能性のある健康上のリスクの両方のために、公式には限界があると考えました。 。
このセクターを非常に否定的な見方で見ている石油会社に加えて(そして正当な理由で…)、自動車メーカーは自動車エンジンに純粋な植物油を直接使用することに賛成していません。 彼らによると、これらは、ディーゼルエンジンがヨーロッパの基準によって課せられた非常に低いレベルの汚染物質排出を満たすことを可能にする仕様を満たしていません。
ただし、1年2007月XNUMX日から、これらの純粋な植物油の農業用燃料としての販売が許可されますが、提供される保証に関する自動車部門の立場を損なうことはありません。 法令は、フランスおよび海外で実施された実験の結果に基づいて、これらの油の生産、販売および使用の条件を指定します。
課税©**に関する詳細は、閣僚は©2006金融法案で見プラ©に滞在したかった、レベルはベルシーによると、非常に良好なまま。

また読みます:  カナダの井戸またはプロバンスの井戸


記事全文を読む

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *