晴天:良くも悪くものため?


この記事を友達とシェア:

現在、米国議会で議論されて晴天法案は、背中や前方汚染との戦いのステップがありますか?

科学のアメリカアカデミー(NAS)の環境学および毒物学上の取締役会のさらなる中間報告書の公表(BEST)は論争を復活しているようです。 ブッシュ大統領が提示し2002、晴天は三つの主要な汚染物質(水銀、窒素酸化物や二酸化硫黄)の産業起源の排出量70 2018の%を低減するように設計され、既存の法律を置き換えることになります。

Pour cela, il prévoit notamment d’instaurer un système de « droits à polluer » ; en pratique, une entreprise ayant fait mieux que le seuil de pollution autorisé reçoit des crédits qu’elle peut revendre à une autre compagnie en dépassement. Selon le travail des experts du BEST, il est « peu probable que Clear Skies aboutisse à des limitations des émissions de sources individuelles plus strictes que celles obtenues avec le programme New Source Review (NSR) » – un ensemble de règles qui obligent depuis 1977 les centrales électriques à adopter des dispositifs de réduction de polluants lors d’opérations de mise à jour de leurs installations (et non de maintenance, critère subjectif qui a donné lieu à des interprétations souples). La phrase a fait réagir les plus critiques vis-à-vis de la politique environnementale du gouvernement qui voient là le prélude à un affaiblissement des réglementations sur la qualité de l’air.

環境保護庁(EPA)は、その部分のために、右方向に行く主張します。
電力信頼度協議会(工業用圧力のグループ)については、彼は現在の法律は厳しいように見える可能性がある場合、彼らはしばしば長期につながることを指摘しました
法廷闘争; 全体的に、信用取引プログラムは、より効果的にする必要があります。 比較のために、酸性雨に対するEPAの似たようなプロジェクトは、約10年間完全にそこで働いたが、最近になって、スモッグに対して南カリフォルニアで設立され、期待される結果が得られていません。

LAT 14 / 01 / 05(ブッシュの「晴天」面はバックステップであり、報告書は述べています)


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *