住宅税控除:手続き、金額、条件

あなたの家や宿泊施設のエネルギー効率を改善することを目的とした税額控除の手続きは何ですか?

a)どのタイプの住宅で、費用を実行する必要がありますか?

  • 低温ボイラー、凝縮ボイラー、断熱材、加熱制御装置の買収 25%の税額控除の恩恵を受けているのは XNUMX年以上前に完成した主な住居.

    暖房または温水の生産に使用される個別または集合の凝縮ボイラー、および40%の割合の恩恵を受ける断熱材の場合、次のXNUMXつの条件を満たす必要があります。この機器を設置する必要があります。 XNUMXつに 住宅は1年1月1977日より前に完成し、設置は住宅の​​取得後31年目の2月XNUMX日までに実施する必要があります。.

  • 再生可能エネルギー源とヒートポンプを使用したエネルギー生産設備の買収 その本質的な目的は、熱の生成が新しいまたは古い本館で行われたに違いありません。

b)税額控除はどのくらいの費用をカバーしますか?

  • 税額控除はに関連しています 労働力を除く機器と材料の価格.
  • インストールは会社が行う必要があります 税務サービスについては、注文に必要な特性を記載した請求書(または新しい住宅の売り手または建設業者から提供された証明書)を作成する必要があります。
  • 追加の公的援助(地域評議会、総評議会、ANAHなど)が発生した場合、税額控除は機器の購入費用に基づいて計算されます。 税務指示で定義された条件に従って、公的援助から行われた控除。 地域の保険料は非常に多様であり、計算はケースバイケースで行われます。

c)税額控除を生じさせる費用の最大額はいくらですか?

  • 同じ納税者と同じ住居の場合、税額控除の権利を生じさせる費用の額 8000人で合計XNUMXユーロを超えることはできません。 家族の状況に応じて増額される場合があります(たとえば、子供がいないカップルの場合は16000ユーロに増額されます)。 税額控除の権利を知るには、90年財政法第2005条および83年財政法第2006条の規定を参照することをお勧めします。

付録:これらの対策の適用については、次のテキストを参照することを強くお勧めします。

-ウェブサイトwww.impots.gouv.fr(税額控除のページ)
-90年財政法第2005条、-83年財政法第2006条
-税務指示5B-26-05、5B-17-06および5B-17-07
-9年2005月12日、2005年13月2007日、200年200月XNUMX日の法令は、主な住居の設備支出と別館の変更に関連する一般税法のXNUMXクォーターとXNUMXクォーターAの条項の適用のために取られました。このコードのIV(税額控除の恩恵を受ける機器のリスト)

税額控除の詳細: 省エネ機器の税額控除.

また読みます:  コンクリートの断熱力(セルラー、強化、特殊...)

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *