暖房規制またはプログラミングに対する税額控除

国の援助と公的助成金:暖房規制装置の購入と暖房およびボイラー設備のプログラミングに対するフランスの税額控除。

a)戸建住宅に設置された機器。

  • プログラミングクロックまたはモノまたはマルチゾーンプログラマーを使用して、室内サーモスタットまたは外部センサーによる暖房設備の中央調整を可能にするシステム、
  • 発熱体(サーモスタットバルブ)の個別の最終調整を可能にするシステム、
  • 外気温の関数として電気加熱の電力を制限するシステム。
    電気加熱エネルギー管理または負荷制限システム

b)集合建物に設置されたデバイス

  • 一戸建て住宅用の上記システム
  • 各住居に供給される熱の正しい分配を可能にする暖房設備のバランスをとるために必要な機器、
  • 新しいボイラーの設置を除く、ボイラーのカスケードを可能にする機器、
  • 暖房規制とプログラミング機能を提供するボイラー室の遠隔管理システム、
  • 家庭用温水と暖房用水を組み合わせて生産する場合の家庭用温水生産設備の中央規制システム。
  • 個々の熱エネルギー計と暖房費アロケーター

税額控除額

a) これらすべての断熱材について、税額控除率は25%です。 この率は、この機器が40年1月1日より前に完成した家に設置され、その後1977年目の31月2日までに設置されるという二重条件でXNUMX%に引き上げられます。住宅の取得。

b) 税額控除は、1年2005月31日から2009年XNUMX月XNUMX日までの間に支払われた費用に適用されます。 たとえば、2007年に支払われた費用は、2007年の所得税申告書を提出するときに申告する必要があります。したがって、これらの費用を申告する必要があるのは2008年です。

税額控除の詳細: 省エネ機器の税額控除.

また読みます:  太陽電池パネルの理想的な傾き

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *