ローターHの起動

MMによる発明から。 ブレーマーハーフェンの高等専門学校(FH)の電気工学と自動化研究所(IAE)のフリードリッヒ・ザストロウとハイコ・シアー、「BG-engineering Braun&Gorke GbR 「デブレーマーハーフェンの開発」「H」ローター。

innoWi GmbH社は、ブレーマーハーフェンのFHの特許申請およびBG社との協力の開発を支援しました。 協力契約には、ローターのその後の開発に加えて、プロトタイプ作成段階と市場導入を提供する具体的なライセンス契約が提供されました。 Fローター(Hローター)の研究がFHブレーマーハーフェンで行われたのはすでにXNUMX年以上前です。

通常の風力タービンとは異なり、H型ローターのブレードは垂直に配置され、垂直軸に接続されているため、回転は風の方向に依存しません。 したがって、インストールは「H」として表示されるため、「H-Rotor」という名前になります。

また読みます: イランは核権に固執する

H-Rotorの新しいプロファイルは、微風でも優れた使用を得るために空力的に設計されています。 さらに、インテリジェントな発電機により、重要な風の段階で大きなローター出力が維持されます。

従来の風力タービンと比較したHローターの利点は、低建設コスト、低メンテナンスコスト、長寿命、低エンジン速度での最適な性能です。 さらに、H形ローターは実質的に静かで、水中でも機能します。 小型風力タービンで使用することができます
ボートの例。

コンタクト:
-ForschungsのJoachim Henke博士とHochschuleのTransferstelle
ブレーマーハーフェン-電話:+49 471 4823 141-メール:
jhenke@hs-bremerhaven.de
-Henno Ritz、innoWi GmbH-電話:+49 421 9600 714-メール:
mail@innowi.de
出典:Depeche IDW、FH Bremerhavenプレスリリース、11 / 02 / 2005
編集者:ニコラスCondette、
nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *