税額控除:ヒートポンプとソーラー再生可能エネルギー、木材

国の援助と公的助成金:再生可能エネルギー源(太陽、木材、バイオマス)、コージェネレーション、または地熱(ヒートポンプ)から熱を生成するデバイスの購入に対するフランスの税額控除。熱)。

a)熱の生成を目的とするヒートポンプ。

a)地熱ヒートポンプおよび空気/水ヒートポンプ COP> = 3,3 12年2005月13日および2007年XNUMX月XNUMX日の法令の規定による。
b)空気/空気ヒートポンプ COP> = 3,3 12年2005月13日および2007年XNUMX月XNUMX日の政令の規定に基づき適格。

b)暖房および/または太陽熱温水器。

ソーラーコレクターを備えたソーラー暖房または家庭用給湯装置。

条件:給湯器と太陽加熱 CSTBat認証またはSolar Keymark認証または同等のもの。

c)太陽光発電。

太陽エネルギーからの電力供給システム:光起電力エネルギー。

条件:を満たす EN 61215標準
またはNF EN 61646
.

また読みます:  環境に優しいタイル、材料の灰色エネルギーを制限する

d)Woodまたはバイオマスストーブまたは暖炉。

木材またはその他のバイオマスを使用した暖房または温水製造装置。

-ストーブ:標準NF EN13240またはNFD35376またはNF14785またはEN15250
-閉じた囲炉裏、内部暖炉インサート:標準NF EN13229またはNFD 35376
-加熱方法として使用されるストーブ:標準NF EN12815またはNFD 32301

調子: エネルギー効率> = 70%および一酸化炭素濃度= <0,6%.

e)木材またはバイオマスボイラー。

以外のボイラー このページに記載されている凝縮または低温ボイラー どの 火力は300 kW未満 そして、そのうちの:

効率> = 70%、手動搭載の機器用、標準NF EN 303.5またはEN 12809
効率> = 75%、自動搭載の機器用、標準NF EN 303.5またはEN 12809

また読みます:  石灰建材

税額控除額

a)熱の生産を本質的な目的とする再生可能エネルギーおよびヒートポンプの生産のためのこのすべての生産設備について、 40年50月1日の税額控除率は2006%からXNUMX%になりました。

b) 1年2006月31日から2009年XNUMX月XNUMX日までの間に行われた支出については、 税額控除の割合は50%です。 たとえば、2007年に支払われた費用は、2007年の所得税申告書を提出するときに申告する必要があります。したがって、これらの費用を申告する必要があるのは2008年です。

暖房ネットワークとコジェネレーションへの特定の接続の特殊なケース

主に再生可能エネルギーによって、またはコージェネレーション技術を使用した効率的な暖房設備によって、このネットワークが供給される場合の暖房ネットワークに接続するための機器のコスト。

特定の暖房ネットワークに接続する機器の場合、税額控除率は25%です。

また読みます:  RT2005、熱抵抗

費用は1年2006月31日から2009年2007月2007日までに支払われている必要があります。たとえば、2008年に支払われた費用は、XNUMX年の所得税申告書を提出するときに申告する必要があります。したがって、XNUMX年に必要になります。これらの費用を申告します。

税額控除の詳細: 省エネ機器の税額控除.

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *