最も責任と定義温室効果ガス


この記事を友達とシェア:

温室での定義と選手

キーワード:定義、温暖化、気候、風土、アルベド、PRG、土地、エコシステム、グローバルな。

定義:温室効果は何ですか?

温室効果が地球の放射と熱平衡に関与している地球温暖化の自然なプロセスです。 これは、大気中で主に水蒸気、二酸化炭素およびCO2 CH4メタン温室効果ガス(GHG)によるものです。

この効果は、庭の文化の実践と同様にして名前が付けられ、太陽の熱をさせると、植物は人工的な微気候を受信できるようにするためにキャプティブを保持している温室を構築しました。

温室効果とアルベドの「機能」

太陽光が地球の大気に到達すると、部分(約30%)を直接、空気によって20%まで雲と10%まで、地球の表面を反映されている(特に海洋とこのような北極や南極などの冷凍領域)アルベドです。
バックスペースに反映されていない入射光は、温室効果ガス(20%)と地表面(50%)による大気の熱容量によって吸収されます。

温室効果のスキーマ
温室効果のダイアグラム

地球によって吸収される放射線のこの部分は、彼女は、赤外線放射(黒体放射)のような雰囲気に向けて有効に復元し、彼女の熱をもたらします。

この放射線は、その後、温室効果ガスによって部分的に吸収されます。 そして第三に、この熱は地球に向かっ含め、すべての方向に再放出されます。

地球に戻ってきたこの放射線は「温室効果」であり、地球表面への追加の熱供給源にあります。 この現象がなければ、 地球の平均気温は-18℃に落とすだろう

地球の温度は常に一方向に変化する場合は常にに、地上で受信された空間からのエネルギー及び空間に放出された地球エネルギーは平均で同じであることが理解されなければなりませんまたは寒いまだ暖かいします。 スペースで平均エネルギー交換がゼロでない場合、これは、ストレージやエネルギー在庫調整の大地につながります。 この変化は、温度変化の雰囲気をもたらし得ます。

温室効果ガス(GHG)

温室効果ガスは、温室効果に寄与した雰囲気のガス成分です。

主な温室効果ガスは、水蒸気、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(または亜酸化窒素式N2O)及びオゾン(O3)であります。

ガス産業温室重いハロカーボン(フロンなどの塩素化フルオロカーボン、フレオンやパーフルオロメタンなどのHCFC-22分子)および六フッ化硫黄(SF6)が挙げられます。

温室効果ガスの主へのおおよその貢献:

  • 水蒸気(H2O):60%
  • 二酸化炭素(CO2):34%
  • オゾン(O3):2%
  • メタン(CH4):2%
  • 窒素酸化物(NOx):2%

温室効果ガスの地球温暖化係数(GWP)

ガスはすべて、地上赤外線の同じ吸収能力を持っていないと、彼らはすべて同じ寿命を持っていません。

地球温暖化への影響を比較するために、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)がPRG指数(地球温暖化)を提供しています。

GWPは、一般的に1年で指定された期間中にCO1の2kgと温室効果ガス排出と100kg比較を放出することにより、地球温暖化への相対的寄与を評価するための指標であり、 。
定義により、100年2 CO1のGWPはに取り付けられています。



そこでここでは最も一般的な温室効果ガスのGWPは、次のとおりです。

  • 二酸化炭素(CO2):1
  • 水蒸気(H2O):8
  • メタン(CH4):23
  • 亜酸化窒素(N2O):296
  • クロロフルオロカーボン(CFCまたはCnFmClp):4600 14000へ
  • ハイドロフルオロカーボン(HFC類またはCnHmFp):12 12000へ
  • パーフルオロカーボン(PFC類やCnF2n 2 +):5700 11900へ
  • 六フッ化硫黄(SF6):22200

例:亜酸化窒素のPRG 100は年296です1の影響がN2Oは世紀後296キロCO2の影響と同等であるkgであることを意味します。

CEV

別のユニットは時々使用されている:炭素原子の質量の比でGWPを乗じて得られる「炭素当量」(C = 12g.mol-1)と分子二酸化炭素のことを炭素(CO2 = 44g.mol-1)。

したがって、私たちは持っている:炭素当量= PRG X 12 / 44

CO2を生産する化石燃料の場合、このユニットは、正確にそれらの炭素の質量を表します。 また、偶数個の炭素を含有しないもののために、他のすべてのガスのために使用されます。

そこでここでは最も一般的な温室効果ガスの炭素当量は、次のとおりです。

  • 二酸化炭素(CO2):0,273
  • 水蒸気(H2O):2,2
  • メタン(CH4):6,27
  • 亜酸化窒素(N2O):81
  • クロロフルオロカーボン(CFCまたはCnFmClp):1256 3818へ
  • ハイドロフルオロカーボン(HFC類またはCnHmFp):3,3 3273へ
  • パーフルオロカーボン(PFC類やCnF2n 2 +):1555 3245へ
  • 六フッ化硫黄(SF6):6055

例:CO1の等価炭素2トンは12 / 44 TEC(トン炭素換算)または0,273 TECです。

続きを読みます: 温室効果のありそうな結果


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *