新しい低温ボイラーまたは凝縮ボイラーの税額控除

国の援助と公的助成金:低温ボイラーと凝縮ボイラーの購入に対するフランスの税額控除。

低温凝縮ボイラーの定義は、液体または気体燃料を供給される新しい温水ボイラーの効率要件に関する92年42月21日の理事会指令1992/167 / EECの意味の範囲内で理解されています。 17年22月1992日のコミュニティの公式ジャーナルN°LXNUMX / XNUMX。

低温ボイラー、個人または集団、暖房またはお湯の生産に使用
これらのボイラーは、従来のボイラーよりも低い温度で動作します。 したがって、少なくとも同等の快適さを提供しながら、標準的な最新のボイラーと比較して、12〜15%程度の消費の節約を達成することが可能になります。

低温ボイラーの場合、税額控除率は15%に設定されています。

また読みます:  断熱:RT2005が推奨する熱抵抗

税額控除は、1年2005月31日から2009年XNUMX月XNUMX日までに支払われた費用に適用されます。。 たとえば、2007年に支払われた費用は、2007年の所得税申告書を提出するときに申告する必要があります。したがって、これらの費用を申告する必要があるのは2008年です。

凝縮ボイラー、個人または集団、暖房または温水の生産に使用されます。
凝縮ボイラーは、燃焼ガスから水蒸気を凝縮することによってエネルギーを回収します。 標準的な最新のボイラーと比較して、15〜25%節約できます。

税額控除額

a) コンセンサスボイラーの場合、税額控除率は25%に設定されています。 これらのボイラーが40年1月1日より前に完成した住居に設置され、その設置が1977年目の31月2日までに行われるという二重条件では、この率はXNUMX%に増加します。住宅の取得。

また読みます:  他のエネルギー源とペレット燃焼、分析と比較

b) 税額控除は、1年2005月31日から2009年XNUMX月XNUMX日までの間に支払われた費用に適用されます。 たとえば、2007年に支払われた費用は、2007年の所得税申告書を提出するときに申告する必要があります。したがって、これらの費用を申告する必要があるのは2008年です。

税額控除の詳細: 省エネ機器の税額控除.

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *