避けられない地球温暖化

この記事を友達とシェア:

国立大気研究センター(NCAR)や地球温暖化の進化についてもっと悲観的である同僚のジェラルドMeehl。 サイエンスに発表された彼らの研究によると、あっても人間の活動に温室効果ガスのすべての排出量は正味の停止を想定し、地球温暖化は避けられません。

21ème世紀の終わりに、最高の場合には、地球の平均気温と勝利0,5℃、海面11センチ。 並列気候モデル(PCM)とコミュニティ気候システムモデル3版(CCSM3) - - NCARとの研究所でスーパーコンピュータ上で行われ、研究者は、気候モデルの2つのタイプの多くのシミュレーションの結果概要を行います米国エネルギー省と日本の地球シミュレータ。

現象の強度上の2つの間の違いにもかかわらず、傾向は同じまま:次の100年にわたる地球の気温と海面の上昇を。 研究者のために、この必然性は海洋の熱慣性と大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスの長いライフサイクルによって主に説明することができます。 行っモデルシミュレーションは、(考慮していません
溶融氷河と氷帽の影響は)今後さらに状況を悪化させる防ぐために強く行動する必要性を確認します。

WP 18 / 03 / 05(地球温暖化は避けられない、ショーデータ)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A45040-2005Mar17.html
http://www.newscientist.com/article.ns?id=7161

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *