スタークラウドで凍結地球

地球の「雪だるま」理論は、数百万年前の地球の600から800への完全な氷河作用を説明しています。 この大変動を説明するために、コロラド大学ボルダー校のアレクサンダーパブロフと彼の同僚は、地球物理学研究の手紙で新しい仮説を提案しています。 研究者たちは、私たちの太陽系が約10億年前に、約500 000年間、異常な宇宙線の流れの増加をもたらした適度に密な星間雲を横断したことを示唆しています。またはACR(Anomalous Cosmic Ray)。
これらのACRは、星間雲の中性ガスでの光イオン化または電荷交換と、太陽風から出たときに発生する衝突による加速から生じるイオンです。 しかし、この研究の著者のコンピューターモデルによると、RTAのフローを100万年にわたって増加させることは、地球の成層圏を完全に破壊するのに十分だった可能性があります。
この期間中に、地球の磁極の反転がより多くの量の宇宙線の大気中への浸透を促進した可能性が実際にあり、それはより多くの窒素酸化物(NOx )。 これらのガスの濃度に100と20 kmの高度の間の40を掛けると、オゾンの保護層の40%が破壊された可能性があります(この図は極地で80%に上昇しています)。
したがって、星間雲による非常に弱い光と非常に小さなオゾン層の組み合わせは、地球の表面の全体的な氷河作用を説明できます。 この理論を検証するために、研究者はこの遠い時代の岩石の235ウランレベルの分析に焦点を当てます(U235は自然に地球上で生成されるのではなく、星雲に存在します)。

また読みます: メディアテーク:新しいDVD

LAT 05 / 03 / 05(大規模な雲が地球を凍結した可能性があります)
http://www.agu.org/pubs/crossref/2005/2004GL021890.shtml
http://www.agu.org/pubs/crossref/2005/2004GL021601.shtml
http://www.nasa.gov/home/hqnews/2005/mar/HQ_05066_giant_clouds.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *