2015年までにメタン排出量を削減

米国は、13年までにメタン排出量の削減を規定する他の2015か国との議定書に署名したばかりです。これを達成するために、先進国は最貧層がガスガスを収集するための効率的な技術を導入するのを支援する必要があります。特に炭鉱や油田、ガス田での温室効果。 米国政府は、このイニシアチブに関連する費用の一部を53年間で約5万ドルと見積もっています。

 目標は、9年以内に、エネルギー源として販売できる年間XNUMX万トン以上のメタンを捕獲することです。 産業家と環境主義者は、中国やインドなどの主要な排出国を含むこの合意を歓迎します。 しかし、ホワイトハウスが京都議定書を批准することを拒否したことを公然と後悔している人もいます。
温室効果の主な原因である二酸化炭素(CO2)を攻撃します。 実際、この現象におけるメタンの割合は、CO16の60%以上に対してわずか2%です。 他の署名者は、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、コロンビア、イタリア、日本、メキシコ、ナイジェリア、英国、ロシア、ウクライナです。 NYT 17/11/04(米国と他の13州がメタン収集の推進に合意)

また読みます:  マルヌでの国立実験のバイオエタノール発売

http://www.nytimes.com/2004/11/17/politics/17enviro.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *