プジョーはエンジンに燃料電池を入れたい

人間によって引き起こされる温室効果ガスを削減するには、輸送車両からの排出に取り組む必要があります。 世界中で探検されているトラックの1つは、水素自動車です。 フランスでは、自動車メーカーのPSA PeugeotCitroënが月曜日に、コンパクトさと性能(80 KW)が自動車を推進できる新しい燃料電池を発表しました。 GENEPACプロジェクトの一環として、CEAの水素部門の研究者と共同で開発されたこのバッテリーは、フランスで最初のものです。 プジョーは、1年半でプロトタイプに統合したいと考えています。


続きを読みます

また読みます: 再生可能エネルギー:欧州委員会は矛盾を犯している!

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *