4×4 PSAプジョーシトロエン

三菱自動車の西岡隆社長とPSAプジョー・シトロエンのジャン・マルタン・フォルツ社長は本日、新しい4×4車両に関するパートナーシップの意向書に署名しました。 最終契約は2005年春に署名されます。

この契約は、現在開発中の新しい三菱プラットフォームに基づいて、PSAプジョーシトロエンのニーズに合わせて、日本で年間30台の生産を行うことを規定しています。

2007年に発売されたこれらの新しい4×4車両には、プジョーとシトロエン向けの特定のスタイルがあります。 PSAプジョーシトロエンの微粒子フィルターを備えた最新のHDiディーゼルエンジンを搭載します。

PSAプジョーシトロエングループの場合、これらの4×4は、プジョーとシトロエンのXNUMXつのブランドの範囲を拡大します。 これらのモデルは、主にヨーロッパ市場の新規顧客を対象としています。

三菱自動車にとって、追加の生産量により、グループは産業能力の稼働率を高め、生産性を向上させることができます。

また読みます: 2016:未来のシナリオ

このプロジェクトはまず欧州市場に関係しますが、XNUMXつのグループは他の分野への供給とパートナーシップの拡大の可能性も検討しています。

この協力のおかげで、三菱自動車株式会社とPSAプジョーシトロエンは、対等なパートナー間での勝利戦略を追求しています。

PSAプジョーシトロエン
ユグス・デュフォー/イザベル・クロス
電話。 00 33 1 40 66 53 81/52 04
インターネット: www.psa-peugeot-citroen.com

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *