京都議定書:完全かつ全文


この記事を友達とシェア:

京都議定書の全文。

キーワード:京都議定書、テキスト、フル、発光レベルCO2

枠組条約国連気候変動に対する京都議定書

この議定書の締約国は、

気候変動に関する国際連合枠組み条約(以下「条約」という。)の締約国であることから、

その条2で述べたように条約の究極の目的を追求します、

条約の規定を想起し、

条約の記事3によって導かれ、

1 / CP.1決定において、その最初のセッションで条約の締約国会議で採択されたベルリン・マンデートの下で行動し、

次合意しました:

第一条

この議定書の目的のために、条約第1条に含まれる定義が適用されるものとします。 さらに前記

1。 「締約国会議」とは、条約締約国会議をいう。

2。 「条約」とは、5月に9 1992でニューヨークで採択された、気候変動に関する国連枠組み条約を意味する。

3。 「気候変動に関する政府間パネル」は、世界気象機関と国連環境計画が1988で共同で策定した気候変動に関する政府間パネルを意味する。

4。 「モントリオール議定書」モントリオール議定書1987後で調整と改正され、9月16 1987にモントリオールで採用されているオゾン層を破壊する物質に関する。

5。 「出席し、投票する締約国」とは、肯定的または否定的な投票を表明する出席者を意味する。

6。 「締約国」とは、文脈が別途必要な場合を除き、この議定書の締約国を意味する。

7。 用語は、段落の下に届出をした附属書を参照することができるの変更、またはパーティー与えられ、党が条約の附属書Iに含ま意味し、「党は、私が附属書に含まれます」 (g)条約第2条4。

記事2

1。 締約国のそれぞれは、持続可能な開発を促進するように、条3に定める制限および削減のその数値目標を達成するために、附属書Iに含ま:

a)の実装および/または、例えば、その国の事情に応じて、さらに精巧な政策措置は、次のとおりです。

ⅰ)国民経済の関連部門におけるエネルギー効率の向上、

ⅱ)保護とモントリオール議定書によって制御されない温室効果ガスの吸収源や貯水池の強化、アカウントに環境に関する関連する国際協定の下での約束を服用します。 持続可能な森林管理、植林の促進、

気候変動の考慮事項に照らして、農業の持続可能な形のiii)の推進。

ⅳ)リサーチ、プロモーション、開発、再生可能なエネルギー源の使用の増加、二酸化炭素と、革新的な環境に配慮した技術を捕捉する技術。

温室効果ガスを放出するすべてのセクターで条約の目的に反する市場の不完全性、財政的インセンティブ、税および関税免除や補助金のうちv)のプログレッシブ削減やフェージング実装の温室や市場の楽器。

VI)モントリオール議定書によって制御されない温室効果ガスの排出量を制限または削減政策措置を促進するため、関連部門における適切な改革の奨励を。

ⅶ)制限または輸送部門におけるモントリオール議定書によって制御されない温室効果ガスの排出量を削減するための措置。

VIII)の制限および/または回復を介してメタン排出の削減と廃棄物管理部門で、エネルギーの生産、送電、配電に使用します。

B)の条2 4の段落の段落eのサブパラグラフI)に従って、この条の下で採択政策措置の個人と組み合わせた効果)を高めるために、他の締約国と協力条約。 このため、これらの締約国は、特に彼らの比較可能性、透明性と有効性を改善する方法を開発することによって、そのような政策や措置に関する経験や情報交換の果実を共有するための措置をとるものとします。 その後できるだけ早くその最初のセッションまたはでは、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、関連するすべての情報を考慮して、このような協力を促進する方法を検討します。

2。 締約国は、私が通過し、航空輸送および海上輸送で使用されるバンカー燃料からモントリオール議定書により温室効果を制御していないガスの排出量の制限または削減を追求しなければならない附属書に含まそれぞれ国際民間航空機関及び国際海事機関、。

3。 締約国は、気候変動の悪影響、国際貿易とへの影響などの悪影響を最小化するように、私はこの資料に記載されている政策や措置を実施するよう努めなければならない附属書に含ま他の締約国に、社会的、環境的、経済的影響、特に発展途上締約国、特に段落8、それの記事9与えられた条約の4 3条、で同定されたもの。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、この段落の適用を容易にするために適切な、他の対策として、かかることがあります。

4。 考慮に異なる各国の状況や潜在的な影響を取って、上の段落の1のパラグラフA)にいう政策措置の一部を調整するために有用であることが決定した場合、締約国の会合としての役割を果たす締約国会議この議定書にこれらの政策措置の調整を整理するモダリティを検討しています。

記事3

1。 締約国は、私は、個別にまたは共同で、附属書Aに記載されている温室効果ガスの二酸化炭素換算で表したその集計人為的排出は、自分のしている数量を超えないことを保証しなければならない附属書に含ま、付与された附属書Bにし、この条の規定に従って内接排出量の制限および削減のそれらの数値目標に基づき算出し、少なくとも5%ことにより、このようなガスの総排出量を削減します1990 2008の約束期間中2012のレベルからします。

2。 各締約国は、証明することができるように私は、この議定書の下での義務の履行に進捗状況を2005を達成した附属書に含まれています。

3。 限られた植林、再植林と森林破壊への直接人為的な土地利用変化及び林業活動から生じる吸収源によるソースおよび除去することにより温室効果ガスの排出量の純変化1990ので、各約束期間における炭素蓄積の変化を検証可能に対応する変動は、締約国によって使用されているが、この記事の下にその約束を満たすために、附属書Iに含まれています。 これらの活動に関連した吸収源によるソースおよび除去することにより温室効果ガスの排出量は、透明かつ検証可能な方法で報告および記事7と8に従って検討しなければなりません。

4。 レビューデータがのレベルを決定するために、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の最初のセッションの前に、各締約国は、附属書Iに含まれる科学的・技術的助言に関する補助機関を提供します1990年以降の炭素ストックの変化の推定における炭素蓄積。 その最初のセッションで、またはできるだけ早くその後、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議はによって放出変更に関連する追加的な人為的活動を決定するために適用される規則、規制やガイドラインを採択しなければなりませんカテゴリ内の温室効果ガスの吸収源によるソースおよび削除は、附属書Iまたはに含まれる締約国のために割り当てられた量を加えるべきである農地や土地利用変化及び林業から成り量から差し引く方法や、不確実性、報告、検証可能で透明性の必要性、気候変動に関する政府間パネルの方法論的な作業を考えると、この点でが提供するアドバイスを続行します条5及び締約国会議の決定に従い、科学技術の助言に関する補助機関。 この決定は、第二約束期間とその後の期間に適用されます。 党は第一約束期間中にこれらの追加の人為的活動に適用される場合があり、これらの活動は1990以来行われていることを条件とします。

5。 締約国は、私は基準年または期間の第二セッションでの締約国会議で採択され、決定9 / CP.2に基づき設立された市場経済への移行を受けて附属書に含ま、基準年または期間に基づいて、このセクションの下に彼らのコミットメントを果たします。 他の当事者も会合としての役割を果たす締約国会議を通知してもよい市場経済への移行であり、まだ条約の記事12の下で、その最初の提出を確立していない附属書Iに含まこの議定書の締約国この記事の下にその約束を履行するために年または1990以外の歴史的な基準期間を維持する意向。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、このような通知の受理を決定しなければなりません。

6。 条約の条6 4のアカウントの段落を考慮して、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、締約国は市場経済への移行にある程度柔軟であること附属書Iに含まれて提供しますこのセクションで言及した以外の彼らの約束の実施。

7。 排出量を制限し、削減する数値目標の最初の期間中は、各締約国は、附属書Iに含まれるために2008 2012から割り当てられた金額の範囲内のことでそれを内接割合に等しいです。その集計人為的排出の附属書Bは、1990で、または段落に従って決定年間または期間中の附属書Aに記載されている温室効果ガスの二酸化炭素換算で表現5上記5を乗じました。 誰のための土地利用変化及び林業が年間または期間に相当する排出量に含​​まれています1990に温室効果ガス排出量の純ソースを構成するI締約国は、附属書に含まそれらに割り当てられた量の算出のための基準、源による集計人為的排出量は、変化に起因として、二酸化炭素換算で1990における吸収源による除去のネットを表明しました土地の割り当て。

8。 締約国は、私はハイドロフルオロカーボン、パーフルオロカーボンおよび六フッ化硫黄のため1995上記の段落で言及計算の基準年として7を選択することが附属書に含まれます。

9。 締約国は、附属書に含まれるためにその後の期間のための私のコミットメントは、条7 21の段落に従って採択この議定書に附属書Bの改正で確立されなければなりません。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、少なくとも7年間前項1にいう第一約束期間が終了する前に、そのような約束の検討を開始しなければなりません。

10。 締約国は6または17項目に従って他の締約国から取得する排出削減の任意の単位、または割当量の一部は、買収を作るパーティーの割当量に加算されます。

11。 排出削減、または割り当てられた金額のいずれかの部分、記事や6 17による別の党に党転送のいずれかのユニットは、締約国が割り当てを行うために割り当てられた金額から差し引かれます。

12。 締約国が条12に従って他の締約国から獲得したすべての認証排出削減量は、当事者が取得を行うための割当量に追加されます。

13。 党の排出量は約束期間に附属書Iに含まれている場合は、この条の下で、割り当てられた量よりも少ないが、この差は、その党の要求に応じて、コメントを追加しなければなりません次の約束期間について当該締約国のために割り当てられた金額。

14。 各締約国は、私は特に、開発途上締約国に悪影響、社会的、環境的、経済的影響を最小にするように、上の段落1で述べた約束を実現するために努力しなければならない附属書に含ま段落8と条約の9 4条に言及されます。 これらの段落の実施に関するCOPの関連する決定に伴い、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、その最初のセッションでは、必要な措置は、変更の影響を最小限にするためにしなければなりません気候および/または締約国での対応措置の影響は、それらの段落にいいます。 考慮すべき問題の中でも資金調達、保険、技術移転の確立しなければなりません。

記事4

1。 任意の締約国は条3は、その集計人為的排出の合計が、中に発現していることが提供されたもののコミットメントを満たしているとみなされるの下で彼らの約束を果たすことに合意したこと附属書Iに含ま附属書Aに記載されている温室効果ガスの二酸化炭素換算は、附属書Bにし、合わせて内接排出量の制限および削減のそれらの数値目標に応じて算出、割り当てられた量を超えていません条3の規定。 そこに述べられて契約書に当事者のそれぞれに割り当てられたそれぞれの発光レベル。

2。 そのような協定の締約国が批准、受諾又はこの議定書又は加入そこの承認の彼らの楽器の寄託の日の面で事務局に通知しなければなりません。 事務局は、今度は条約締約国に通知し、契約の条項に署名しなければなりません。

3。 任意のこのような契約は、条7 3の段落に指定された約束期間の期間中、運転中に残るものとします。

4。 共同演技締約国は、地域経済統合組織の文脈で、それとの協議でこれを行う場合は、この議定書の採択後の組織の組成の変化が影響してはなりませんこの楽器の下で約束。 組織の組成の変更は、変更後に採用されている条3の下で、それらの約束のために考慮されます。

5。 そのような協定の締約国が排出削減に関して、それらを組み合わせ、それらの合計を達成するために失敗した場合、それらのそれぞれは、契約に定め、独自の排出量のレベルを担当しています。

6。 締約国は共同で個別に、この議定書のそれと協議の党、その地域経済統合組織の各メンバー国そのものである地域経済統合組織の文脈でそう働く場合と排出削減量を合計したレベルの場合は、このセクションの下に通知として一緒条24に従って動作する地域的な経済統合のための機関で、排出量のそのレベルに責任があります達成することができません。

記事5

1。 各締約国は、私が第一約束期間、吸収源によるソースや削除によって人為的排出の推定のための国内制度の開始前に、最新の1年間で確立しなければならない附属書に含まモントリオール議定書によって制御されないすべての温室効果ガスの。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議第1回会合以下の段落2で指定された方法論を織り込んでいなければならないような国家システムのためのガイドラインで。

2。 モントリオール議定書によって制御されないすべての温室効果ガスの吸収源による発生源や削除によって人為的排出量を推定するための方法論は、これらの開発に関する政府間パネルによって受け入れられています気候とその3番目のセッションでの締約国会議で承認さ。 このような方法論が使用されていない場合には、適切な調整は、その最初のセッションでは、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議で採択された方法論に従って適用されなければなりません。 科学的・技術的助言、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議のための補助機関が提供する気候変動やアドバイスに関する政府間パネルの作業に特に基づく条定期的に、適切な場合、アカウントに完全にCOPの関連する決定を取って、そのような方法論や調整を修正します。 方法論や調整への任意の改正は、その改正後のすべての約束期間のための条3の下で約束の遵守を確認するためにのみ使用されなければなりません。

3。 附属書Aに記載されている温室効果ガスの吸収源によるソースや削除によって人為的排出の二酸化炭素等価を計算するために使用される地球温暖化のポテンシャルはそれらによって承認されています政府間気候変動に関するパネルとその3番目のセッションでの締約国会議で承認さ。 科学的・技術的助言、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議のための補助機関が提供する気候変動やアドバイスに関する政府間パネルの作業に特に基づく条定期的に、必要に応じて、アカウントに完全に締約国会議の関連する決定を取って、これらの温室効果ガスのそれぞれに対応する地球温暖化の可能性を修正します。 潜在的な地球温暖化への任意の改正は、その改正後のすべての約束期間のためだけ条3の下での約束には適用されません。

記事6

1。 条3に基づく義務を履行するためには、いずれかの締約国は、私が同じ状況で他の締約国に転送、またはことを目的としたプロジェクトから生じた排出削減単位から取得することができる附属書に含まソースによって人為的排出量の削減や経済のあらゆる部門における温室効果ガスの吸収源による人為的を高め、それを提供します:

a)は、任意のこのようなプロジェクトは、関連する締約国の承認を持っています。

b)はいずれも、このようなプロジェクトは、そうでない場合に発生するものに加えて、発生源による排出量の削減、または吸収源による除去の強化を提供します。

c)は、それが記事5と7に基づく義務を遵守されていない場合、任意の排出削減単位を取得していない当該締約国。

d)の排出削減単位の取得が条3の下で約束を満たす目的で、全国レベルで採取された補足的措置でなければなりません。

2。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議者は、その最初のセッションで、または、すぐにこの条の実施のための実用的なその後、さらに精巧なガイドラインとして、検証に関しては、特にとして、また報告。

3。 パーティーは、私は排出削減単位のこの条の生成、移転又は取得につながるアクションで、その責任の下、参加する法人を許可することができる附属書に含まれます。

4。 この資料に記載された要件の適用に関する質問は条8の関連規定に従って同定されている場合は質問が同定された後、排出削減単位の移転と取得はされ、継続することができますコンプライアンスの問題が決着されなくなるまで何党は条3の下で、その約束を満たすために、これらのユニットを使用してはならないこと。

記事7

1。 各締約国は、私はの関連する決定に従って設立モントリオール議定書によって制御されない温室効果ガスの吸収源によるソースや削除によって人為的排出の年次インベントリに組み込むものとし、附属書に含ま締約国会議、条3の規定が尊重されており、以下の段落4に応じて決定されることを保証する必要がある追加情報。

2。 各締約国は、私がその国の通信に組み込むものとし、附属書に含まれ、それがもとでその約束を満たしていることを実証するために条約の条12、必要な補足情報の下に提出します以下の段落4に従って決定されなければならないこの議定書、。

3。 各締約国は、期間の最初の年のために条約の下で確立することが必要である私が最初にインベントリから始まる、上記毎年段落1の下で必要な情報を提出しなければならない附属書に含まそのため、この議定書の発効以下の婚約。 各締約国は、段落2の下で、必要な情報を提供しなければならない上記の最初の国家通信の一部として、そのために以降この議定書の発効後に条約の下で提出することが要求されます以下の段落4に定めるガイドラインの採択。 アカウントに任意の時刻表を取って、この条の下で要求される情報は、この後でなければならない頻度で決定しなければならない、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、プレゼンテーションに締約国会議により最終決定しました国別報告。

4。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、その最初のセッションで採択し、その後定期的に見直し、この条の下で必要な情報の作成のためのガイドライン、考慮に締約国からの国別報告書の作成のためのガイドラインを服用しなければなりません附属書Iは、締約国会議で採択されました。 また、第一約束期間の開始前に、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、量を割り当てられた会計処理方法を採用しなければなりません。

記事8

1。 各締約国によって条7に基づき提出された情報は、私は締約国会議の関連する決定に基づき、専門家のチームによって、および下、この目的のために採用したガイドラインに従って審査されなければならない附属書に含まこの議定書の締約国の会合として機能する締約国会議により以下4段落。 各締約国によって条1 7の段落の下に提出された情報は、私は排出目録と割当量とそれに対応するアカウントの年間コンパイルの一環として検討されなければならない附属書に含まれています。 また、各締約国によって条2 7の段落の下で提供された情報は、私はコミュニケーションの見直しの一環として検討されなければならない附属書に含まれています。

2。 レビューチームの会議が、この目的のために提供されるガイダンスに従って、事務局が調整され、政府間組織によって、適切な場合には、条約の締約国が指名されているものから選択の専門家で構成される締約国。

3。 レビュープロセスは、当事者によって、この議定書の実施のすべての側面を完全かつ包括的な技術評価を可能にします。 レビューチームは、この議定書の締約国の会合としての役割を果たす締約国会議のために、彼らはその義務の当該締約国の履行を評価し、これらのコミットメントを履行するために、任意の潜在的な問題を示した報告書を開発し、彼らのパフォーマンスに影響を与える要因。 事務局は、条約のすべての締約国に報告書を送付しなければなりません。 また、事務局は、前のさらなる検討のため、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議に提出するために、この報告書に記載することができるの実装に関連する問題を示しています。

4。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、その最初のセッションで採択し、その後定期的に見直し、専門家チームによるこの議定書の実施のレビューのためのガイドライン、アカウントに関連する決定を行うものとします締約国会議の。

5。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議、適切な実施に関する補助機関の支援と科学的・技術的助言に関する補助機関、と:

a)は、この記事の下に専門家によって行われ、その上条7下の締約国及び審査報告書によって提出された情報。

b)のリストは、上記段落3の下に事務局が用意したの実施に関する問題、ならびに締約国によって発生したすべての質問。

6。 上記の段落5における情報のレビューに続いて、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議、あらゆる問題について、この議定書の実施のために必要な決定。

記事9

1。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、定期的に科学的な証拠に照らして、この議定書と気候変動とその影響に関する最も安全な評価だけでなく、関連を検討しなければならない、技術的、社会的、経済的。 これらの試験は条2 4の段落の)段落2 7セクションおよび段落aの)段落dで必要とされるもの、特に、条約の下で適切なレビューで調整されています条約。 これらのレビューに基づいて、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、適切な処置を講じなければなりません。

2。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の第二セッションでの最初のレビュー。 新しい検査は定期的かつタイムリーにその後行われています。

記事10

すべての締約国は、附属書に含まれない締約国の更なる約束を設けることなく、考慮に彼らの共通だが差異ある責任とその特定の国や地域開発の優先順位、目的や状況を撮影私は、すでに条約の条1 4の段落にしたものを再確認し、持続的な発展を達成するためにこれらのコミットメントの実施を進めるために続けて、アカウントの段落3、5との7を考慮条約の条4:

a)は、関連する場合と可能な限り、策定国や、排出係数の質を改善するためのコストと比較して効果的、地域的、適切な場合には、活動データおよび/または各締約国の経済状況を反映したローカルモデル、温室効果ガスの吸収源による発生源や削除によって人為的排出の国別インベントリを確立し、定期的に更新するためにCOPにより採択される同等の方法を用いて、モントリオール議定書によって制御され、同会議で採択された国別報告書の作成のためのガイドラインと一致しません。

b)に定期的に更新、策定実施し、公開し、国内および、適切な場合には、気候変動や気候変動への適切な適応を促進するための措置を緩和するための措置を含む地域プログラム。

ⅰ)このようなプログラムでしょう、エネルギー、輸送、産業界だけでなく、農業、林業、廃棄物管理のとりわけ地域。 また、適応技術と気候変動への適応を改善する空間計画を改善するための方法。

ⅱ)締約国は、私が記事7に従い、国家プログラムを含め、この議定書の下で撮影された措置に関する情報を提出しなければならない附属書に含まれます。 適切な場合や他の締約国は、彼らが彼らの見解では、気候変動とその悪影響に対処するために役立つ、対策を含むプログラムに関する情報を、その国別報告に含める求めます温室効果ガス排出量の増加を削減し、吸収源による除去を高めるための措置、キャパシティ・ビルディングの対策と適応策を含みます。

c)は、気候変動の観点から関心の技術、ノウハウ、環境に配慮した実践とプロセスの開発、応用と普及のための効果的なモダリティの推進に協力し、促進するためのすべての実用的な措置を講じ、容易にそして、金融、特に発展途上国へのそのようなリソースや転送のために、必要に応じて、アクセスは、環境技術の効果的な移転を確保するための政策やプログラムの開発を含め合理的な公的所有または公共部門と容易にし、環境に配慮した技術とその移転へのアクセスを強化するために民間部門を可能にする環境の創造で。

d)の科学技術研究に協力し、気候システムに関連する不確実性を低減するための系統的な観測システムとデータアーカイブの開発の維持・発展を促進し、気候変動の悪影響と経済・社会の様々な対応戦略の結果、作業は考慮に入れて、努力、研究と体系的観測に関する国際および政府間のプログラムやネットワークに参加するために内因性の能力と能力の確立と強化を促進します条約の条5。

e)の中で協力すると、国家能力の強化など、適切な場合には、既存の団体、開発、教育・研修プログラムの実施を、使用して、国際レベルで促進特にヒトおよび制度的能力、特に発展途上国のために、この分野の専門家を養成し、気候変動の国レベルの公共意識で容易にするための人材交流や出向中とこのような変化に関する情報をそのアクセス。 適当な様式は、これらの活動は、その条6を考慮し、条約の関連機関を通じて行われていることを確実にするために開発されるべきです。

f)の締約国会議の関連する決定に従い、この条の規定により行われたプログラムや活動に関する自国の通信情報に含めます。

グラム)、この条の下で約束を実現するには、条約の条8 4の段落を十分配慮を与えます。

記事11

1。 条10を適用するには、締約国は、アカウントに段落4、5、7、8と条約の9 4条の規定を講じなければなりません。

2。 条1 4 3の段落や記事に従い、条約の条4 11の段落の実装の一部として、およびそのエンティティを介して、または条約の資金メカニズムの運用を委託エンティティは、先進締約国およびその他の先進締約国は条約の附属書IIに含ま:

a)は、条約の条1 4の段落の段落a)の中で、既存のコミットメントの実施を進めるために途上国が負担する合意された完全なコストをカバーするための新たな追加財源を提供この議定書の記事10のパラグラフA)にいいます。

b)はまた、彼らは、段落での1既存のコミットメントの実施を進めるために発生したすべての合意増分費用をカバーする必要が技術移転、財源のために、特に開発途上締約国に提供条条約の4とは、途上国締約国が条条約の条10にいうエンティティまたは国際的実体と聞かれなければならないここでこの議定書の条11にいいます。

アカウントへのこれらのコミットメントの実施資金が妥当性と予測可能性だけでなく、先進締約国の間で適切な責任分担の重要性のために必要があるという事実。 この議定書の採択前に合意されたものを含め締約国会議の関連する決定に条約の資金メカニズムの運用を委託エンティティまたはエンティティへの指導、この段落に準用します。

3。 先進締約国およびその他の先進締約国は条約の附属書IIにも提供することができるに含まれており、途上国の締約国は、この議定書の記事10の実施を通じてのための財源を自分自身を役に立ちます、二国間、地域や多国。

記事12

1。 「クリーン」な開発の仕組みがあります。

2。 クリーン開発メカニズムの目的は、非附属書I締約国が持続可能な発展を達成し、条約の究極の目的に貢献し、援助を支援することである附属書I締約国は、第3条に基づく定量化された排出制限及び削減コミットメントを満たす。

3。 クリーン開発メカニズムの下で:

a)は、締約国は、私は認証排出削減につながるプロジェクトの枠組みの中で行われた活動の恩恵を受ける附属書に含まれていません。

b)の締約国は、私がその下で、条3の下での排出量の制限および削減のそれらの数値目標の一部を満たすために、このようなプロジェクト活動から積立認証排出削減量を使用することが附属書に含まこの議定書の締約国の会合として機能する締約国会議が決定。

4。 クリーン開発メカニズムは、この議定書の締約国会議としての役割を果たす締約国会議の権限の下に置かれ、そのガイドラインに従う。 それはクリーン開発メカニズムの理事会によって監督されている。

5。 各プロジェクトの活動から生じた排出削減量は、次の基準に基づいて、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議によって指定された運営組織の認定を受けなければなりません。

各締約国によって承認されたa)の自主的な参加。

b)は、実測定可能と気候変動の緩和に関連した持続可能な。

c)の排出量削減が認証された事業活動が存在しない場合に生じるであろうそのいずれにも追加されています。

6。 クリーン開発メカニズムは、必要に応じて認証された活動の資金を整理するのに役立ちます。

7。 その最初のセッションでは、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、独立した監査及び検証活動を通じて透明性、効率性と説明責任を確保するための方法と手続きを開発しています。

8。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、認証された事業活動からの収益の一部は、管理費をカバーするために、気候変動の悪影響を特に受けやすい発展途上締約国を支援するために使用されることを保証しなければなりません適応のコストを満たすために。

9。 上の段落3の段落a)とパブリックとプライベートの両方の認証排出削減単位、事業体の買収に言及した活動を含め、開発メカニズムに「クリーン」に参加することができます。 参加は、機構の理事会によって与えられるガイドラインに従う。

10。 2000と第一約束期間の開始は、この期間の約束を満たすために使用することができます年の間に得られた認証排出削減量。

記事13

1。 条約の最高機関として、締約国会議は、この議定書の締約国の会合として機能します。

2。 この議定書の締約国でない条約の締約国は、この議定書の締約国の会合としての役割を果たす締約国会議のいずれかのセッションの議事にオブザーバーとして参加することができます。 ときは、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、この議定書の下での意思決定は、唯一の条約締約国によるものとします。

3。 締約国会議は、この議定書の締約国の会合として機能する場合、締約国会議のビューローの任意のメンバーは、条約の締約国を代表するが、その時点で、この議定書の締約国ではないが、新たに置き換えられてこの議定書にし、それらの間の締約国により選出されたメンバー。

4。 定期的にこの議定書の実施のとしなければならない、その権限の範囲内で、必要な決定は、その効果的な実施を促進するためにしなければならない、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議。 それは、この議定書によってそれに付与機能を行使しなければなりません。

a)は、この議定書の規定の下で彼に提供されるすべての情報に基づいて、評価し、締約国によってその実装は、施策の総合的な効果は、この議定書の下で撮影します特に、環境、経済、社会とその累積的影響や条約の目的に向かって移動する進行。

b)は定期的に記事2 4 2の段落と条約の記事7の段落と段落dの下の任意のレビュー)に配慮し、この議定書に基づく締約国の義務を調べますアカウントに条約の目的を取って、経験はその実装と科学技術の知識の進化の過程で獲得し、この点で、このの実施に関する定期的な報告を検討し、採用しますプロトコル;

c)の推進と気候変動とその影響に対処するために締約国が採択した措置に関する情報の交換を容易にし、考慮に締約国の異なる事情、責任とリソースを取るだけでなく、そのこの議定書の下でそれぞれの約束。

d)の考慮に締約国の異なる事情、責任や能力を取って、2つ以上の締約国の要請に応じて、気候変動とその影響に対処するために、それらによって採用された措置の調整を促進しますこの議定書に基づくと、それぞれの約束。

e)の推進とガイド、条約及びこの議定書の規定の目的、およびアカウントに完全に締約国会議の関連する決定を取るに従って、同等の方法論の開発と定期的な改良は、有効にします効果的にこのプロトコルを実装し、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議で採択されたことを特徴とします。

f)は、この議定書の実施のため必要な事項について勧告を行います。

グラム)条2 11のパラグラフに合わせて追加の財源を動員するシーク。

H)この議定書の実施のために必要と認める補助機関を設立。

ⅰ)該当する場合、シークやサービスと国際機関や政府間及び非政府機関の支援、およびそれらが提供する情報を利用。

Jこの議定書の実施のために必要であり、締約国会議の決定に起因する任意の割り当てを考慮することができるように)そのような他の機能を行使する。

5。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議が合意により別段の決定をしない限り、条約の下で適用される締約国との金融手続きの会議の手続規則は、この議定書について準用します。

6。 事務局は、この議定書の発効後に予定されている会議の最初のセッションの機会にこの議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の最初のセッションを招集しなければなりません。 締約国会議は、この議定書の締約国の会合として機能しない限り、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議のその後の通常のセッションでは、毎年締約国会議の通常セッションと併せて開催されなければなりません別段の決定。

7。 この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、それが必要と認める他のどの時点で特別なセッションを保持したりしなければならない場合、それは少なくとも三分の一でサポートされていることを提供書面で要求、ようパーティ事務局による当事者への提出後6ヶ月以内に締約国。

8。 国連、その専門機関及び国際原子力機関並びにこれらの組織のすべての加盟国とではありませんそれらのいずれかのオブザーバー資格を持っています条約の当事者ではない、オブザーバーとしてこの議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の会合で表すことができます。 この議定書によって覆われており、問題で修飾されている、国内または国際、政府や非政府はその願いを事務局に通知したかどうかを任意の体や代理店は、会議のセッションでオブザーバーとして表現されますこの議定書の締約国の会合として機能する締約国は、そのように締約国現在のオブジェクトの少なくとも三分の一がない限り認めてもよいです。 オブザーバーの入場料と参加は、上記の段落5にいう規則に準拠するものとします。

記事14

1。 条約の記事8によって確立された事務局は、この議定書の事務局を提供します。

2。 事務局の機能とその操作のための取り決めに関するその記事の2段落に関する条約の条8 3の段落は、この議定書に準用します。 事務局は、この議定書の下でそれに割り当てられた機能を行使してはなりません。

記事15

1。 条約の9と10記事によって作成された条約の実施のための科学的・技術的助言や補助機関のための補助機関は、それぞれ、として科学的・技術的助言や補助機関のための補助機関にサービスを提供しなければなりませんこの議定書の実施。 これらの機関の機能に関する条約の規定は、この議定書に準用します。 この議定書の実施のための科学的・技術的助言や補助機関に関する補助機関の会合は、実装のためのSBSTTA技術と補助機関の科学評議会のものと一致します条約。

2。 この議定書の締約国でない条約の締約国は、補助機関のいずれかのセッションの議事にオブザーバーとして参加することができます。 補助機関がこの議定書の補助機関として機能する場合、この議定書に基づく決定は、条約の締約国である条約にのみ締約国によって講じなければなりません。

3。 9と10によって確立された補助機関は、条約の記事は、事務局の任意のメンバーは、条約の締約国を代表するが、その時ではなく、パーティーで、この議定書の事項について、その機能を発揮する場合この議定書に議定書の締約国により選出された新しいメンバーによって、それらの間で交換されます。

記事16

いずれかの光のように、すぐに適切な条約の条13にいう多国間協議プロセスのこの議定書の適用を考慮することが可能、および変更など、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議、条約締約国会議によって採取することができる関連決定。 この議定書に適用することができる任意の多国間協議プロセスは、条18の下で確立された手順およびメカニズムへの偏見なしで動作しなければなりません。

記事17

COPは原則、方法、規則を定義し、ガイドラインは、排出権の交換のための検証、報告と説明責任のために特に適用されます。 締約国は条3の下で彼らの約束達成のために排出量取引の交換に参加することができる附属書Bに含まれます。 このタイプの任意の交換は、この資料に記載されている排出量の制限および削減の数値目標を満たすために、国家レベルでの対策を補完します。

記事18

その最初のセッションでは、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議は、結果を示すリストを含むこの議定書の規定、不遵守の例を決定し、アドレスするために適切かつ効果的な手続きとメカニズムを承認し、アカウントに非準拠と発生率の原因、種類及び程度を取ります。 結合結果の締約国を伴うこの条の下で任意の手続きとメカニズムは、この議定書の改正によって採択されます。

記事19

条約に関する紛争の和解の記事14の規定は、この議定書に準用します。

記事20

1。 締約国は、この議定書の改正を提案することができます。

2。 この議定書の改正は、この議定書の締約国の会合としての役割を果たす締約国会議の通常会合において採択されなければなりません。 この議定書の改正案のテキストは、少なくとも6ヶ月、それが採択が提案される会合の前に事務局が締約国に伝達されなければなりません。 事務局はまた、条約及び条約の署名に及び、情報のため、預託締約国への改正案を伝えなければなりません。

3。 締約国は、この議定書の改正案について合意により合意に達するためにあらゆる努力をしなければなりません。 すべての努力が尽くされていると合意に達しない場合には、改正は、出席しかつ投票する締約国四分の三の多数決によって、最後の手段として採用されました。 採用改正は、受諾のため、すべての締約国に送信寄託に事務局が通知されなければなりません。

4。 改正機器の受け付けが寄託されています。 締約国は四分の三の受け入れの楽器の寄託により受領した日の次の90 - 第十日に受け入れたことで、上記段落3に従って採択さ改正が発効しますこの議定書の締約国でない限り。

5。 改正は、改正の受諾の寄託その楽器と当該締約国によって寄託された日の次の90日目の日に、他の締約国のために効力を生じます。

記事21

1。 この議定書の附属書は、その不可欠な部分を形成すると、明示的に別段の定めがない限り、この議定書の基準は、同時にその附属書への参照を構成しています。 この議定書の発効後に採択された附属書は、科学的、技術的、手続き的または管理記述するリスト、フォームやその他の文書に限定しなければなりません。

2。 締約国は、この議定書の附属書には、この議定書の附属書及び改正を提案することができます。

3。 この議定書の附属書にこの議定書の附属書及び改正は、この議定書の締約国の会合として機能する締約国会議の通常会合において採択されなければなりません。 附属書への提案付属文書または改正のテキストは、少なくとも6ヶ月の別館や改正が採択が提案される会合の前に事務局が締約国に伝達されなければなりません。 事務局はまた、寄託に、情報については、条約及び条約の署名の締約国の附属書に任意の提案別館または改正のテキストを通信しなければなりません。

4。 締約国は、附属書への提案別館または改正について合意により合意に達するためにあらゆる努力をしなければなりません。 すべての努力が枯渇し、合意に達していない場合、附属書の附属書または改正は、出席しかつ投票する締約国の四分の三の多数決によって、最後の手段として採用されています。 採用附属書の附属書または改正を受諾するためのすべての締約国に送信寄託に事務局によって伝達されます。

5。 段落上記3と4に従って採択された附属書、または附属書AまたはB以外の附属書の改正は、6ヶ月後にこの議定書にすべての締約国のために発効します寄託は、その間に、彼らは附属書または修正を受け入れないことを書面で預託を通知してきたものを締約国を除いて、彼らの採用を通知した日。 非受理の彼らの通知を撤回締約国に関しては、附属書の附属書または改正は、通知の預託により受領した日、次の90日目の日に効力を生じます撤退。

6。 附属書の採択又は附属書の改正は、この議定書の改正を伴うものである場合には、附属書への附属書または改正は、議定書の改正が発効する場合にのみ発効します。

7。 この議定書の附属書Aの改正及びBは、条20に定める手順に従って採択され、発効するものとし、附属書Bにする任意の改正のみ当該締約国の書面による同意を得て採択されなければならないことを条件とします。

記事22

1。 各締約国は、以下の段落2の対象に1票を、持っていなければなりません。

2。 彼らの能力の地域では、地域経済統合のための機関は、この議定書の締約国であるその構成国の数に等しい得票数で投票する権利を行使しなければなりません。 これらの組織は、その加盟国のいずれかがその権利を行使した場合、投票する権利を行使し、その逆はありません。

記事23

国連事務総長は、この議定書の寄託です。

記事24

1。 この議定書は、署名のために開放し、米国および条約の締約国である地域的な経済統合のための機関により批准、受諾又は承認を受けなければなりません。 それは16 1998月に月15 1999からニューヨークの国連本部で署名のために開放され、それが署名のために開放できなくなります翌日から加入のために開放されます。 批准、受諾、承認又は加入の楽器は、寄託されなければなりません。

2。 その加盟国のいずれかが党されることなく、この議定書の締約国となる任意の地域経済統合組織は、この議定書の下でのすべての義務によって拘束されなければなりません。 このような組織の一つ以上の加盟国は、この議定書の締約国である場合には、組織とその加盟国は、この議定書の下での義務の履行のために、それぞれの責任を決定します。 このような場合には、組織とその加盟国は、この議定書に基づく権利を行使する権利がありません。

3。 批准、受諾、承認又は加入の自分の楽器では、地域的な経済統合のための機関は、この議定書の規律する事項に関する当該機関の権限の範囲を宣言しなければなりません。 また、これらの組織は、その権限の範囲内の任意の実質的な変更を、順番に締約国に通知するものと預託を、知らせます。

記事25

1。 この議定書は、当該締約国を含め、最小限に条約の55締約国により批准、受諾、承認又は加入のその楽器の寄託の日の後90日目の日に効力を生じますすべての締約国は、附属書に含まれるの附属書Iにそのうちの二酸化炭素の総排出量は、二酸化炭素の総排出量の少なくとも1990 55の%を占めました。

2。 この条の目的のために、締約国によって通信量がこのの適用日に附属書Iに含まれる意味「1990党の総二酸化炭素排出量は、私は附属書に含まれます」議定書12に基づく当初の全国的通信において、議定書または早期に発効する。

3。 各州または批准地域経済統合組織に関して、受け入れるか、または承認この議定書のか、上の段落1の発効の要件が満たされた後、これに継承しますこの議定書は、そのような州または批准、受諾、承認又は加入のその楽器の組織による寄託の日の後90十日に効力を生じます。

4。 この条の目的のためには、地域的な経済統合のための機関によって堆積あらゆる楽器は、この組織の加盟国によって寄託されたものに追加されません。

記事26

いいえ予約は、この議定書に行われないことがあります。

記事27

1。 締約国は、いつでも、寄託者に書面による通知によってそれを非難することができる党のために、この議定書の発効日から3年を経過し、で。

2。 このような非難は預託が通知を受信するか、または当該通知で指定された後日れた日から1年間の満了時に効力を生じます。

3。 条約を非難締約国は、この議定書を非難するもものとみなします。

記事28

フランスとロシアのテキストが均等に本物であるこの議定書のオリジナルの英語、アラビア語、中国語、スペイン語は、国連事務総長に寄託します。

7 12月11990に京都でDONE。

WITNESS、そのうち署名者、正当な権限これでは、示された日にこの議定書に署名しました。

付録A

温室効果ガス

二酸化炭素(CO2)
メタン(CH4)
亜酸化窒素(N2O)
ハイドロフルオロカーボン(HFC類)
パーフルオロカーボン(PFC類)
六フッ化硫黄(SF6)

セクター/源カテゴリー

ENERGIE

燃料燃焼

エネルギー部門
製造業、建設
輸送
他のセクター
他の

燃料からの逃亡者の排出量

固体燃料
石油とガス
他の

工業プロセス

鉱物製品
化学工業
金属生産
他の生産
ハロカーボン及び六フッ化硫黄の生産
ハロカーボン及び六フッ化硫黄の消費
他の



溶剤およびその他の製品

農業

腸内発酵
家畜排せつ物の管理

農用地の土壌
サバンナの所定の燃焼
農業廃棄物の野焼き
他の

廃棄物

固形廃棄物の埋め立て
廃水処理
廃棄物焼却
他の

付録B

パーティー定量化制限の約束
または排出削減
(基準年または期間の割合)
ドイツ92
108オーストラリア
92オーストリア
ベルギー92
ブルガリア* 92
カナダ94
92欧州共同体
クロアチア* 95
デンマーク92
スペイン92
エストニア* 92
アメリカ93の米国
ロシア連邦* 100
フィンランド92
フランス92
ギリシャ92
ハンガリー* 94
アイルランド92
アイスランド110
イタリア92
日本94
ラトビア* 92
リヒテンシュタイン92
リトアニア* 92
ルクセンブルク92
モナコ92
ノルウェー101
ニュージーランド100
オランダ92
ポーランド* 94
ポルトガル92
チェコ共和国* 92
ルーマニア* 92
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国92
スロバキア* 92
スロベニア* 92
スウェーデン92
スイス92
ウクライナ* 100

________________________

*市場経済への移行で国。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *