不本意な発見

未来の光は球根にはありません...

これは、この情報から導き出せる結論です。 http://msnbc.msn.com/id/9777070/

ヴァンダービルト大学の学生であるマイケルバウアーズによる偶然の発見で、約33対の原子を含む数ナノメートルの結晶を使用して白色光LEDを作成するのに役立つ可能性があります。

通常、これらの結晶が電子または光で励起されると、色付きの光が生成されます。 私たちの学生は、レーザーを使用して青ではなく美しい白色光を得ることに驚いていました。

この発見の利点は、熱を発生させることなく、標準の2ワットの電球よりも50倍長い(50時間以上)持続時間で000倍の光を得ることができることです。

本発明の別の興味深い点は、塗料または他の媒体に挿入され、電気的励起によって活性化され得るこれらの結晶の使いやすさである。

また読みます:  スエズのCEOは電力不足のリスクを恐れている

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *