不本意な発見

未来の光は電球にはありません…

これは、この情報から得られる結論です。 http://msnbc.msn.com/id/9777070/

バンダービルト大学の学生であるマイケル・バウアーズによる偶然の発見。約33ペアの原子を含む数ナノメートルの結晶を使用して白色光LEDを作成できました。

通常、これらの結晶が電子または光で励起されると、色付きの光が生成されます。 私たちの学生は、レーザーを使用して青色の代わりに美しい白色光を得ることに非常に驚きました。

この発見の利点は、2ワットの標準電球と比較して、熱を発生させることなく、50倍の長さ(50時間以上)で000倍の光量を得ることができることです。

本発明の別の興味深い点は、塗料または他の支持体に挿入し、電気励起により活性化できるこれらの結晶の使いやすさである。

また読みます: 寄生電磁放射に対する欧州請願

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *