ジュネーブモーターショー、グリーンカー、商業的議論?

いわゆる「グリーン」車はジュネーブモーターショーのスターのようであり、来週の木曜日にそのドアを開きます。

再び「グリーン」トレンドが流行していますが、これは特に、メディアやトレードショーのスタンド、道路上で特に当てはまります。いわゆる「クリーン」な車はまだあまりにも少数です。 「より公平になりますが、販売はずっと少なくなります…

自動車メーカーは経済的な状況で新しいモデルを発表しますが、むしろ悲観的です。

2の主要なフランスのメーカーのレベル:
-ルノーは、新しいコレオス4X4-SUV、クリオスポーツ(「グリーン」車の2つの美しい例)、およびサンデーロ、ローガンダチアのXNUMXドアバージョンを紹介します。
-PSAプジョーシトロエンは、新しい308 SWとC5ツアラーを発表します。

小型で経済的な車両に向けて?

ジュネーブモーターショーには多くの小型車があります。より魅力的な価格(「購買力」の低下に関連)とCO2排出量の削減が2つの主な議論です。 特に政策は現在、CO2排出量の少ない「好意的な」車両へのアクションとキャンペーンを開始しているため、新しい車両のCO2排出量を160から120g / kmに削減したい欧州連合によって推進されています。

また読みます: 自然を模倣してエネルギーを節約する

メーカーがハイブリッド車を開発する正当な理由はここにありますが、特にトップエンドでは、より重くてより強力な車のためです。 以前のニュースに関する「実用的な」例をご覧ください 水素化物に関するPSA戦略の変更hdi.

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *