ダウンロード:HCCI、ATACおよびCAIエンジン、自動点火を備えた新しいガソリンおよびディーゼルエンジン

新しい燃焼モードとエンジンの汚染除去への貢献

ミシェル・マータン、リセ・アルバート・クラヴィーユ、ペリグーが新しい燃焼モードについて10月に2006で作成した文書。

中身

-アペラシオン
-HCCIタイプの燃焼の過程の詳細
-負荷を準備するためのさまざまなソリューション
-燃焼の開始とその進行に作用するさまざまなソリューション
-閉ループ燃焼位相制御
- 現在のパフォーマンス
-結論、将来

賃貸システムの概要

1部分の圧縮により点火される均一燃焼の原理を定めた後(参照 技術情報#18)産業の成果を視野に入れて、これらの原則の適用を検討します。

このパート2では、CAIを使用するガソリンエンジンの場合についてはほとんど説明しません。開発の主要部分を構成するのはディーゼルアプリケーションです。 進行中のプロジェクトと研究は主にディーゼルに関するものであり、将来の汚染防止基準を満たすには非常に費用がかかるため、この選択は論理的です。 それにもかかわらず、述べられている原則のほとんどは、ガソリン用途に移すことができます。

また読みます:  ダウンロード:ビデオ問題ホーム:緑の家

アペラシオン

5パートで確立された頭字語のリストに追加できる1のその他の用語は次のとおりです。

-ACCH:均一電荷圧縮による点火(カナダの研究起源)
--HPC:Higly Premixed Combustion(元のIFP、IFP NADIプロセスの産業用エンジンへの適用)
-CIHC:圧縮によって点火される均一な電荷(Nadj and Foster、University of
ウィスコンシン大学マディソン)
-CIBAI:空気噴射による圧縮点火(ウェストバージニア大学、熱風注入による自動点火を制御するためのCFRエンジンのテスト)
--APIR:クラシックモードとHCCIの間の仲介役として位置付けられている、ラジカルインジェクションによって制御される自動点火(PSAと共同でオルレアン大学による研究)。

また、委員会によって決定されたフランスの条件
用語および公式ジャーナル2 6月2006に掲載されました:

-圧縮による自己発火は、HCCIという用語を翻訳します
-高温ガスの自己点火は、ATACという用語を意味します
-プリセット自動点火はCAIという用語を翻訳します

この用語は、すべての公式のフランス語の出版物で強制的なステータスを持っていますが、地面がすでに「十分に占有されている」ため、これがそれを課すのに十分であるかどうかはわかりません

また読みます:  ダウンロード:農場のススキ:情報と写真

EducAuto.org Webサイトにアクセスし、他のドキュメントをダウンロードします

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) HCCI、ATACおよびCAIエンジン、自動点火を備えた新しいガソリンおよびディーゼルエンジン

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *