米国はポスト京都へのコミットを拒否します

怒り狂う環境保護主義者、11月11日火曜日の米国モントリオールでの28は、温室効果ガス排出量の削減に関する京都議定書に従うための国際社会のイニシアチブを拒否しました。

国連気候変動会議の一環として9月10日までケベックの大都市に集まり、約000人の代表者と環境NGOのメンバーが、2012年に期限が切れる京都議定書のフォローアップについて話し合います。 。

「米国はこれらすべての議論に反対している」と米国代表団の長であるハーラン・ワトソンは記者会見で述べ、彼の国の立場を再確認した。 彼は、アメリカ人が温室効果ガス排出量を削減するための「目標」と「スケジュール」を含むアプローチを望んでいないことを明らかにした。

続きを読みます

エコノロジーノート:「京都税」はいつ発売されますか? それは、「非京都」汚染国から、大企業の競争力が必然的に議定書によって妨げられているより汚染の少ない「京都」国への製品の輸入に不利益をもたらすでしょう。

また読みます:  ディーゼル:ルノーとプジョーPSAは水噴射エンジンを開発するために力を合わせます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *