ホンダアコードハイブリッド

2004で販売されているこのセダンは、ホンダが提供する最新のハイブリッドモデルです。

6hpのi-VTEC255気筒エンジンを搭載したアコードは、トヨタプリウスやトヨタプリウスとは対照的に、モデルのハイブリッドバージョンを提供するというメーカーの「ハイブリッド戦略」の特定のアイデアの継続ですハイブリッド専用に開発されたモデルである洞察。

シビックハイブリッドと同様に、i-VTEC可変バルブタイミングおよびリフトシステム(電子バルブタイミングおよびリフト制御システム)を使用すると、エンジンのシリンダーを制御して、必要に応じて車両の燃料消費を最適に管理できます。

停止すると、ヒートエンジンがオフになり、電気モーターをサポートした状態でXNUMXつのシリンダーですばやく始動します。 電力の需要が依然として重要である場合は、XNUMXつのシリンダーが使用されます。 クルージングモードでは、強い加速が必要な場合に備えて、車はXNUMXつのシリンダーとXNUMXつのシリンダーと予備の電気モーターで動作します。

また読みます:  差し迫った移行!

メーカーによると、消費量は都市の8,1 l / 100 kmに達し、高速道路では6,1 l / 100 kmに達し、2 l / 10.7 kmと100 l / 6,5 km(Ademe)を消費する100 Accordリットルに達します。

XNUMX台の車両の比較は、製造元の哲学を解読するのに興味深いものです(この車両のハイブリッドによって引き起こされる追加コストは、経済的基準は別として、
非常に重要)2リットルよりも効率的に
消費、モデル3リットル6シリンダーハイブリッドが100馬を開発
さらに。

編集者:エティエンヌ・ジョリー、科学技術サービス
在フランスフランス大使館
transport@ambafrance-jp.org
359 / MECA / 1576

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *