特定の省エネ機器の税額控除。

この記事を友達とシェア:

アセンブリは、高齢者や障害対応するために、または省エネルギーを促進するために、主の家の設備のための税額控除に、緑色の光に予算の金曜日2005最初の読み取りを与えました。

[...]

持続的な発展を促進するために、税額控除の率は、低温ボイラーの取得のための15%を凝縮ボイラー、絶縁材料およびデバイスの購入のための25%です加熱制御。 レートは、再生可能エネルギーとヒートポンプ機器の40%に達しました。

テキストは一人と1のユーロのために複数年天井2005ユーロで1月31er 2009と8.000 16.000 12月の間に支払われたまたは完了し、省令によって確立されたリストに従って、機器、材料およびデバイスの費用に適用されますカップルのため。

ソース:http://www.batiactu.com/data/22112004/22112004-115431.html

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *