エネルギー節約を促進する特定の機器の税額控除。

議会は金曜日に、2005年の予算の最初の読み取りで、高齢者や障害者を収容するために主要な家を装備するためのクレジットに課税するため、またはエネルギー節約を促進するために青信号を出しました。

[...]

持続可能な開発を促進するために、税額控除の割合は、低温ボイラーの購入に対して15%、凝縮ボイラー、断熱材、および暖房器具の購入に対して25%です。暖房規制。 再生可能エネルギー生産設備とヒートポンプの比率は40%に達します。

このテキストは、1年2005月31日から2009年8.000月16.000日までの間に支払われた、または実現された、大臣令で定められたリストによると、機器、材料、およびデバイスの費用に適用されます。カップルのために。

ソース:http://www.batiactu.com/data/22112004/22112004-115431.html

また読みます:  明けましておめでとうございますEconological 2014

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *