京都のアイデアは未来へのチャンスを失う

モスクワ、9月2005日-Tatiana Sinitsyna、RIA Novostiのコメンテーター。 京都議定書の最初の勝利として最初に考えられたXNUMX年は、より悲観的なメモで終わった。

この最初の国際プロジェクトの運命は、大気への人為的影響を減らし、気候変動を防ぐことを求めています。 2006年の予測は暗い。 多くの専門家が、このユニークなプロジェクトの将来に対する懸念を表明しています。

ロシア生態センターの従業員であるセルゲイ・コウラエフ氏は、モントリオールで開催された国連気候変動枠組条約の第11回締約国会議に最近参加したと、悲観的な予測は十分に確立されています。 「「京都議定書」という言葉を聞きたくないアメリカ政権の厳格な立場を思い起こせば十分である。」 アメリカ人はモントリオールに来る前に、気候変動枠組条約の第11回締約国会議のイベントにのみ参加し、最初の会議のプログラムについては議論しないと宣言した。京都議定書の締約国。 ロシアの京都議定書の制度的基盤の開発の遅れも否定的な役割を果たした」とコウライエフは述べた。

また読みます: 日本のライフサイクルアセスメント(CVA)法

しかし、モントリオール会議はある程度の進歩を記録しました。 彼らの権利を放棄することを拒否し、彼らの利益を擁護した京都議定書の150の署名国間の白熱した議論は、最終的にマラケシュ合意の採択につながった。 この協定は、温室効果ガス排出量の会計、共同申請プロジェクトの実施、手当の取引などを法的に確立しました。 協定はまた、酸素供給を考慮に入れて追加の排出割当量を森林力に与えることを規定しており、これはロシアに直接関係している。

マラケシュ合意の採択は、国連文書としての京都議定書の実現への道を開くものです。 しかし、各国の具体的な義務はまだ議論中です。

2012年以降の先進国による温室効果ガス削減の第XNUMXのトランシェを定義するための話し合いの開始に関する議論は、非常に熱烈でした。 各国は、この主題に関する具体的な提案も、これらのインタビューの公式やモダリティに関するアイデアも持っていません。 締約国は最終的に、将来の約束を設定し、自発的な約束をするためのメカニズムを開発することに責任を持つ特別な作業部会を設置することに合意した。

また読みます: 低消費電球:リマインダー

京都議定書は、モントリオールで完全に機能するようになったと考えられています。 しかし、温室効果ガスと大気汚染物質の主な排出源である米国、中国、インドなしでは効果的でしょうか? 彼らが京都議定書に参加する可能性はなく、EUが示し、ロシアが支持する熱意だけでは十分ではありません。 アメリカ人は、排出量を削減するために国の行動を取っていると言います。 そして、新興国であるインドと中国は、すべてにかかわらず先進国に追いつく必要があると主張しています。 これは、京都プロセスの機会をほとんど残しません。


ソース: ノボスティエージェンシー

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *