キョウトのアイデアは将来のチャンスを失います

モスクワ、9月2005日-RIANovostiのコメンテーターであるTatianaSinitsyna。 当初、京都議定書の勝利と見なされていたXNUMX年は、はるかに悲観的な見方で終わりました。

大気への人為的影響を減らし、気候変動を防ぐことを目的としたこの最初の国際プロジェクトの運命は、ますます不確実になっています。 2006年の予測は暗いです。 多くの専門家が、このユニークなプロジェクトの将来について懸念を表明しています。

モントリオールで開催された国連気候変動フレームワーク条約の第11回締約国会議に最近出席したロシア生態センターの従業員であるセルゲイ・クラエフによれば、悲観的な予測は正しい。 「 『京都議定書』という言葉を聞きたくないアメリカ政権の厳格な立場を思い起こせば十分だ。 アメリカ人は、モントリオールに来る前でさえ、気候変動に関する枠組み条約の締約国会議の第11回会合のイベントにのみ参加し、国連の最初の会合の議題については話し合わないと述べた。京都議定書の締約国。 京都議定書の制度的基盤の開発におけるロシアの遅さもまた、その否定的な役割を果たした」とコウライエフは強調した。

また読みます:  ヌーヴォー forum

しかし、モントリオール会議はある程度の進歩を遂げました。 彼らの利益を擁護し、彼らの権利の150インチを放棄することを拒否した京都議定書のXNUMXの署名国間の活発な議論は、最終的にマラケシュ協定の採択につながりました。 協定は、温室効果ガス排出量の会計処理、共同申請プロジェクトの実施方法、割り当ての取引などを法的に確立しています。 協定はまた、森林大国の酸素供給を考慮に入れて追加の排出割当を付与することを規定しており、これはロシアに直接関係している。

マラケシュ合意の採択は、国連文書としての京都議定書の実現への道を開く。 しかし、各国の具体的な義務についてはまだ議論が続いています。

2012年以降の先進工業国による温室効果ガス削減の第XNUMXのトランシェを定義するための協議の開始に関する議論は非常に活発でした。 各国は、この主題に関する具体的な提案も、これらの協議の公式とモダリティに関するアイデアも持っていません。 両当事者は最終的に、将来のコミットメントを設定し、自主的なコミットメントを行うためのメカニズムを開発する責任を負う特別なワーキンググループを設立することに合意しました。

また読みます:  北極圏は溶けています...そしてこれは上院を心配しています

京都議定書は、モントリオールで完全に機能するようになったと考えられています。 しかし、温室効果ガスの主な排出源であり大気の汚染物質である米国、中国、インドがなくても効果があるのでしょうか。 彼らが京都議定書に参加する可能性はなく、EUが示し、ロシアが支持する熱意は十分ではありません。 アメリカ人は、排出量を削減するために国の行動を取っていると言います。 そして、新興国であるインドと中国は、すべてにもかかわらず、先進国に追いつく必要性を主張しています。 これは、京都プロセスの余地をほとんど残していません。


ソース: ノボスティエージェンシー

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *