380年で1バレルの石油が10ユーロになりますか?

パリ(ロイター)-380年でXNUMXバレルの石油は今日のほぼXNUMX倍のXNUMXドルかかる可能性があると、月曜日に発表された調査で投資銀行Ixis-CIBが推定しています。

「1970時代のオイルショックとの類推により、380の石油1バレルあたり2015ドルの価格を予測することは不合理ではないようです」と、この研究の著者であるエコノミストのパトリックアータスとモンセフカービは書いています。

それどころか、今日50ドル前後で推移する原油30バレルの価格が、今後40年間でXNUMX〜XNUMXドルに戻るという仮説を「非常に保守的」かつ「全く無理」と考えています。

現在、世界の石油消費量(1日あたり84,3百万バレル)は、既知の最大生産能力(87百万bpd)を下回っています。

Ixis-CIBのエコノミストは、世界の石油消費の現在の傾向を外挿することで、108年には約2015億8万bpdになり、100億bpdと推定される生産能力よりもXNUMX%高くなると予測しています。

また読みます: ディーゼル:ルノーとプジョーPSAは水噴射エンジンを開発するために力を合わせます

彼らによると、いくつかの要因がこの進化を説明しています。

-発見された新しい石油埋蔵量の継続的な減少に起因する生産能力のわずかな増加。

-特に中国からの需要が大幅に増加する見込みがある世界のGDPよりも速く石油消費が増加する。

-代替エネルギー源の開発が比較的遅い。

「XNUMX年の期間では、化石燃料に代わるエネルギー(原子力発電、水素など)があまり発展していないと考えることができます」とパトリック・アートゥスとモンセフ・カービは書いています。 「したがって、世界は依然として通常の形態のエネルギー資源に依存しています。 "

彼らが引用する計量経済計算によれば、バレル価格に対する石油需要の弾力性は、これらの条件下では非常に低くなります。原油価格の25%の増加は、1%の減少にしかつながりません需要。

「したがって、8年に世界の石油需要を2015%削減するには、2005年から2015年にかけて、石油の実質価格に6,9を掛ける必要があります」と彼らは付け加えます。 これにより、米国の年間インフレ率2,5%を考慮すると、「380年には2015バレルあたりXNUMXドルの名目石油価格」が得られます。

また読みます: ブッシュはイランに対して引く準備ができている

ソース:ロイター

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *