ディーゼル:ルノーとプジョー-PSAが協力して水噴射エンジンを開発

非公式の情報筋(プロモーションの元同級生)によると、水注入とギリエ-パントンのすべての擁護者を喜ばせるはずのニュースがあります、ルノーとPSAはできるだけ早く脱出するために協力しています(それは2009年の終わりに言うことです)水注入が非常に似ているディーゼルエンジン Gillier-Pantoneプロセスへ.

この作業は、ルノーが何年にもわたって実施してきた水注入に関する作業の続きであり、2005年からの特許です。 排気ガスによる水注入と加熱に関するルノー特許.

この特許に関する目新しさは、 電子制御インスタント蒸気発生器 進化しましたが、とりわけ、GPリアクターとまったく同じように、シミュレートされた蒸気処理「リアクター」は、 水蒸気をイオン化する。 これは、XNUMX年以上前にEconologie.comに投稿した説明と完全に一致する公式の説明です。 読んだ: GPリアクター内の水蒸気のイオン化理論.

また読みます:  持続可能な開発のための副首相へのいいえ

私たちの研究に関連する別の開発:ドライバーが水で満たされるのを避けるために、ルノーはその研究を使用します 排気ガスの凝縮。 ここでも、Renaultが2004で特許を申請したため、作業は新しいものではありません。 排気ガス凝縮に関するルノー特許.

ルノー凝縮排ガス

システムは2009年末に最初にインストールされます。 標準、ルノーのV6 dCiで、2フランスのメーカーの全範囲のエンジンに拡張される予定です。

水とルノーdci V6

商号はまだ明らかにされていませんが、Gillier-Pantoneの名前が無視されることは間違いありません... NIH症候群 粘りすぎる...

詳細: 水のドーピング、合成.

「ディーゼル:ルノーとプジョー-PSAが力を合わせて水噴射エンジンを開発」へのコメント1件

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *