究極の廃棄物のプラズマ処理

プラズマトーチのガラス化。

キーワード:廃棄物、処理、焼却炉、プラズマ、ビジネス。

ヨーロッパでのユニークなノウハウ:プラズマトーチによる廃棄物焼却廃棄物の処理の先駆者であるユーロプラズマは、ごみ焼却からフライアッシュをガラス化するためのヨーロッパ初のユニットのイニシアチブです。世帯。

プラズマトーチは、最高4 500°Cの高温でガスの噴出を可能にする装置です。 エアロプラズマがもともと開発および工業化したこの機器の製造およびマーケティングに関する独占的なライセンシーのノウハウであるユーロプラズマは、複数の用途を備えた革新的な機器を提供しています。 実際、プラズマトーチは現在、危険な産業廃棄物のガラス化プロセスの中心です。 また、ファウンドリなどの従来の業界で高く評価されている温度制御ツールでもあります。 したがって、さまざまな種類の廃棄物、より具体的には焼却残渣、アスベスト廃棄物、核廃棄物のガラス化の破壊に使用されます...また、空気またはガスが必要:高炉、キューポラなど

また読みます:  核廃棄物

Europlasmaの作成中、2人の創始者であるMaxime LabrotとDidier Pineauは、Aérospatialeのプラズマ部門の責任者であり、トーチメーカーとエンドユーザーの間に「ミッシングリンク」を作成することを目指しました。言い換えれば、プラズマトーチの使用に基づいた有用で信頼できる方法の設計。 若いジロンドの女性がターゲットとする最初の市場は、焼却残渣の処理であり、アンバーの支援を受けて、植物からのフライアッシュのガラス化のためのユニットの最初のヨーロッパ生産を引き起こしました。家庭ごみの焼却
セノン(ボルドー)から。 達成された技術的な成功により、ユーロプラズマはプロセスの工業的実装を追求し、プラズマ技術の最適な使用と工業製品の完全な範囲の開発に必要な主要要素の完全な習得を獲得しました。 「世界のリーダー」になる。 日本は今日、世界最大のガラス化市場であり、1以上の800工場があります
家庭ごみの焼却。その半分は新しい規制上の制約を遵守していないため非難されています。 これらは、400から15の数年で出現する統合ガラス化処理を含む、20の新しい工場に非常に近いものです。 したがって、1999で最初の
日本の大規模エンジニアリンググループ:Kobelcoとの非独占的なライセンス契約。 この最初の参考資料は、同社がこのゾーンの他の成長市場に影響を与え、台湾と韓国で新たな機会を切り開いています。

また読みます:  生命自動車の終了のリサイクル

会社のウェブサイトの詳細: http://www.europlasma.com

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *