フランス憲章

2004年の環境憲章は次のように書かれています。

「フランス人、

「考えて、

「その天然資源とバランスが人類の出現を条件付けました。

「未来と人類の存在そのものが、その自然環境から切り離せないものであること。

「環境は人間の共通の遺産です。

「その男は、生活の状態と彼自身の進化にますます影響を及ぼします。

「その生物学的多様性、人の発達、および人間社会の進歩は、特定の消費または生産様式、および天然資源の過度の搾取によって影響を受けます。

「環境の保全は、国の他の基本的な利益と同じ方法で追求されなければならないこと。

「持続可能な開発を確実にするために、現在のニーズを満たすことを目的とした選択は、将来の世代や他の人々が自分のニーズを満たす能力を損なうものであってはなりません。

また読みます:  オイルの終わり?

「宣言:

"アート。 1日-誰もが健康を尊重するバランスの取れた環境で生活する権利があります。

"アート。 2.-誰もが環境の保全と改善に参加する義務があります。

"アート。 3.-すべての人は、法律で定義された条件下で、環境に与える可能性のある損傷を防止するか、それができない場合は結果を制限する必要があります。

"アート。 4.-法律で定められた条件の下で、誰もが環境に与える損傷の修復に貢献しなければなりません。

"アート。 5.-科学的知識の状態では不確かであるが、損傷の発生が深刻かつ不可逆的に環境に影響を与える可能性がある場合、公的機関は予防原則を適用し、その分野で注意を払います。損害の発生を防止するための帰属、リスク評価手順の実施、および暫定的かつ比例的な措置の採用。

また読みます:  経済と経済:なぜそれがブロックされているのですか?

"アート。 6.-公共政策は持続可能な開発を促進しなければなりません。 この目的のために、彼らは環境の保護と強化、経済発展と社会の進歩を調和させます。

"アート。 7.-すべての人は、法律で定義された条件と制限の範囲内で、公的機関が保有する環境に関連する情報にアクセスし、環境に影響を与える公的決定の策定に参加する権利を有します。 '環境。

"アート。 8.-環境教育と訓練は、この憲章で定義された権利と義務の行使に貢献しなければなりません。

"アート。 9.-研究と革新は、環境の保全と強化に貢献しなければなりません。

"アート。 10.-この憲章は、フランスのヨーロッパおよび国際的な行動を刺激します。 「」

による: http://www.assemblee-nationale.fr/

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *