グローバル化した農業:モデルが最後にある、オリビエ・デ・Schutter

今日世界で公開されているインタビューからの抜粋(結論) ここで読みます 世界の食糧への権利について。 Olivier de Schutter(後継者 ジャンツィーグラー).

もっと学び、議論する

私は国家の全能性を信じていましたが、今日私は民主主義の全能性を信じています。 政府が自力で行動するのを受動的に待つべきではないと私はもはや考えていません。 閉塞が多すぎます。 それらに加えられた圧力は、現実的すぎます。 そして、変化を阻止するアクターは、あまりにも強力です。

食品システムの変革は、地域のイニシアチブを通じて行われると思います。 私が世界のどこに行っても、消費者や有権者と見なされることにうんざりしていて、より責任ある生産と消費の方法を発明しようとすることで、真の変化の主体になりたいと思っている市民を目にします。

政府への私の最後のメッセージは、食品システムを民主化する必要性です。 これは、彼らがすべての解決策を持っているわけではなく、市民が意思決定において素晴らしい場所を与えられなければならないことを認めなければならないことを意味します。 今日、私は上から課せられた規制よりも下からのイニシアチブによって課せられた移行を信じています。

また読みます:  石油大臣がシリアでの新しいガス田の発見を発表

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *