水法:3の記事


この記事を友達とシェア:

水の法則:重要なことは信じることです...

「水は、それが人生です。 この法案は、我々は自然の中で10年の総品質の水(原文のまま)を持っていることを目指しています。「エコロジー大臣が内閣に昨日その水の法則を発表しました。 「これは魚、安価な飲料水が豊富で、私たちは両方の環境と生きている河川を持ってできるようになります。そして彼はその効果のバラ色の絵を描いてとても幸せです。 そして、我々はそのような私たちの川で泳いで、レジャー活動を見つけることができます。」この法律のいかなる記事は真剣にこのような硝酸塩として、拡散汚染の問題に対処されていません。 セルジュ・ルペルティエのために、CAP(共通農業政策)の改革が行います。 消費者団体UFC-QueのChoisirは、法律は「汚染者負担」の原則を祀ると考えています。

出典:www.liberation.fr

水道代世帯の農家やイライラ環境保護
エルヴェ・ケンプ

エコロジーと持続可能な開発の大臣、セルジュ・ルペルティエ、9月の閣僚会議幸せ怒っている環境保護と農民によって提示された水の上にビル。
課題:水の汚染のためのペナルティを確保するためにどのように? 農家は、肥料や農薬の彼らの放電によって、フランスの河川や帯水層の汚染の最も責任があるが、水機関へのロイヤリティのわずかなシェアを支払います。
しかし、水質は改善されていません:フレンチ環境研究所(IFEN)によると、農薬は地表水局の80%の中に存在し、それらの水の57%地下、ほぼ半分の領土水中の硝酸塩の濃度は1リットル当たり40ミリグラム超えるながら - 50ミリグラムの健康制限を。 これは、コミュニティの法律の不遵守のために欧州司法裁判所によるフランス5有罪判決を得ています。
法案は、水管理システムを再編成し、ロイヤリティ体制を変更することを提案します。 現状では、テキストは、根本的な変化よりもグルーミングを運営しています。 多くの技術的規定を列挙、それは夏の2004で行った選択を確認し、農業の世界を急がないことです。
En juillet, Hervé Gaymard, alors ministre de l’agriculture, avait déclaré à Ouest-France que « le premier ministre, confirmant la position du président de la République, a rendu son arbitrage : il n’y aura pas de nouvelle taxe prélevée sur les agriculteurs ».
C’est que l’avant-projet de l’époque envisageait encore d’étendre aux cultures intensives une « redevance élevage », payée par les plus grands éleveurs (les nitrates des eaux sont dus aux déjections des animaux, mais aussi aux engrais répandus sur les cultures).
« Le principe pollueur-payeur restera très largement inappliqué, déplore l’association Eaux et Rivières de Bretagne. Les consommateurs continueront d’assurer 85 % du budget des agences de l’eau, l’agriculture, qui consomme les engrais chimiques et produit les lisiers, n’en supportant que 4 %. »
De son côté, l’association de consommateur UFC-Que Choisir « s’indigne qu’après des années de concertation le gouvernement choisisse la voie de l’immobilisme. L’UFC-Que Choisir demande une refonte totale du système de redevance des agences de l’eau qui doit obliger le pollueur à financer la pollution dont il est l’auteur ».

景観整備
Du côté agricole, la perception est différente. « Ce projet est équilibré, dit Pascal Ferey, pour la FNSEA (Fédération nationale des syndicats d’exploitants agricoles). Il ne pénalise personne mais responsabilise tous les acteurs. » Selon M. Ferey, « il faut reconnaître qu’à côté du principe pollueur-payeur, il y a le principe agriculteur-protecteur », la culture des terres permettant l’entretien des paysages.
Un point de vue confirmé par le député (UMP) Jean-Claude Flory, auteur d’un rapport sur les redevances sur l’eau : « Tout dépend des endroits. Par exemple, en Ardèche, les agriculteurs ne polluent pas, mais jouent au contraire un rôle très positif contre les inondations, en stoppant l’érosion et le ruissellement. »
プロジェクトのもう一つのポイントは、灌漑を容易にするための小さなダムを作成し、ヒントを促進することによって農民を満たしています。 この方法は、環境保護のための廃棄物と同義です。 上院は4月にテキストを議論を開始します。

ソース: LeMonde.fr

エコノロジーに関する記事を読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *