水法:3の記事


この記事を友達とシェア:

水の行為:重要なことはそれを信じることです...

「水は、それが人生です。 この法案は、我々は自然の中で10年の総品質の水(原文のまま)を持っていることを目指しています。「エコロジー大臣が内閣に昨日その水の法則を発表しました。 「これは魚、安価な飲料水が豊富で、私たちは両方の環境と生きている河川を持ってできるようになります。そして彼はその効果のバラ色の絵を描いてとても幸せです。 そして、我々はそのような私たちの川で泳いで、レジャー活動を見つけることができます。」この法律のいかなる記事は真剣にこのような硝酸塩として、拡散汚染の問題に対処されていません。 セルジュ・ルペルティエのために、CAP(共通農業政策)の改革が行います。 消費者団体UFC-QueのChoisirは、法律は「汚染者負担」の原則を祀ると考えています。

出典:www.liberation.fr

水道代世帯の農家やイライラ環境保護
HervéKempf

エコロジーと持続可能な開発の大臣、セルジュ・ルペルティエ、9月の閣僚会議幸せ怒っている環境保護と農民によって提示された水の上にビル。
課題:水の汚染のためのペナルティを確保するためにどのように? 農家は、肥料や農薬の彼らの放電によって、フランスの河川や帯水層の汚染の最も責任があるが、水機関へのロイヤリティのわずかなシェアを支払います。
しかし、水質は改善されていません:フレンチ環境研究所(IFEN)によると、農薬は地表水局の80%の中に存在し、それらの水の57%地下、ほぼ半分の領土水中の硝酸塩の濃度は1リットル当たり40ミリグラム超えるながら - 50ミリグラムの健康制限を。 これは、コミュニティの法律の不遵守のために欧州司法裁判所によるフランス5有罪判決を得ています。
法案は、水管理システムを再編成し、ロイヤリティ体制を変更することを提案します。 現状では、テキストは、根本的な変化よりもグルーミングを運営しています。 多くの技術的規定を列挙、それは夏の2004で行った選択を確認し、農業の世界を急がないことです。
7月には、エルヴェ・ゲマール、農林水産大臣は、「内閣総理大臣は、共和国大統領の位置を確認し、彼の仲裁をしたことウエスト・フランスに次のように語った上で新たな税は存在しません農家 "と呼ばれる。
これは、最も牧場主が支払った集中的な作物「飼育費」を拡張考慮時間の最初のドラフト(水硝酸塩は、動物の糞によるものであるが、また、肥料を広めるために作物に関して)。
"汚染物質を支払う原則はほとんど適用されず、協会のEaux etRivièresde Bretagneを嘆かせている。 消費者は、化学肥料を消費し、肥料を生産し、85%のみを支援する水道機関、農業の予算の4%を引き続き提供する。 "
その部分については、消費者協会UFC-Que Choisirは、何年もの協議の末、政府が不動産の道を選択することを憤慨している。 UFC-Que Choisirは、水道機関の手数料体系の完全な見直しを要求している。これは、汚染者が彼が著作者である公害を賄うように指示しなければならない。

景観整備
農業側では、知覚は異なっている。 「このプロジェクトは、FNSEA(全国農業組合連合)のために、パスカル・フェリーとバランスが取れています。 それは誰にも不利益を与えるものではなく、誰もが責任を負うことになる。 フェレー氏によれば、「汚染者が支払う原則に加えて、農家保護主義の原則がある」と認識しなければならない。景観維持のための土地の栽培。
水の使用料に関する報告書の作者であるMP(UMP)Jean-Claude Floryによって確認された見解:「それはすべて場所によって異なります。 例えば、アルデーシュでは、農民が汚染することはなく、むしろ洪水に対して非常に積極的な役割を果たし、侵食と流出を止める。 "
プロジェクトのもう一つのポイントは、灌漑を容易にするための小さなダムを作成し、ヒントを促進することによって農民を満たしています。 この方法は、環境保護のための廃棄物と同義です。 上院は4月にテキストを議論を開始します。

ソース: LeMonde.fr

エコノロジーに関する記事を読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *