2003太陽嵐のオゾン層被害者

2004以来、上層大気中の窒素酸化物(NOx)濃度が1985の春に最高レベルに達し、結果として成層圏オゾン層が60%を超えて減少した。 Colorado-Boulder大学のCora Randall、およびJPL、NOAA、Harvard-Smithsonianの天体物理学センター、NASA、ハンプトン大学、ヨーロッパ各地(ノルウェーとスウェーデン)およびカナダの研究所の同僚ヨーロッパ、アジア、北アメリカの北極圏と北部地域で観測されたこの現象の説明を見つけるために7つの衛星からのデータを研究しました。 地球物理レビューレターに掲載された彼らの発見によると、遅い2003太陽嵐の間に地球を襲った大量のエネルギー粒子は、それらの役割で知られている、過剰なNOとNO2ガスの形成をもたらしました。成層圏オゾンの破壊 一方、毎年北極の風を遮る極渦は、2月から3月にかけて特に強く、オゾン層の窒素酸化物はより長くなりました。 オゾンの喪失は冬と春には典型的なことですが、数十年にわたってトレンドの後退が続いています。そのため、非常に重要な2004のレベルの低下は驚くべきことです。 それは研究者が原因を分析することの難しさを示しています、自然または人造。 (北極オゾン損失は研究者に関係します)

また読みます: バイオ燃料:不確実性と希望の間のセルロースエタノール

ソース: http://www.agu.org/pubs/crossref/2005/2004GL022003.shtml

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *