フランスの家庭ごみを減らすキャンペーンの開始

Le gouvernement s’attaque aux poubelles des Français: le ministre de l’Ecologie Nelly Olin a lancé lundi une campagne de communication pour endiguer la montagne d’ordures ménagères, en croissance de 1% par an.

すべてのフランス人は、1日あたり平均1 kgの廃棄物、つまり年間360 kgの廃棄物を生成します。そのうち12%のみがリサイクルされ、6%が堆肥に変換されます。 選別にもかかわらず、廃棄物の80%はまだ埋め立てられているか、またはさらに処理されずに焼却されています。

Or, les capacités de traitement sont à saturation et la mise en route de nouvelles usines ou décharges se heurte à l’opposition des populations.

Pour sortir de l’impasse, Mme Olin entend « faire participer les Français ». En clair, il faut acheter mieux et jeter moins.

大臣の目的は、埋立または焼却される廃棄物の量を、住民あたり年間290 kgから250年で5 kg、200年で10 kgに減らすことです。

また読みます: パスワードの変更

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *