RTBFはベルギーを殺害し、過去50年間で最大の悪ふざけを生み出します…継続されます!

昨日の夜、RTBF1(ベルギーのフランステレビに相当)で疑似直接放送された番組がベルギーに衝撃を与えました。

このプログラムは、フランダースの独立という非常に現実的な方法で「シミュレート」されました。 フランダースはベルギーのオランダ語圏であり、ベルギーの住民の50%以上がいます。

この出来事は、「誰もが」火星の地球侵略のために取った1938年のO.ウェルズプログラムに関連したパニック運動を強く思い起こさせます。

主題が大きく異なる場合、権力をめぐる論争、情報の信憑性、メディア倫理はそこで一般的です...

この「ケース」は間違いなくまだたくさんのインクをこぼします!

続きを読みます

また読みます:  国際環境映画祭。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *