熱:空調だけが解決策ではありません

フランス人は自分たちにエアコンを大量に装備する過程にありますか? 質問は解決されていません。 メーカーは、30年から2002年の間に2003%の売上高の増加を強調し、2004年のこの傾向の継続を期待することによってこれを確認します。Ademe(環境およびエネルギー管理協会)この増加は、住宅ストックから始まる設備のレベルが低いことによって説明されることを強調することによって、この数字を緩和します。 「さらに、これらの販売における独立した専門家の割合が正確にわからない、とAdemeのMichelCarréエンジニアは付け加えます。これらの製品に対する個人の熱狂が本当にあるとは何も言いません。 »2003年夏の熱波の後に実施されたSofresの調査によると、質問された人の80%が、空調システムを装備したくないと答えました。

したがって、フランスは、はるかに高い設備料金を経験する先進工業国の間で例外のままである可​​能性があります。 したがって、フランスは世界の空調市場の2%にすぎませんが、米国は29%です。 そして、この相対的な設備不足は、特に適切に処理されていない場合、エアコンは依然として非常に汚染されたシステムであるため、環境にとってかなり良いニュースです。 「比較的低いままであるのは、これらのデバイスによって消費されるエネルギーほどではありません」とミシェル・カレは指摘します。 「」

また読みます:  ホーエンハイム大学がバイオガス研究所を開設

しかし、専門家によると、エアコンはほぼ体系的に漏れの問題(自動車では非常に重要)に悩まされているだけでなく、寿命の終わりにデバイスからの流体の回収が不十分であることがよくあります。 専門家が拒否する告発。 「液体の回収は7年1992月XNUMX日の法令に基づく法的義務であり、設置者はそれを尊重します」と、エアコンメーカー協会の副ゼネラルマネージャーであるパスカルフォレンピンは保証します。

それでも、Ademeは、装備する前に慎重に考えるように個人にアドバイスしています。 「南フランスでも、空調は避けられない」と、最近代理店が発行し、インターネットで入手できる実用ガイド「Summercomfort」に言及している(下記参照)。 専門家は、熱から保護し、涼しく保ち、または冷たくするための多くの代替の非常に具体的な解決策を挙げています。 保護側では、窓とシャッターを閉じたままにし、西側のファサードを(たとえば木で)保護し、ガラス張りの部分(ベランダなど)と家の他の部分との間の断熱を十分に確保する必要があります。 鮮度の面では、アデメは天井ファンの弱点を認め、専門家からのみエアコンを購入するように個人を招待しています。

また読みます:  HVB:フランス国家の確固たる地位!

アデメガイド:
http://www.ademe.fr/particuliers/Fiches/confort_ete/index.htm

ソース: http://www.novethic.fr/novethic/site/article/index.jsp?id=79594

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *