1er 4月7 2008の持続的発展の週

持続可能な開発週間には来週彼がいます。

持続可能な開発週間(SDD)の組織は、11月の2002で首相によって決定されました。 エコロジー、開発、持続可能な開発省(MEDAD)が主導するこの事業の目的は次のとおりです。

-持続可能な開発の構成要素(経済開発、環境保護、社会的進歩)とその必要な補完性について一般市民に知らせること:社会的進歩と環境保護なしには経済発展はあり得ない。

-持続可能な開発に有利なように採用される良い日々の慣行を説明することにより、行動の変化を動機付け、支援する。

2008持続可能な開発ウィーク

今週のテーマは、持続可能な生産と消費です。 このテーマは、持続可能な開発の2008コンポーネントの接点にあります。

私たちの生産と消費のモードは、持続可能な開発に直接関係しています。製品を購入するとき、生産者の労働条件、製造条件、製品の進化と破壊も購入するため、惑星と人間への影響。

また読みます: Telemousticsのエコロジージェスチャー。

参加者は、持続可能な生産と消費のテーマに従って行動を整理する必要があります。これは、さまざまな側面(廃棄物、エネルギー、公正取引、輸送、エコラベル、住宅、観光、レジャーなど)で対処し、通知し、一般の人々の意識を高め、日常的に行動する手段を彼らに与えます。

特別な情報: からの学生 Echo-Motor²プロジェクト 水のドーピングについて、Gillier Pantoneは今週4月5日とXNUMX日にDouaiに参加します。

詳細: Douai School of MinesからEcho-Motorプロジェクト(Gillier Pantone)を使用したNord pas de Calaisプログラムをダウンロードする

Echomoteur²プロジェクトが進行中

今週の検索エンジン1939イベント2008

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *