野菜の電気エネルギー:新しいエネルギー源

木:太陽光発電パネルよりも優れています!

約10年前、研究者たちは銅のストリップをレモンスライスの上に置くことによってどうにかして電気を作り出しました。 今日では、電極を埋め込むだけで、その場で樹木から電気エネルギーを取り出すことが可能になります。

米国では、部品メーカーであるマサチューセッツ州の民間企業MagCapの研究チームが、工場の電気エネルギーを直接利用できるプロセスに取り組んでいます。

そのようなエネルギー源の存在を彼ら自身に納得させるために、彼らは家庭で達成可能な簡単な経験を提供します:アルミニウム釘を取り、木の幹にそれを3 cm押します。 次に、銅の金属杭を取り、地面に約20 cm押します。 両端を従来の電圧計に接続すると、0,8から1,2ボルトの電圧が関係する電気エネルギーを証明することがわかります。

また読みます: 公的機関および政治機関の省エネ

しかし、もしこのエネルギーを利用したいのであれば、それは例えば電圧計を同じ電圧の発光ダイオードに置き換えれば、それは光を発生しないということです。 Thomsonのエンジニア、Gordon W. Wadle氏は、MagCap Engineeringと共同でプロセスを開発した、と述べています。 あなたはそれを保存してからそれを復元することができなければなりません。

特に直列および並列に接続されたコンデンサから構成される回路は、最大で2,1ボルトのエレクトロルミネセントダイオードを供給することができるニッケル - カドミウム電池に電力を蓄積することができる。 研究者たちはすでにいくつかの興味深い発言をしています、特に木によって生み出される電気エネルギーは夏より冬のほうが重要であるということです。

À ce stade, de nombreuses questions subsistent sur le potentiel d’une telle technique. Quelle quantité d’électricité est capable de produire un arbre ? Le montage n’est-il pas polluant par cession des métaux des électrodes dans l’arbre ou la terre ? Beaucoup voient dans le brevet déposé par MagCap, un bel avenir, avec des applications comme l’alimentation de panneaux électroluminescents ou encore l’alimentation des éclairages publics ou les feux de sécurité et pourquoi pas en cette période de noël les sapins alimentant leurs propres guirlandes…

また読みます: 水噴射エンジン:歴史

デビッド・ルフェーブル

MagCap Webサイトにアクセス

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *