燃料電池は明日のためではありません

国際エネルギー機関(IEA)によると、燃料電池の生産は明日のためではありません。 まだ2つの大きな問題があります。

最初はそのコストです。 生成されるエネルギーのキロワットあたり20 000 $近くで、20は定期的にこのタイプのエネルギーを生成するためにこの価格を分割する必要があります。 2番目は生態学に触れます。 燃料電池が水のみを生産すると考えると、水素の生産は費用がかかり、特にその製造に使用される主なエネルギー源はほとんどの場合汚染しているため、汚染しますケース、石炭。 これらすべての問題を軽減するためには、温室効果ガスとの戦いにおいて、政府が真剣かつ長期的なプログラムに非常に迅速に取り組むことが不可欠です。

続きを読みます

また読みます: 気候変動に対する国際的な抗議

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *